ルアー釣りのジャンルに合わせたタックル選びを心掛けよう

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

堤防で使用するルアー用のタックル(ロッド・リール・ラインの組み合わせ)は、1gほどの軽量ルアーを投げられるウルトラライトタックルから100gクラスのメタルジグを投げられるヘビータックルまで幅が広い。

対象魚ごとに有効なルアーがあり、そのルアーを使うために最適なロッド、リール、ラインの組み合わせがあるということだ。

スポンサーリンク

ルアーロッドの基礎知識

スピニングタックルとベイトタックル

軟らかい(パワーがない)ロッドの方が軽いルアーを、硬い(パワーがある)ロッドの方が重いルアーを投げるのに適している。それぞれのロッドには適合するルアーの重量が設計段階で設定されている。

パワーには以下の種類がある。

・UL(ウルトラライト)
・L(ライト)
・ML(ミディアムライト)
・M(ミディアム)
・MH(ミディアムヘビー)
・H(ヘビー)
・XH(エクストラヘビー)
・XXH(ダブルエクストラヘビー)

通常、ロッドのパワーは使いたいルアーの重さに合わせて選ぶ。

例えば重たい4号(約25g)のエギを投げたい場合はエギングロッドのMH、軽い2.5号(約10g)のエギを投げるならエギングロッドのL、標準的な大きさとなる3.5号(約20g)のエギを使う場合はエギングロッドのMが最適なパワーとなる。

ただしエギング用ロッドのMとメバリング用ロッドのMはまったくの別物。メバリング用のロッドは柔らかく、Mだと5g程度のルアーまでしか投げられないので注意しよう。

ロッドテーパーイメージ

また、ロッドには「調子」といわれる曲がり方の違いがあり、ファーストテーパー(先調子)は、ある程度の負荷が掛かるまで先端部のみが曲がるロッドとなっている。

手元に近い部分から曲がるロッドはスローテーパー(胴調子)と呼ばれ、両者の中間はレギュラーテーパー。

ファーストテーパーのロッドは感度に優れ積極的に掛ける釣り方、スローテーパーのロッドは掛けた魚をバラしにくく、むこうアワセの釣りに適している。

使う人の体力にもよるが、一般的にロッドは長いほど遠投が可能で、短いロッドの方が楽に振ることができる。投入の精度を求められる場面では短いロッドの方が有利だ。

リールの基礎知識

スピニングリールとベイトリール

堤防からのルアー釣りに使用するリールはスピニングリールとベイトキャスティングリール(ベイトリール)の2種類。

ベイトキャスティングリールはシンプルな構造で巻き上げのパワーがあるが、バックラッシュというトラブルが付きもので初心者には扱いが難しく、スピニングリールの方が一般的といえるだろう。

リールを選ぶ上で大切なのは、ロッドとのバランス。糸巻き量も重要で、使用するメインラインを必要な量だけ巻くことができるスプールを装備されていなければならない。

そのための目安として、リールには大きさを示す数字があり、PEライン0.1号を使うアジングロッドには比較的小型の1000番または2000番。

PEライン0.8号を使うエギングには2500番、PEライン2号を使う大型青物狙いのショアジギングタックルには4000番以上の大型スピニングリールを組み合わせる。

リールの価格に関しては、使用されているベアリングの数や、部品の材質によって大きく異なってくる。高価なリールはよりスムーズに回転し、パワーと耐久性を備えていると判断してよいだろう。

ラインの基礎知識

ライン

ルアー用のラインは、リールに巻くメインライン(道糸)と、メインラインの先端に結ぶリーダー(ショックリーダー)の2種類を使用する。

メインラインはPE(ポリエチレンマルチフィラメント)ライン、ナイロンライン、フロロカーボンラインのほか、アジングではエステル(ポリエステル)ラインの評価が高い。

ライトゲームからショアジギングまで、最も多くのジャンルで使用されているPEラインは引っ張り強度と耐久性に優れ、伸びが少なくてアタリが鮮明に取れるというのが長所。

短所としては、比重が小さい(水に浮かぶ)ため、強風下では風にアオられやすく、コシがないためガイド絡みのトラブルを生じやすい。

フロロカーボンラインは高比重でスレに強く、ナイロンラインは中間比重でよく伸びるという点が長所。

リーダーに使われるラインはフロロカーボンラインがほとんどだが、船からの大物狙いでナイロンラインが使われるケースもある。

メインラインとリーダーの号数はlb(ポンド)表記による強度を基準にして、ほぼ同じになるよう組み合わせるのが基本。PEラインが1号(16‌lb)なら、リーダーは4~5号(16~20‌lb)でよいだろう。

ベイトタックルについて

ベイトタックル

スピニングタックルと比較して太目のラインを使うことで、よりパワフルな釣りを展開できるベイトタックルが有利な場面は、掛けた魚を一気に浮かせたい根魚狙い。

飛距離ではスピニングタックルよりも多少劣るものの、使いこなせれば正確なキャストが可能で、リールをパーミングすることでボトムバンプ(ルアーを持ち上げたり落としたりする誘い方)がやりやすい。

足元のポイントを真上からダイレクトに狙う場合もベイトタックルが有利で、クラッチを切るだけで素早くラインを放出できる。

ベイトタックルを使う上で最大の障害となるのは、リールからラインがあふれ出すバックラッシュというトラブルで、その原因はスプールの回転スピードがラインの放出スピードを上回ってしまうこと。

この現象を回避するためにはベイトリールのブレーキ機能を活用したいところだが、ブレーキを利かせ過ぎると飛距離が出せない。ベイトリールを使用する場合は、指でスプールに触れることでスプールの回転を制御する「サミング」というテクニックを必ずマスターしよう。

みんなの疑問を解決! よくあるQ&A

ルアーロッド

リーダーは切れるまで使える?太い号数を結んでおけばずっと使える?

紫外線などによる劣化があるため本来は釣行毎の交換が望ましい。実際は傷が入ったり、短くなったら交換する人が多い。太い号数を使用しても条件は同じ。

PEとリーダーの号数適合は?

基本は、PEライン1号に対してリーダーライン4〜5号。下の表を参考にしよう。

PEラインリーダーライン
0.6号2.5〜3号
0.8号3〜4号
1号4〜5号
1.2号5〜6号
1.5号6〜7号

PEラインの下巻きはなぜ必要?

必ずしも必要ではないが、PEラインに限らずリールスプールの70%以下の量にしかラインがならない場合は必要。

糸巻き量が少ないとキャスト時にスプールエッジへの抵抗と、円周が小さくなるほど(ラインがスプールから少なくなるほど)抵抗が増える。

理想は、リールスプールのエッジから2㎜ほど少なくなるように下巻きで調整する。

PEラインの寿命は? いつ替える?

ささくれなど目に見える損傷が出たときが替え時。アングラーの心情は「気合が入る釣行時」に替える人が多い。

PEラインとPEラインの結びはNG?

緊急時に行うことはあるが基本はNG。しっかり結ばないと解けやすい。結ぶなら摩擦系ノットがおすすめ。

リールのスプールに巻いたPEラインが高切れして半分ほどなくなった。そこで新品のPEラインを切れたところから結んで補充できるか?

基本は全て巻き直す。結びコブが常時スプールの中にあるとキャスト時に引っ掛かって投げにくい。緊急時はPEライン同士を摩擦系ノットでしっかりと結ぶか、途中にリーダーを入れて結ぶとよい。

ルアータックル

根掛かり後、無事にルアー回収や大物を釣った後には結節部を結びなおす必要はあるの?

ナイロンやフロロカーボンラインは強く引くと伸びるため強い。しかし伸び切ってしまうと切れやすくなる。

もちろん結び目にも強い力が加わると締まって熱が加わったりラインが滑って抜けやすくなっている。できればリーダーを交換した方がよい。

リーダーがささくれた、小さなキズが入ったら?

PEラインに比べてキズには強いが、大きな力が加わると簡単に切れてしまう場合がある。ルアーのロスト回避や大物を仕留めたいなら即交換しよう。

結び目の端切れの長さはどれくらい?

PEラインとリーダーは飛び出したヒゲがキャストに影響するので、摩擦系ノットの場合なら1㎜以下でも構わない。

リーダーとルアー接続部は最低でも2㎜。しっかり結んだ後でも、力が加わるとノット部は締まるため。

フックの寿命は?

トレブルフックやアシストフックは毎回交換する人はまれであるが、フックポイントをチェックして、なまっているようなら交換が必要。

フックポイントはいつも鋭利でなければここぞというときに魚を掛け損ねる。

リーダーとルアーの結節金具(スナップ)は必要?

スナップ

用途によるが堤防での釣りに限れば使った方が便利。ルアーの動きを妨げないのでナチュラルにアクションしやすい。ローテーションも楽に行えるしノットを毎回行わなくてよい。

ルアーの塗装が剥げた。そのまま使ってもいい?

30%くらいのダメージであればOK。反射やカラーによるアピール力といった本来の役割を果たさなくなったら引退。もしくは補修しよう。

リールシートの周りやガイドの根本がサビた!?

釣行で付着した塩分が残っているとこうなりやすい。釣行後、道具は水洗いや拭き取りが基本。そのまま放置すると破損のおそれもある。

コスパ最強のルアーロッド
2代目ソルパラ X
Major Craft(メジャークラフト)
¥8,058(2024/02/24 04:05時点)
感度の高いカーボン素材、持ちやすいグリップ形状、糸絡みがしにくいガイドを採用。そのため中上級者はもちろん初心者や力の弱い女性の方や子どもも使いやすく投げやすい、高い操作性が特徴のロッドもラインアップ。
ルアーマチック
シマノ(SHIMANO)
¥6,400(2024/02/24 04:05時点)
さまざまなルアーターゲットに対応する釣り入門者向けロッドとして幅広い世代に愛されている「ルアーマチック」。 上位機種に迫る扱いやすさはそのままに、デザイン面ではリング周りやスレッドカラーに海のフィールドを彩るライトブルーグレーを採用。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました