アジング・メバリング ワーム使いの極意

ライトゲームルアーの土台となるワーム。数々の種類がありますが、それらを用途に応じて組み合わせてターゲットに迫りましょう。

それぞれのゲームで流用できるものも多いですが、より効果的なのは専用設計モデル。形状やカラーを吟味してセレクトしたいものです。

ソフトルアーに属するしなやかなワーム

ベイトを勢いよく吸い込んで捕食するアジ。ボリュームのあるワームと軽量ジグヘッドを食わせ、アタリを取って掛けにいくと、上アゴの硬いところにフッキングさせやすい。

そもそもワーム(worm)とは、英語でミミズなどの細長い虫の俗称。それらを模して合成樹脂などで柔らかい素材で作られたルアーをプラスチックワーム、略してワームと呼びます。ソフトルアーとして位置づけられており、ミノーやバイブレーションなどのプラグでは出せない、ボディ全体がしなやかなルアーならではのナチュラルなアピールが特徴です。

ハードルアーとの違いについてさらに述べると、ボディは質感が違うだけでなく、光の透過性も高いため魚がスレにくいです。また、プラグに比べ、切れたりして壊れやすい反面、単体当たりの価格が大幅に安いです。通常、ワームはフックがついていない状態で販売されており、状況に応じてリグ(仕掛け)を組んで臨むのが一般的です。

ワームには素材や形がさまざまあります。そこで、よく使われているものを釣りのジャンル別に解説してみましょう。

ワームの種類と主な特徴と商品例

ストレートタイプ

ヘッドからテールの先までの太さがおおよそ均一で、際立つくびれやテールを持たないもの。ボディ全体がアクションします。

ピンテールタイプ

テールが針(pin)のように細くなっているワームで、ボディ以外にテール部分が水を受けて微波動を起こすのが特徴です。

シャッドタイプ

水を受けやす、アクション性の高いテールを持ちます。テールが起こす波動は強く、ボディはローリングします。小魚を捕食している時期に有効です。

グラブタイプ

後方に平でカールしたテールを搭載したワーム。水を受けたテールがヒラヒラとアクションし、ナチュラルでありながら強いアピールで誘えます。

パドルテール

平らなテールで波動を起こす。ピンテールやストレートよりフォールスピードを稼ぎたくて、グラブ、シャッドより波動をナチュラルにしたいときに使われます。

アミ・ムシ系

アジやメバルが捕食するプランクトンやムシを模したもの。ボディは小さく、水が当たると震える突起や深いリブが採用されているものが多いです。

マイクロワインド用

ロッドでアクションさせるとルアーが左右に飛び、ジグザグ軌道で引くワインド釣法専用設計。ライトゲームではマイクロワインドと呼びます。

ライトゲームにおける効果的なワームとは?

アジやメバルをターゲットとするライトゲームでは1〜3inがスタンダード。形状はストレート、ピンテール、アミ・ムシ系、マイクロワインド用といったタイプの人気が高い。

アジング専用・メバリング専用と謳ってある製品が目につくようになったのはここ数年のこと。そのような表記がないものは兼用できます。実際のところ、アピールが効くのであればどれを使っても良いです。

目がいいとされるメバルは後方や下から食ってきた後、反転して戻るケースが多いです。

ただ、アジングとメバリングでは有効なワームの特徴が異なるのも事実です。それは素材やアクション性についてです。

アジはベイトを吸い込むようにして捕食します。その際、薄くてもろい口の横ではなくて堅い上アゴの奥に掛けるにはワームが口の中深くまで入りやすいものが適しています。そのためアジングでは極めて柔らかくてボリュームのある細身のモデルや極小ボディのワームが高実績です。素材として一般的な塩化ビニール製以外に、伸縮性に優れたエラストマー製も好まれています。なお、塩ビ製とエラストマー製を一緒にして保管していると、化学反応を起こしてエラストマ製のワームが溶けてしまう恐れがあるため別々にしておく必要があります。

アジングはフォール主体で食わせるのが一般的であるのに対し、メバルは直線的なアピールやS字アクション、キビキビとした動きに高反応を示します。その理由は、捕食対象となるのは小さなベイトフィッシュをはじめアミや夜光虫といった微生物であるケースが多いからです。そこで効果的なのがリトリーブすると微波動を起こすやマイクロワインド用のワームとなります。これらはいずれもアジングに効くワームに比べてメインボディに張りがあって短めであるのが特徴です。

専用ワームはこれらの点を十分考慮されて作られています。どちらを狙うにせよ、ターゲットを絞って効率的にバイトが誘発できるものを選ぶのがベターです。

選択する際はカラーや匂いも考慮する

ワームを選ぶ際のポイントは素材とアクション性だけにとどまりません。ほかに注目すべきは色や匂いについてです。

ワームは同じタイプのモデルでも豊富なカラーバリエーションがあります。クリアを基準に、チャート系からダート系、ラメ入りやラメなしなど豊富な種類が揃っています。エキスパートにはカラーにこだわる人も多く、選択次第で釣果を分かつとされるライトゲームでは、カラーローテーションは基本的な堅釣術とされています。

長めのストレートタイプは特にライトゲームで活躍します。

一般的な例でいうと、定番は無色のクリア、ナイトゲームで常夜灯周りを攻めるときは光色に合わせたレンジやイエロー、ライトクリアブルーなど、月夜や外灯の下でシルエットを際立たせたいときはダークで濃いカラーが効き、夜光虫を活発に捕食しているときはグローが有効だとされています。そのほか、アジには紫外線を反射するケイムラ仕様のワームが効果的で、アミなどのプランクトンを食っている場合は赤ラメ入りで釣果が得られています。このほか、エリアに特化したご当地カラーというものもあり、定番メソッドをベースにいろいろ試してみると良いでしょう。

アジでもメバルでも食い渋ったときに奏功するのが匂いと味で食い気を誘うタイプ。魚の嗅覚と味覚は密接な関係があり、匂いつきのワームはときとして絶大な威力を発揮します。

アジング・メバリングで有効なワーム

アジングでは細くて長いストレートタイプのほか、吸い込みのいいピンテールやまなめかしいアクションをするシャッド系ワームを推奨します。キーワードはしなやかで吸い込んだときにフックが口の奥に届くもの。そのためショートスケールモデルでもボディが太くてボリュームのあるものが向きます。

一方、メバルはゆっくり引いてもテールが微波動を起こすピンテールやパドルテール、そのほかテールの先端に球体がついたラウンドテールも有効です。

注目してほしいのがリブ。リブとはrib(肋骨)の意で、ボディの表面に刻まれた凹凸のこと。リブが深いものは水を受けやすく、くびれている部分が細いほど可動性に優れてしなやかに動きます。設計・デザインによって、滑らかで水抜けを良くしたボディでアクションするワームや、リブがしっかり水を噛み、流れを受けてアピールするものなど多種多様。ちなみにマイクロワインド用は軽くトゥイッチすると左右に飛ぶダートアクションを演出しやすいです。アミ・ムシ系はマッチザベイトのスローな誘いが効きます。

他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました