ケンサキイカを狙う イカメタルゲーム&オモリグ釣法

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

初夏から秋にかけて良型を期待できるケンサキイカ。

さまざまな料理で美味しくいただけるケンサキイカは持ち帰っても非常に喜ばれるお土産だけに、家族思いのアングラーにとっては爆釣したいターゲットの筆頭といえるだろう。

スポンサーリンク

イカメタルゲームとは

イカメタル

イカメタルゲームは、ライトタックルにスッテをセットして、船からケンサキイカを狙うオフショアの釣り。

船の漁火でイカを集める夜炊きでは、浅いレンジで活性の高いイカが次々とヒットするので、一人あたり100杯という大漁を目指すことができる。

デイゲームも成立するが、この場合はボトム付近に潜むイカを誘い出さなければならない。

誘って、アタリを取って、素早くフッキングに持ち込むという、非常にテクニカルな釣りになるので、上級者向きのゲームといえそうだ。

イカメタルゲームではリフト&フォールでの誘いが基本。

センスが問われるのはスッテとリグの選択で、リフトの大きさとリズム、抱かせるための間の取り方、どのレンジまで誘うか、フォールさせるときのテンションの掛け方、そして繊細なアタリをいかにして感知するかが腕の見せ所となる。

イカメタルゲームの仕掛け

イカメタルタックル

イカメタルゲームは鉛スッテ単体の仕掛けでも成立するが、鉛スッテと浮きスッテ(または小型のエギ)を組み合わせたエダス仕掛けが一般的。

仕掛けは潮の速さに合わせた調整が必要で、浮きスッテを自然に漂わせるためにはエダスの長さが肝心。エダスの長さが短いとスッテが動きすぎ、長いとアタリが取りづらくなる。

イカメタルゲームの実践

夜炊きでは船長が指示するタナから狙うのが基本で、日中の場合は底取りからスタートする。

日中の基本的な釣り方は、鉛スッテを着底させたら50㎝から1mほどシャクり上げてステイ。

反応がなければここで小さくシェイクしてもよいが、さらに50㎝から1mほどシャクリ上げてアタリを待つ。最終的に10mぐらい上げてきたら、再び海底まで落とすというのが一連の流れ。

フォール中の仕掛けが着底前に止まるのはイカの仕業で、疑わしきは積極的にアワせるというのが鉄則。

イカメタルスッテ

揺れている船上では小さなアタリは分かりづらいが、アワせ損ねてもそれが誘いになるので問題はない。
活性の高いイカは食い上げてくるため、テンションが抜けるようなアタリも多く、このようなアタリを竿先やラインの動きで取っていかなければ数を伸ばすことはできない。

余分な糸フケを出さないように注意しよう。

イカメタルゲームは連発を期待できる釣りだけにチャンスタイムを大事にしたいが、だからといって焦りは禁物。回収したスッテがイカのスミで汚れていないか頻繁にチェックした方がよい。

オモリグ釣法とは

オモリグタックル

石川県や鳥取県など日本海側を中心に行われているオモリグ釣法も、ケンサキイカをターゲットとするオフショアゲーム。

イカメタルが数を稼げる釣りであるのに対し、オモリグ釣法は型を狙える釣りとして注目度が高まっている。

オモリグ釣法は、海面を照らしている船の灯りが届く範囲を意識した釣りで、灯りが届かない暗部から手前までの範囲を探るのが基本。

イメージするのは、警戒心の薄い小型のイカたちが明るい場所にいて、大型のイカはその外に陣取っているという構図だ。

イカメタルがバーチカルの釣りであるのに対して、ロングリーダーを使用するオモリグ釣法はキャストで探る横の釣り。

使用するのは市販のオモリグ用仕掛けで、専用シンカーと1~1.5mほどのリーダーを取り付け、リーダーの先に小型のエギをセットする。

オモリグ釣法の実践

オモリグの狙い方

具体的な釣り方は、キャストした仕掛けが着底したら、5回ほどシャクリを入れて、そのままロッドを掲げてオモリをリフトアップ。

これにより、仕掛けはカーブフォールの態勢へと移行するので、後はシャクってはカーブフォールの繰り返し。

カーブフォール中はエギがシンカーに引かれる形となり、その際のナチュラルなエギの動きと、リーダーの見えにくさがオモリグの長所となっている。

オモリグ釣法では、アタリに対して思い切りアワセを入れるのが正解で、中途半端なアワセではオモリだけが動く結果となる。

オモリグ

アタリはカーブフォール中に出れば明確だが、足元近くまで仕掛けを引いてくるとオモリとエギが離れてしまうため、判断には慣れを要するだろう。

ボトムから徐々にタナを探っていくパターンの釣りだが、イカの活性によってはかなり上層でヒットすることもあり、狙うべきタナを見極めることが肝心だ。

アタるのに乗らないケースではエギの色を変え、アタリが全くなければエギやシンカーのサイズと種類をチェンジする。

フォール時間を稼ぐためにリーダーを長くしてスローにシャクってみるなど、さまざまな工夫を試せる点もオモリグの魅力となっている。

人気のエギスッテ
EZ-SLIM 布巻
DUEL(デュエル)
¥619(2024/03/01 12:17時点)
ボディ波動とフワフワフットで抱かせるフローティングエビ型スッテ。強い波動でイカを誘うウェーブモーションボディ。
ビッグアイ
Major Craft(メジャークラフト)
¥785(2024/03/01 12:17時点)
誘う・止める・掛けるを追求した高バランス設計のベーシック形状。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました