オフショアジギングの基本テクニック 効果的な狙い方

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

オフショアジギングで狙う水深は幅広く、湾内からわずか20m程度の浅い場所から200mを超える沖のディープエリアまで、多岐にわたる。

この幅広い水深に対応し、ブリ、ヒラマサ、マダイ、カンパチ、タチウオなど、船釣りの人気魚のほとんどを狙える万能な釣り方だ。

オフショアジギングの基本的な操作方法と覚えておきたいテクニックについて解説していこう。

スポンサーリンク

オフショアジギング基本操作

オフショアジギング基本操作

オフショアジギングではメタルジグをボトムまで落とし、船上までシャクって狙う「バーチカルジギング」が一般的だが、状況によりキャスティングが必要になることもある。

地域や船により異なるが、ポイント付近に到着すると船を固定せずに流しながら釣るのが一般的。

流し方も色々とあり、それに合わせて釣り人も仕掛けを操作しなければならない。逆に言うと、メタルジグがいつも真下に沈んでくれるとは限らないのだ。

オフショアジギング基本操作

特に潮が速いときなどはそのままジグを落としてもすぐにラインが斜めになってしまうため、潮上にキャストして巻き上げ時にはできるだけまっすぐになるようにするなど、潮の速さと船の流れる速度を計算して釣る必要が出てくる。

この辺はビギナーには難しく経験を積むしかない。最初は着底が分からずに根掛かりの連発になるかもしれない。

しかし、根掛かりを恐れていては上達はおろか魚が釣れないので、最初は授業料と考えてまずは着底が確実に感じ取れるようになっておこう。

水深と狙い方

オフショアジギング基本操作

水深の深さでも狙い方は大きく変わってくる。浅い場所ならジグの着底も速いため、キャストして狙えば広い範囲が探れる。逆にバーチカル(縦方向)に狙うと狙える距離が短くなってしまう。

これは船を流す時間にも関係しており、一流しが短い距離で行われるときは、できるだけジグを水中に入れておきたいからだ。

オフショアジギング基本操作

しかし、魚礁やピンポイントの岩礁帯を狙う場合、キャストしてしまうとポイントから外れてしまうので、船長の指示や水深を聞いてから狙うこと。

逆に深い場所を狙う場合、キャストしたのでは着底するまで時間がかかり、ラインの抵抗などで手前に戻ってきてしまう。つまり、水深が深い場所を狙うときは重いジグで一気にボトムを探ったほうが効率が良いということだ。

バーチカル・キャスティング共に船の流し方にも大きく影響されるので、初めて乗船する船では常連さんを真似するのが手っ取り早い。

キャスティング

ショアで使うキャスティングはオーバースローが基本だが、オフショアジギングの場合はアンダースローが定石だ。理由はメタルジグが重いということと、安全性を考慮してのこと。

特にミスキャストは危険で、フックが刺さると病院行きとなるので注意しよう。

もう一つの注意点がドラグの緩みだ。キャスト時にドラグが緩んでいるとラインが出てしまい、添えている指を切ってしまうからだ。

重いジグに替えた場合は、必ずドラグのチェックをするように心がけよう。

リールとロッドの操作

オフショアジギング基本操作

ジギングの基本は「ワンピッチ・ワンジャーク」。まずはこれをテンポよくできるようになることだ。規則正しいジグの動きは、意外と結果がついてくるものだ。

これを基本にしてリトリーブスピードやタイミング、ロッドアクションの大小を変えて自分なりのヒットパターンとなるコンビネーションジャークを作っていく。

オフショアジギング基本操作

ここで気をつけたいのがリールの巻き取り性能とロッドの長さ。

巻き取り量の違うリール、長さが違うロッドのどれを使っても同じようにアクションすると、ジグは違う動きをしてしまう。逆に自分のテンポを変えないでいいようにこれを利用する場合もある。

もうひとつ、ロッドの柔らかさ。感じる以上にロッドがアクションを吸収していることが多く、見た目以上にジグが動いていないということ。ジグが見える範囲で確認しておこう。

ジャークの長さ

沿岸のライトジギングではショートジャークが主流であるが、状況や魚種に合わせてジャークの長さを変えることで釣果が変わってくる。基本はストロークのメリハリ。バリエーションを豊かにするためにも、ジャークの長さを意識しておこう。

ショートジャーク

オフショアジギング基本操作

伸縮の少ないPEラインを使うことで可能となったメソッド。ロッド操作でキビキビとジグを動かせるため、短い距離で何度もアピールが可能だ。

根についた魚で遠くまでルアーを追ってこないときや、海の透明度が悪く遠くまで見えないときに有効な釣り方だ。カンパチ狙いにも多用されるが、沿岸の比較的濁りがある海域ではほとんどで通用する。

リズム感が重要で、ギクシャクしたジャークになると無駄な体力を消耗して、釣行後半ではなまくらなジャークになってしまうので注意。ロッドを小脇に抱え肘から先の上下運動でリズムよく行うのがコツだ。

ロッドも短いほうが扱いやすく長いと疲れやすい。6ftくらいまでのロッドがよく、ベイトリールもテンポが崩れにくいのでおすすめだ。
使用するジグは左右非対称型がおすすめ。

短いジャークでも大きくアクションしてくれるからだ。ただし高速ジャークを多用する場合はストレートタイプがあると引き重りがなく重宝する。

ロングジャーク

オフショアジギング基本操作

PEラインが普及する前はこちらがメインだった。伸びがあるナイロンラインなどを使用していたため、大きくロッドをあおらないとジグが動かなかったからだ。

しかし、目が良いと言われるヒラマサやマグロ狙いではPEライン使用時でもロングジャークが有利。長い距離を速い速度で動かすためルアーを見切られにくい。このことから透明度が高い海域でも有効で、シビアな状況でも魚のスイッチが入りやすくなる。

また、広範囲を早く探るときにも効率がよく、浅場でのキャスティング、深場の長距離、サーフェス狙いでも活躍する。

ロッドは長いほうが有利となるが、自分の体力と相談して決めたほうがよい。使用するジグは抵抗が少ないストレート系がおすすめ。

ジャークの距離も大切だが、ジグを引くスピードも重要なので形状や重心にはこだわりたい。

ジャークの速さ

ジャーク(jerk)とは「引っ張る」という意味で、ここでは引っ張る速さのことだ。

勘違いされやすいのがショートジャークやロングジャークのようにロッド操作だと思われることで、本来はリールを巻く速度のことになる。

魚の活性に合わせた速度が必要となるので、一日の中でも速度を変えながら狙うのが普通だ。

速いジャーク

オフショアジギング基本操作

俗に高速ジャークやジャカジャカ巻きと言われるもの。とにかくジグの移動を速くするように心がけるため、ジグ自体のアクションは乏しくなる。

これを補うためにジグは左右非対称型を多用してイレギュラーなアクションで魚を誘う。

操作はかんたん、ロッドとリールを交互に回すようなイメージでひたすら動かす体力勝負だ。ショートバイトが多いときはスピードを緩めたり時折ポーズを入れてもよく、その瞬間にバイトすることも多い。

アクションが激しいためジグがエビになりやすいので、多発する際はフックシステムやジグの重心を変えたり、スピードを緩めてみよう。

スロージャーク

オフショアジギング基本操作

速巻きの反対でゆっくりとリトリーブして、ジグの縦移動を短くするテクニック。

ロッドのシャクリは通常通り鋭く行い、巻き取りをゆっくりにして同じレンジを長く狙いたいときに使え、大型狙いにも多用されるテクニックだ。根魚狙いでも重宝する。

フォール時の基本と注意点

オフショアジギング基本操作

リールのベイルをオープンにしてラインを送りジグを沈めていくが、潮流の影響などで真下に落ちることは少ない。

そこで糸フケ(スラック)を多めに出して速く落とそうとする釣り人を見かけるが、オフショアジギングでやるとラインが海中で放物線を描き、底取りがわかりにくくなるのはもちろん、オマツリや根掛かりが頻発してしまう。

ジグが落ちる速度に合わせてラインを出すのが基本だ。

しかし、速い潮流の場合はジグは真下に落ちようとしていても、ラインが流されてしまうこともある。

こういう場合は時々リールスプールに指を当ててラインにテンションをかけ、ラインをできるだけ真っ直ぐになるよう修正しなければならない。

まして二枚潮にでもなっていようならなおさらである。

ラインが途中から向きを変えたり、いつまでたっても着底が分からずにラインを放出し続けることになる。

オフショアジギング基本操作

フォールの目的

オフショアジギング

第一の目的はボトム(狙いのレンジ)まで沈めることである。これがスムーズでなければジギングは成立しない。

しかし、ただ狙いの水深まで落ちているだけではなく、当然魚がいるレンジを通過しているのだ。このチャンスを活かすか殺すかでも大きく釣果が変わってくる。

といってもなにか特別なことをするのではなく、休まずにロッドを持ってバイトを感じ取ることと、適度にラインにテンションをかけておくことだ。

PEラインは緩んでいるとバイトが伝わってこないので注意だ。

フォールの種類

フリーフォール

ほったらかしでフォールさせるのではなく、できるだけラインが膨らまないようにジグを落としていく。

カーブフォール

浅い海域や鳥山などをキャスティングで狙う場合に多用する。ラインを手で止めていると強烈な魚の引きで指が切れる場合があるので、かならずリールのベイルを寝かせておくこと。

リトリーブの活用

オフショアジギング

ロッド操作とのコンビネーションでリールを操作することが多いジギングだが、ジグの回収時に魚がバイトしてくることも珍しくない。単純にリトリーブする「ただ巻き」でも魚が狙えるということだ。

目が良い魚にはあまり効かないが、シーバスやタチウオなど少し濁りがある海域ではミスバイトも少なくおすすめだ。これに時折フォールを加えてもバイト数が向上する。

さらに、ただ巻き・速巻き・スロージャークなどを織り交ぜれば、独自のコンビネーションジャークが完成する。これがその日のパターンにハマると爆釣するので、いくつか自分のパターンを持っているとよい。

スロージギング

オフショアジギング

主流であるハイピッチやハイスピードのリアクションバイトやジグを見切られない狙い方に対して、もっとジグを泳がせて魚に見せ、しっかりと食わせるのがスロージギングだ。

スロージャークの進化系といえばわかりやすいだろうか。

とにかく「スロー」と名が着くと「ゆっくり」と勘違いされやすいジギングテクニックだが、魚に対してスローというのが正解だ。

ハイピッチでもスローでもロングジャークでもシャクる初速は同じで、その後の操作が違うと考えればよい。

スロージギングの特徴として、センターバランスの幅広いメタルジグが好まれるという点だ。ジャーク後やフォーリング時にこの形状のジグだと横向きにひらひらとフォールする。

その光景は弱った魚が動いているように見え、ルアーを見切られることなく魚の食い気を誘うというものだ。

指定したレンジまでのフォーリングから、コンビネーションジャークで発生させるフォールと、今までは引きの釣りだったことに対して、フォールで食わせる要素が加わったと思えばいいだろう。

しかしデメリットもあり、フォール速度が遅くなってしまうため、速い潮が流れるときは釣りづらくなる。船内でのオマツリを引き起こすので、身勝手に使用するのは控えること。

リトリーブアクション

オフショアジギング

通常のジギングと大きく違うのが小刻みに行うリトリーブだ。短いジグの移動を演出するため、ベイトリールが好まれる。

まずロッドとラインを直角になるように持ち、リールハンドルを1/8〜1/2素早く回転させ、ロッドティップの跳ね返りを利用してジグを跳ね上げ横向きになるようにする。

ロッドの操作は動かさないのを基本として、リトリーブと合わせて軽くアオったり、リトリーブも1回転させたり半回転で止めたりとバリエーションを持たせて狙う。

キーポイントはジグを跳ね上げたあとに間を持たせ、ジグが横向きになるようにすることだ。たまにロッドを下げて短いフォールを演出するのも有効だ。

ロングフォール

オフショアジギング

ロッドを下げた状態からゆっくりと頭上まで持ち上げる。このときリールを1回転させながら行う。頭上にロッドを上げてからジグのテンションが抜けたときに、今度はロッドを一気に下げる。

ラインのテンションを失ったジグは、イレギュラーな動きをしたり、ひらひらとフラッシングしながらフォールする。このアクションが魚を誘い食わせのタイミングとなる。

このときの注意点はアタリの取り方。テンションをフリーにしているため、もちろんロッドやリールで感じ取ることはできない。海中に沈むラインを観察し、沈みが速くなったり途中で止まるなど違和感があればアワせてみよう。

電動ジギング

電動リール

電動リールはエサ釣りで主に使用され、深海釣りやウキ流し釣りで重宝されてきた。発売当初は糸巻き量が多い大型のリールが主流だったが、近海でのライトタックルが主流になり、小型でハイパワーの電動リールが開発され続けている。

このことでジギングでも使える電動リールが出てきた。ネックとなっていたのは巻き上げ力であったが、ハイスペックなものは人間の力よりも高い性能を持っている。

さらに巻き上げ速度や巻き上げ時のテンションの設定が変えられるなど多機能さもあり、バラシの軽減にも繋がっている。

しかし電動リールならどれでも使えるというわけではない。前述のようにパワーと高いドラグ性能が必要となる。両性能が低いものだと、ドラグが締まらず大型の魚がくるとラインの放出が激しくなる。

また、巻き上げ時も手動で巻くことになったり、高速でジグを巻き上げるのもままならなくなってしまう。購入時は下調べしておこう。

基本の釣り方は、電動リールを早巻きに設定し、そのままロッドをシャクるだけだ。ロッドを手持ちではなく、ロッドホルダーを取り付け、セットして行なっても良い。

魚が掛かったときも早巻き状態になっているため確実にフッキングしやすい。

巻き上げはロッドを立て気味にしてロッドの弾性を充分に活かしながら巻き上げてくる。

電動リールを使うことで、女性や子ども、高齢者までジギングを楽しむことができるのはもちろんだが、深海のジギングでも体力を切らすことなく最後まで楽しめるのが魅力だ。特に回収時の巻き上げは楽ちんである。

おすすめ商品
CB.マサムネ
スミス(SMITH LTD)
¥1,786(2024/02/22 22:24時点)
伝家の宝刀CB.マサムネは、近沿海でのジギングに焦点を当て、スロージギングのために開発したセンターバランスロングジグ。
ソルティガ TGベイト
ダイワ(DAIWA)
¥2,983(2024/02/23 11:43時点)
タングステンメタルジグとして、愛され続けているTGベイトのヘビーウエイトモデルが細かいディティールをさらに見直しブラッシュアップ。より「釣れる」タングステンジグとしてソルティガブランドの名の下に生まれ変わった。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました