23コルト始動 新型リールシートOP-01に注目!

23コルト

「コルト・プロトタイプ」に引き続き「コルト」もフルリニューアルが決定です! コルトシリーズの中では中堅的な立ち位置のコルトですが、今回のフルリニューアルはなんと先行発売モデルを含めて9モデルという怒涛のラインアップ。これだけあればほしいロッドが見つかること間違いなし! その特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

新型リールシート「OP-01」

注目すべきなのはコルト・プロトタイプでも衝撃が走った新型カーボンリールシート「OP-01」を採用したグリップタイプA。6モデルで採用されており、今回のリニューアルで注目すべき最初のポイントとなります。

23コルト

オリムピック独自開発の「OP-01」は、手のひらの懐にフィットするラウンドバック形状により、力まずに包み込むようなホールド感を実現しています。また、大胆に肉抜きされた形状は、ブランクタッチしやすく感度アップと軽量化にも大きく貢献。OP-01は他社製品と比較して、同じたわみ量を得るのに必要な力は、1.85倍もの差があり、優れた高硬度特性を示しています。

さらに熱可塑性カーボン「トレカ®短繊維強化ナイロン樹脂PA610」採用により、軽量化、剛性、感度の飛躍的アップに成功しています。PA610 + カーボン30%含有で非常に高強度・高弾性の特徴を有します。また、PA610ポリマーのうち、60%が植物由来で、持続可能な開発目標SDGs(Sustainable Development Goals)に配慮した材質です。

しかし、アジンガーの中には「今までのオリムピックグリップがしっくり来ていたのに」という人もいるはず。そんなあなたには「592XUL-S」がおすすめ。グリップタイプBを採用したこのモデルは、今までのコルトと同じく軽量なIPSリールシートをダウンロック方式で採用しています。

またロングレングスモデルの6102L-HS/802ML-HSには軽量・細身なVSSリールシートをダウンロック方式で採用しています。リアグリップ部は最小限の大きさに留めることにより軽量化を実現するため、それぞれ異なる形状をしています。

チューブラーティップモデル復活

コルトといえば「ソリッドティップ」というイメージがあります。実際21コルトでは「チタンソリッドティップ」と「ハードソリッドティップ」、「ソリッドティップ」の3種類。しかし、アジングでは「チューブラーティップ」の反響感度の良さを好むアングラーも多いことも事実。

「23コルト」についにチューブラーティップモデル「642L-T」が登場。2万円台の機種では18コルト以来の復活となります。高感度センサーを搭載しているかのようクリヤーなフィーリングを楽しみましょう。

もちろん、今まで人気だった「ハードソリッドティップ」とオリムピック特許技術「チタンソリッドティップ」も続投。それぞれの技術もおさらいしてみましょう。

ハードソリッドティップ

コルト
※写真内のロッドは旧モデルになります。

超先調子のパリッと感でバイトを拾うセンサーソリッドともいえるモデルです。23コルトの多くに採用されている定番のティップです。

チタンソリッドティップ

コルト
※写真内のロッドは旧モデルになります。

オリムピック独自の特許技術でカーボンチューブラー構造と接続されたニッケル・チタン穂先。異素材であることのメリットを最大限に発揮することで、魚のアタリはもちろんのことながら、潮流の微かな変化をも増幅し、余さずにアングラーへと伝達します。「572UL-TS」のみに採用されたティップで、23コルトではさらにリールシートが「OP-01」に変更。さらにはっきりとしたアタリをアングラーに伝えてくれるでしょう。

ラインアップ

23GCORS-572UL-TS〈チタンソリッドティップ〉

2023年春発売予定

23コルト

先径0.6㎜の「極細ショートチタンソリッドティップ」採用。チタンソリッドの特徴を最大限に引き出すため、幾度となく先径・長さ違いでのテストを繰り返し、感度・先重り感・操作性をハイレベルな次元で融合しました。アンダー1gでの操作性は特質もので、極細ラインを通した「もたれ感」が水中での状況イメージを的確に伝え、その感覚はあらゆる場面で次の一手・次の1尾につなげてくれる事でしょう。

Lenght
(m)
PowerActionWeight
(g)
Close
(㎝)
Top Dia
(㎜)
Section
(pcs.)
Lure
(g)
Line
(lb)
価格
(税抜)
1.7ULExtra-Fast4887.80.62MAX2.5gMAX2lb29,000円

23GCORS-572UL-HS〈ハードソリッドティップ〉

2023年春発売予定

23コルト

漁港内、常夜灯周りをより軽量なリグで探るのに適したモデル。先径0.6㎜のハードソリッドティップを搭載し、水中での繊細なリグ操作が可能。1g未満のジグヘッドでしか反応が無いシチュエーションなどに大活躍する一本。

Lenght
(m)
PowerActionWeight
(g)
Close
(㎝)
Top Dia
(㎜)
Section
(pcs.)
Lure
(g)
Line
(lb)
価格
(税抜)
1.7ULRegular-Fast5288.30.62MAX 2gMAX2lb28,000円

23GCORS-592XUL-S〈ソリッドティップ〉

2023年春発売予定

23コルト

ティップからベリーのアクションはアミパターン時に必要とされる、荷重感度・操作性を突き詰めた設定としながらも、トレードオフとなる反響感度を犠牲にすることなく、現代アジングにおける理想のアクションと感度バランスを徹底追及したモデル。6ftアンダーのレングスは操作感度も向上し、港湾部での軽量リグを扱うスペシャルチューンモデルです。

Lenght
(m)
PowerActionWeight
(g)
Close
(㎝)
Top Dia
(㎜)
Section
(pcs.)
Lure
(g)
Line
(lb)
価格
(税抜)
1.75XULFast4890.30.62MAX 1.5gMAX 1.5lb28,500円

23GCORS-612L-HS〈ハードソリッドティップ〉

2023年春発売予定

23コルト

アジングにおける理想のアクションで、感度、バランス、操作性、どれをとっても非常に優秀なスペックの一本。ジグヘッド単体の使用を目的とした設計で、積極的にアジを掛けに行く攻めの釣りに最適。572UL-HS同様、先径0.6㎜のハードソリッドティップ搭載で繊細な操作が可能。ビギナーやロッド選びに迷っているアングラーにおすすめ。

Lenght
(m)
PowerActionWeight
(g)
Close
(㎝)
Top Dia
(㎜)
Section
(pcs.)
Lure
(g)
Line
(lb)
価格
(税抜)
1.86LExtra-Fast5395.80.62MAX 3gMAX 2.5lb28,800円

23GCORS-622UL-HS〈ハードソリッドティップ〉

2023年春発売予定

23コルト

ティップからベリーのアクションは、アミパターン時に必要とされる荷重感度・操作性を突き詰めた設定としながらも、トレードオフとなる反響感度を犠牲にすることなく、現代アジングにおける理想のアクションと感度バランスを徹底追及したモデル。62というレングス設定とすることで、シーズン・エリアを幅広く対応できるモデルです。

Lenght
(m)
PowerActionWeight
(g)
Close
(㎝)
Top Dia
(㎜)
Section
(pcs.)
Lure
(g)
Line
(lb)
価格
(税抜)
1.88ULFast5396.70.62MAX 2gMAX 2lb29,000円

23GCORS-642L-HS〈ハードソリッドティップ〉

2023年春発売予定

23コルト

6ft4inの長すぎず短すぎないレングスで、シリーズ中、最もオールラウンドに使えるモデル。ジグヘッドリグはもちろん、キャロやスプリットなどにも幅広く対応。場所を選ばず足元から沖まで狙えるエキストラファーストテーパー設計。

Lenght
(m)
PowerActionWeight
(g)
Close
(㎝)
Top Dia
(㎜)
Section
(pcs.)
Lure
(g)
Line
(lb)
価格
(税抜)
1.93LExtra-Fast5599.60.62MAX 4gMAX 2.5lb29,300円

23GCORS-642L-T<チューブラーティップ>

2023年秋発売予定

23コルト

6ft4inの長すぎず短すぎないレングス。1.1㎜の極細チューブラーティップは、操作感度を犠牲にすることなく、反響感度の良さも相まって、高感度センサーを搭載しているかのようクリヤーなフィーリングです。使用リグ・フィールドへの対応能力も高く頼れるアイテムです。

Lenght
(m)
PowerActionWeight
(g)
Close
(㎝)
Top Dia
(㎜)
Section
(pcs.)
Lure
(g)
Line
(lb)
価格
(税抜)
1.93LFast5599.52MAX 4gMAX 2.5lb29,300円

23GCORS-6102L-HS〈ハードソリッドティップ〉

2023年春発売予定

23コルト

ジグ単専用ロッドに対して少し太めの先径0.7㎜のハードソリッドティップを搭載。超繊細とまではいかないが、ロングキャストが効き広範囲を探れるジャンルのロッドの中では非常に使い勝手が良いです。少し重量のあるジグヘッド単体、キャロやスプリットでなければ届かないディープエリアでのリフト&フォールを得意とする。くせのないハリのあるブランクスで尺オーバーのアジでさえ余裕で寄せるバットパワーは必見。

Lenght
(m)
PowerActionWeight
(g)
Close
(㎝)
Top Dia
(㎜)
Section
(pcs.)
Lure
(g)
Line
PE(号)
価格
(税抜)
2.08LExtra-Fast561070.72MAX 5gMAX 0.329,500円

22GCORS-802ML-HS〈ハードソリッドティップ〉

2022年先行発売

23コルト

フロートリグやキャロライナリグで遥か沖合を攻めるロングレングスモデル。ハードソリッドティップ搭載で、沖合でも繊細なリグ操作と僅かなアタリも逃さない感度を備えます。ハリのあるベリーと強いバットパワーで大物相手でも主導権を譲りません。

Lenght
(m)
PowerActionWeight
(g)
Close
(㎝)
Top Dia
(㎜)
Section
(pcs.)
Lure
(g)
Line
PE(号)
価格
(税抜)
2.44MLFast73124.50.92MAX20MAX0.630,500円

ブランクス

高弾性カーボンを使用し、細身軽量でありながら張りのあるブランクスを実現。バットセクションには「ライトウエイトグラファイトクロス」をバイアスカットで巻き込むことで、捻れ方向の強度が大幅にアップしています。

その他特徴

23コルト

572UL-TSにはオリムピック独自の特許技術でカーボンチューブラー構造と接続されたニッケル・チタン穂先を採用。異素材であることのメリットを最大限に発揮することで、魚のアタリはもちろんのことながら、潮流の微かな変化をも増幅し、余さずにアングラーへと伝達する。度重なるテストによるフィードバックと最新テクノロジーの融合により誕生した「チタンソリッド」で、不可視の領域はこの手の中に。

軽量なチタンフレームSiC-Sリングガイドを採用。

23コルト

ジョイント部はスリップオーバーフェルール(逆並継)で、まるでワンピースのような優美なベンディングカーブを描きます。

23コルト

572UL-TS/572UL-HS/612L-HS/622UL-HS/642L-HS/642L-Tにはオリムピック独自開発のオリジナルカーボンリールシート「OP-01」をダウンロック方式で採用。高感度・軽量化を実現し、繊細なリグの操作を可能にします。

23コルト

592XUL-HSには軽量なIPSリールシートをダウンロック方式で採用。

23コルト

6102L-HS/802ML-HSには軽量・細身なVSSリールシートをダウンロック方式で採用。

23コルト

ブランクタッチしやすいフロントグリップレス仕様。そして、セパレートグリップを採用しながら、リアグリップ部は最小限の大きさに留めることにより軽量化を実現し、繊細なリグの操作を可能にします。

問い合わせ/オリムピック ℡ 06-6533-8988 

他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました