ハゼ狙いで人気のクランク・トラウトの定番シャッド

クランクでハゼ
大人気のハゼクランク

バスやトラウト用が基本で、ソルトルアーではあまり名前を聞くことがないクランク。小型のミノーのようなスタイルをしているが、大型のリップが装備されており、潜水能力が高いのが特徴だ。

クランク

クランク(クランクベイト)

ソルトルアーではハゼを狙うためのハゼクランクとして近年盛り上がりを見せた他にチヌ狙いで使われている。

クランクベイトの一番の特徴は丸っこいファットなボディと大きく長いリップ。浮力の高いボディと潜行力の高いリップという相反する組み合わせだ。深いレンジまで潜って素早く浮くためにこのような形状となった。

使い方は引いてストップ、引いてストップを繰り返す。ラインを引くとその大きなリップの潜行力を利用して深いレンジまで潜る。引くのを止めるとそのファットなボディの高い浮力で一気に浮き上がる。この特性はボトムを叩いては浮き上がるというアクションを繰り返すのに都合がよい。

ハゼやチヌ狙いでクランベイトが使われるのはこのアクションが効くからだ。ハゼやチヌは海底にいるカニやエビなどの甲殻類を好んで捕食している。これらの甲殻類が海底で動いたときに砂煙が上がる。この状況をクランクベイトでは再現しやすいのだ。

クランクのアクション。

ラインを引いてルアーを潜らせ、ルアーのリップがボトムに当たったら、引くのをストップしてルアーを浮かせる。また直ぐに引いてボトムに当たったらストップを繰り返すと、海底で甲殻類が逃げているような砂煙を再現できるのだ。また、ボトムにルアーのリップが付いた状態で底を引きずるように引くのも効果が高い。

シャッド

シャッド

シャッドは、もともとは実在する小魚のアメリカでの名称で、バスが好んで捕食するので、それに似せたルアーを作ってそのままシャッドという呼び名となった由来がある。

基本は小型のミノーのようなものだと考えればよいだろう。フローティングやシンキングタイプがある。しいて違いを挙げるならばシャッドのほうがリップが長くて大きめだということと、ボディが多少平たいというところだが、これもメーカーによってさまざまで、極端な話、メーカーがシャッドだと命名したルアーがシャッドということになる。バス用のシャッドにはサスペンドと呼ばれる浮きも沈みもしない浮力が設定されているものが多いが、ソルトルアーでは、やや深いレンジを探れる小型のミノーにシャッドという定義を与えられているものがあるようだ。

使い方はミノーと同じで構わない。基本はキャストしてラインを引くだけで、小魚のように小気味良くアクションしながら泳ぐ。リップが大きいので速巻きしても安定してレンジをキープすることが特徴だとも言える。しかし、このリップが水を捕らえて引き抵抗も強くなるのでミノーと比べると扱いにくく感じるかもしれない。

シャッドテールのワーム

また、ワームと呼ばれるソフトルアーの中にシャッドテールと呼ばれる形をしたものがあり、それを指してシャッドと呼ぶこともある。シャッドという名称のルーツは同じだが、ハードルアーとソフトルアーで全く別物となるので混同しないようにしたい。

タイトルとURLをコピーしました