漁師も驚く タイラバでの大切な動作とは

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
スポンサーリンク

ルアーを海底へフォールさせる

船がポイント上に来たら、船長が船を流す位置を決める。そして準備が整い、船長から合図があったらルアーを船ベリから海中に落としていく。

ベイトタックルであれ、スピニングタックルであれ、このときにラインを出しっ放しにしない。

ベイトリールの場合は親指を、スピニングリールの場合は人差し指を軽くスプールに当ててラインの放出をコントロールしよう。

ベイトリールサミング

このベイトリールで親指を添える行為をサミング、スピニングリールではフェザリングと呼び多くの釣りで使われる基本的な釣りのテクニックだ。

またスピニングリールの場合は、リールを持っていない方の手の指で軽くつまんでもよい。

このサミング・フェザリングは余分なラインの放出を防ぐと共に、ルアーがフォール中のアタリを捉えるという役割も持っているので是非覚えて実践してほしい。

ルアーを海中にフォールさせたら、海底に到達する瞬間に全神経を集中させたい。この底を取る行為のことを着底と呼んでいる。ラインの放出が止まり、竿先がフッと上がるので指先と目で確認する。

水深が浅かったり、潮流が緩い場合は着底は分かりやすいが、水深が深い場合や潮流が速いときはライン自体が潮に乗ってどんどん流されていくので始めのうちはなかなか判断が付けられない。

どうしても着底が分からない場合は、使っているタイラバのヘッドをワンサイズ重いものに替えよう。

スピニングリール

また、多くの場合はポイントに着いて船を流す始めに船長から水深のアナウンスがされる。タイラバ用のPEラインには10mごとにマーキングが入ってラインの色が変わっているものが多い。

このマーキングを数えながらラインがどれくらい出ているかを知ることで、着底を知る一つのヒントになる。ただ多くの場合、ラインは完全に垂直ではなく斜めになっている。

ラインは水深より多く放出されるということを念頭に置いておかなければならない。

ルアーが着底したらすぐさまリールのハンドルを回してラインを巻き上げる。

着底が分からずにいつまでもルアーが海底に転がっている状態が続けばマダイに不信感を与えたり、ルアーが根掛かりしてロストの原因になったりする。

また、他の乗船者とラインやルアーが絡まる「オマツリ」の原因にもなるので注意したい。

ラインを巻き上げる

フォールと巻き上げのイメージ

ラインを巻き始めたら一定の速度でハンドルを回し続けることが重要だ。これがタイラバの基本中の基本とされているのでまずはそれに従いたい。

ハンドルを回す速度は季節やそのときの状況によって異なるが、1秒間にハンドル1回転というのが基本となるだろう。

一般的に冬季など低水温期でマダイの活性が低いときにはゆっくりと、水温が上昇して活性が上がってくると比較的速くなどの指針はあるが、全てに当てはまるわけではないので、一つの目安程度に考えてほしい。

ある程度巻き上げたら、再びルアーをフォールして着底させるのだが、どれくらい巻き上げるかは季節や状況によって異なる。

タイラバ

多くの場合「海底から○○mにベイトの反応が出ています」というアナウンスが船長から出されるので、その深さプラス10m以上は巻き上げるようにしよう。

ここでもラインに入っているマーキングを参考にして、自分のルアーが海底から何mの位置にあるのかを判断したい。

この「ベイトが居る層」を集中的に攻めるのが、釣果を上げるコツなので繰り返しルアーを通していきたい。

ラインが海面に対してほぼ垂直に出ている場合は問題ないが、斜めになっている場合は着底を繰り返していくごとにどんどんラインが放出されていく。

潮の速さや風の強さなどによっても変わってくるので、一概にはいえないが、あまりラインを出し過ぎるとオマツリの原因になってしまう。

4〜5回着底させたら一度ラインを全て巻き上げ、ルアーを回収するのが目安だ。

ルアーを回収したら再び海に落とす前に一度チェックしたい。

タイラバ

スカートやネクタイとフックが絡んでいないか、フックに異物が引っ掛かっていないか、ヘッドやスカートにマダイの噛み跡がないか、またPEやリーダーに傷がないかなどを確認したい。

リーダーに傷がある場合、程度にもよるが交換した方が魚が掛かったときに安心してやり取りができる。

船の流し直し

スピニングリール
船長から回収のアナウンスが来たらすぐに仕掛けを回収しよう。

ポイント上をひと通り船を流したら船長から「一度、回収してください」とアナウンスがある。そのときは素早くルアーを回収しよう。

ルアーを回収したら、タックルをホルダーに挿して船が動いてもよいように、座って船の移動を待とう。

タイラバは非常に重量があるルアーなので、ラインにぶら下がっているような状態では、船の移動中にあちらこちらに当たり危険だ。

ラインを緩めてホルダー内に入れたり、受け皿やカップなどが設置してある場合はその中に入れるようにしよう。

ヘッドケース
スカートやヘッドの交換は、できれば移動中に済ませておきたい。

船は移動して再びポイント上に着ける。船長からの「どうぞ落としてください」の合図を確認したらルアーを海に落とす。このとき、もたもたせずに素早く落とすことが釣果を上げるコツだ。

魚は一番始めに見たルアーに反応しやすい傾向がある。海底に一番早くルアーを落とした者が魚に対するアピール度が高いのだ。そのため、ルアーやラインの交換は船の移動中に済ませておきたい。

ただし、移動中は船が揺れるので、安全には十分配慮してほしい。難しい場合は船を流し始めてからゆっくりと準備した方が無難だろう。

アタリがあったら

マダイの食い方イメージ図

ハンドルを回している最中に何か違和感を覚えても慌ててはいけない。魚がラインを引っ張っているような感覚があっても冷静に同じ速度で巻き続けることが大切だ。

マダイはフック部分に直接アタックしてくることもあるが、まずスカートを噛んでいる場合もある。

このときに慌ててアワセを入れたり、巻くのをやめたりしてしまうと、違和感を覚えてルアーを放してしまう。

変化を与えずにそのままラインを巻き上げ続けると、スカートを噛み上げ、やがてフッキングに至る。

ロッドのティップ部がもう一段階深く曲がり込み、タックルにしっかりとマダイの重みが伝わったらそこでしっかりとアワセを入れてフックが根元まで刺さるようにする。

バラシ注意

ロッド角度イメージ図

魚がしっかりとフッキングしたら、あとはゆっくりとハンドルを回してラインを巻き上げ続けよう。ここで注意したいのはラインのテンションが抜けないように一定に保つことだ。

テンションが抜けた瞬間にフックオフして、獲物をバラしてしまうことがあるので気を抜いてはいけない。海上では波やウネリによって船が上下している。

これもラインのテンションが抜ける原因となるので、船の揺れに合わせながらラインのテンションを一定に保つように注意しよう。

また、魚が力強く走ってラインが放出されることがたびたびある。このようなときは無理にラインを巻き上げようとせず、走るときは走らせるようにしたい。

ただし、これはドラグ調整がきちんとされているという前提だ。釣りを始める前にきっちり調整を済ましておかなければならない。自信がない場合は船長にお願いするとよいだろう。

しかし、きちんとドラグが調整されていても予想外の大物が掛かった場合はドラグの滑りが止まらないときもある。あまりに走らせ過ぎてしまうとラインを全て放出してしまう可能性もある。

このような場合は途中でドラグを締めなければならない。ハンドルの内側にあるドラグレバーを回すのだが、レバーをロッドのティップ方向へ回すとドラグが締まっていく。

逆に手前に回すとドラグが緩む。また、締めるときも一気に締めると、ドラグが効かなくなりラインブレイクの原因となるので少しずつ締めていく必要がある。

しかし、始めのうちは魚が掛かっているときにドラグ調整など、なかなかできることではない。やり方だけ頭の片隅に置いてほしい。

ハンドルが回せない

タイラバ ファイト

魚を寄せるときは基本はリールのハンドルを回すことだけでラインを巻き上げていくが、魚のサイズが大きいとハンドルが回せない場合がある。

このようなときはポンピングといわれるロッドの上下の動きで魚を寄せていく。ロッドを握っている手をゆっくりと自分の方に寄せながらロッドを立てていく。

このときにハンドルを回していた手をロッドの上部のグリップ部や、バット部分に添えてやるとより大物にも対応できる。

ある程度ロッドを立てたら、ハンドルを回しながらラインを巻き上げた分だけロッドを戻していく。これを繰り返してジワリジワリと魚を寄せていくが、注意すべき点がある。

それはロッドを立て過ぎないということだ。立て過ぎてしまうと、ロッドが魚の力を吸収できずに最悪の場合折れてしまう。ロッドを立てる角度は海面に対して水平から少し上げる程度に止めておこう。

このポンピングは大物を寄せるときに必要なテクニックだが、どうしてもラインのテンションが抜けやすく、バラシの大きな原因となっている。

出来ることならハンドルを回すことだけでラインを巻き上げるほうが安全に魚を寄せることができる。

魚が浮いてきたら

ある程度ラインを巻き上げ、海面に魚の姿が確認できたらいよいよ取り込みだ。大抵の場合はこの時点で船長がタモを持って横で待機している。

もし準備ができていないようであれば「魚が見えました」と一声掛けるとよいだろう。船長が手を離せない場合は、他の釣り人が取り込みを手伝ってくれる。

また、リーダーを長く取っている場合はリーダーがロッドを通った時点で「リーダー入りました」とコールするとよいだろう。

魚を取り込むときには船長から「もう少しラインを巻いて」とか「そのまま少し後ろに下がって」などという指示がある場合もある。

安全・確実に魚を取り込むために船長の指示通りに動こう。

魚が無事タモに収まり船上に上げられたらすぐにリールのクラッチを切り(スピニングリールの場合はベイルを起こす)ラインがフリーで放出される状態にしておこう。

多くの場合、船長が魚からルアーを外し、タモから出してくれる。

この後は記念撮影するのもよいだろう。また、船長がSNSなどへアップするために写真を撮らせてもらう場合もある。SNSへの露出が問題ないのであればなるべく協力するようにしよう。

魚が上がったら

タイラバ

ここから先は船によって多少異なる。

初めての船で不安な場合は「釣った魚の処理などはどうすればよいですか」とか、「船には魚を入れる用のクーラーボックは持ち込みますか」などと、事前に船長に質問しておいた方がよいだろう。

船によっては魚用のクーラーボックは船内に持ち込まず、港に戻ってから船長が処理した魚を用意しておいた自分のクーラーボックスに入れるという場合もある。

考えられる状況を大きく二つに分けてみたので参考にしてほしい。

船長が全てやってくれる場合

タイラバ

ルアーを外してもらったら一言お礼を言って、また直ぐに釣りを始めることができる。魚はあなたの獲物だということが分かるマーキングを船長が付けてそのまま帰港するまで船のイケスに入れられる。

そして港に帰ると船長が全ての魚を絞めて血抜きまでしてくれる船もある。

全て船長がやってくれるので、あなたは最後持ち帰る際にクーラーボックスに入れるとき以外、魚を触る必要がないので手も汚れない。初心者には有難いサービスだ。

自分でしなければいけない場合

脳絞め

魚が上がったら、ルアーのフックも自分で外さなければならない場合もある。フィッシュグリップとプライヤー、タオルなどは持参しておきたい。

魚はそのままクーラーボックスに入れてもよいが、美味しく頂くためには絞めて血抜きをしておきたい。

魚を絞める場合は船のデッキを傷付けたり汚したりしないように気を配りたい。多くの場合はエラを切った後、船に備えつけられているバケツで海水を汲んで血抜きをする。

また、このバケツでデッキに付いた魚の血などを綺麗に洗い流しておかなければならない。血抜きが済んだら自分のクーラーボックに魚を入れよう。

初心者にはハードルが高いかもしれないが、これは最低限の魚の下処理だ。釣りをするなら、これくらいのことは自分でやれるようになっておきたい。

釣りが終了したら

マダイ

決められた時間になったら、船長から「これが最後の流しになります」と案内がある。最後の一流しになるので悔いのないようにしっかり釣りをしたい。

海の状況や魚の釣れ具合によってこの時間は前後することもある。釣行には時間に余裕を持って臨みたい。

「はい。上げてください」のアナウンスがあったら素早くルアーを回収しよう。時間があれば、このタイミングでルアーをラインから外し、ラインをリールに巻き取っておいた方が移動に都合が良い。

余裕がなければポイントの流し直しと同じようにタックルをホルダーに挿し、ルアーは船の揺れで暴れないようにカップや受け皿に入れておくとよいだろう。

行き帰りの船の移動は距離が長く、時間も掛かる。船もスピードを出すのでデッキ上は潮を被りやすい。できれば船室内や潮が被らない船体後部の方へ移動して座るようにしよう。

人が座れるスペースには限りがあるので詰めたり譲り合うようにしたい。

売れ筋タイラバ
炎月 タイガーバクバク
シマノ(SHIMANO)
¥985(2024/03/01 10:15時点)
フラット面が水をつかんでワイドに泳ぐスクエアヘッドをフィーチャー。実績のある肉厚ネクタイを組み合わせ、コンパクトなチェンジストッパーを採用。
ソルティー・ラバー スライド
DUEL(デュエル)
¥1,150(2024/03/01 10:15時点)
ヘッドが遊動するのでマダイが違和感を感じにくくスライドラバーがゆっくりフォールし、バイトを誘発。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました