マダイジギングが面白い! 基本の操作方法を学ぼう

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

オフショアでマダイ(真鯛)を狙うといえば真っ先にタイラバを思い浮かべるが、メタルジグで狙う「マダイジギング」も面白い。さまざまなアクションを駆使してヒットに持ち込むと釣れたではなく、釣った感が強い達成度を味わうことができる。また、ショアからでもメタルジグを使ったメソッドはとても有効な手段である。

スポンサーリンク

メタルジグ

マダイジギング

メタルジグを使用する場合はシルエットに気を配りたい。メタルジグでマダイを狙う場合、シルエットはそのときのベイトによっても変わってくるが、コンパクトなほうが良いだろう。

30g前後のものならそれほど気にする必要はないが、60gくらいになってくるとロングタイプは避けたほうがよさそうだ。

スロージギングでよく使われるリーフタイプやジグミノーなどと呼ばれるタダ巻きメインで使用するタイプも効果的だ。

誘い方はワンピッチ・ワンジャークでも問題ないが、あまり激しくシャクらないというのがセオリーとなる。アクション控えめでフォールを多用した釣り方が基本となるのでいくつか紹介したい。

リフト&フォール

マダイジギング

キャスト後、ジグをボトムタッチさせたらロッドが垂直になるくらい大きくジャーク(リフト)する。

このとき、ロッドのグリップエンドを肘に当てておくとロッドを握る手にあまり力を入れることなく楽にジャークすることができる。

ここで重要になってくるのが、ティップが真上を向く瞬間だ。ラインに引っ張られていたティップが真っすぐになるときにラインのテンションが抜ける。

この瞬間にジグがスライドしてイレギュラーなアクションを起こすので、ティップが戻るまでしっかりとロッドを溜めておくことがポイントになる。

ティップが戻った後はジグをフリーフォールさせて余分なラインスラックを巻き取る。これを繰り返してボトムを中心に探っていく。

ズル引き&チョンチョン

マダイジギング

ボトムタッチさせたジグを海底でズル引いて、砂煙を上げターゲットにアピールする誘い方。ズル引いたジグをピタッと止めて、その後チョンチョンと軽く跳ねさせる。

甲殻類をイメージした誘い方で、マダイがカニやエビをベイトとして捕食している場合に特に有効となる。ただし、これは海底が砂地でないと成立しないので注意してほしい。

ストップ&ゴー

マダイジギング

タダ巻きでリトリーブしながら途中に食わせの間を作っていく誘い方だ。

キャスト後、ボトムタッチさせたらすぐにラインの巻き取りを始める。スピードは前記したタイラバと同じような感覚でよいだろう。そしてときどきリトリーブをピタッと止める。

潮流やジグがどのくらいのレンジにあるかで変わってくるが、リールのハンドルを10〜15回転させたら5秒程度止めるくらいでよいだろう。リトリーブを止めると当然ジグはフォールしていく。

しかし、ラインにテンションが掛かっている状態ではフォールスピードは非常に緩やかなので、テンションフォールでゆっくりとマダイにアピールすることができる。

ボトムタッチするまで止めておいて、ボトム→リトリーブを繰り返すのも効果的だ。

ここで重要なのはメリハリのある動作。巻くときは巻く、止めるときはしっかりと止めることを心掛けよう。

ハンドルカクカク巻き

マダイジギング

リールのハンドルを1/4〜1/2回転ずつカクンカクンと止めながら回して誘っていくアクションも有効だ。これも止めるときにピタッと止めてメリハリのある動きにすることがポイントとなる。

リールハンドルは、1/2回転につき1秒くらいのスピードで回していくとよいだろう。

この誘い方ではハンドルを止めた瞬間にラインのテンションが抜けて、ジグは小さくダートしながらアクションしてターゲットにアピールすることとなる。

着底から回収までひたすらこの動作を繰り返してもよいが、タダ巻きの合間に入れるのも効果的だ。

ストップ&ゴー同様にリーリングの変化だけでアピールできるので体力的負担が小さいというのも特徴となる。

これらの誘い方は全てタイラバでも同様に行うことができる。しかしタイラバの場合はメタルジグよりも根掛かりしやすくなるので注意したい。

また、メタルジグを使う場合でも、トレブルフックの使用は根掛かりしやすくなるので避けたほうがよいだろう。

テールにトレブルフックが装着されているジグは、トレブルを外すかシングルアシストフックに変更しよう。

おすすめ商品
ビンビンメタルTG
JACKALL(ジャッカル)
¥1,730(2024/02/25 18:15時点)
小さくてもよく動く。フィネスの極みここにあり。よりコンパクトに、かつアクションするマダイジギング専用タングステンジグ。高比重素材のタングステンを採用することにより、タイラバよりもはるかにコンパクトなシルエットを実現。
紅牙 ベイメタル真鯛
ダイワ(DAIWA)
¥1,364(2024/02/25 18:15時点)
マダイジギングで求められる性能を凝縮し、完成させた紅牙のフック付きメタルジグ 紅牙の新基軸タイジギあまり大きく動きすぎず、ゆっくりしたリトリーブでもしっかり口を使わせることに特化したメタルジグ。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました