ミノー/王道ルアー フローティングとシンキングの使い分け

ミノーでヒラスズキ
ミノーにヒットしたヒラスズキ

小魚に模したミノーは、いわゆるこれがルアーだ! というスタイルをした王道ルアーで、魚が尾を振るさながらのアクションで泳ぐ。最大の特徴はリップと呼ばれる潜行用のフィンが付いていることだろう。ラインを引くとこのリップで水の抵抗を受けて潜っていく。引けばどこまでも潜っていくというわけではなく、決められたレンジをキープするように設計されている。設定されているレンジは水面下50〜100㎝くらいのものがメインとなっている。

使い方はタダ引きが基本でこれで十分にアクションする。ときどきトゥイッチを入れるのも定番だ。

シーバスや青物狙いでの必需品で、小さなものはメバル用などもある。大きさはターゲットによってさまざまなものがラインアップされているが、90〜140㎜くらいのものが標準的だ。

ミノー

フローティングとシンキング

多くの製品にフローティングとシンキングの設定があり、水に入れるとフローティングは浮き上がり、シンキングは沈んでいく。中に入れられているオモリの設定によって浮力が変わるためで、見た目は一緒だ。商品によってはサスペンド(浮きも沈みもしない)を設定しているものもある。

フローティングは浮いた状態から引くと、海中に潜ってメーカーが設定した一定のレンジをキープするためキャストして着水したらすぐにラインを巻き始める。シンキングは着水後カウントダウンして自分が探りたいレンジまで沈めてからラインを巻き始めることで、アングラー自身が狙いたいレンジを通すことができる。そのため、使っているルアーがどれくらいの速さで沈んでいくのか、ある程度把握していなければならない。

このとき注意しなければいけないのが、ラインを引く速度、つまりラインを巻き取るためにリールのハンドルを回すスピードだ。あまり速く巻き過ぎると、リップでの潜行力よりラインに引っ張られる力が上回ってルアーが浮き上がってしまう。逆にあまりに遅過ぎるとフローティングタイプは浮き上がり、シンキングは沈んでいく。

リールのハンドルを回すスピードはルアーによって異なってくるが、大方1回転/1秒くらいを目安にするとよいだろう。これくらいのスピードで引くと自分がイメージしたレンジをキープしてルアーをトレースしやすい。

フローティングはシンキングより軽くなっているので、軽快に動き、アクションが大きく波動が強くなりやすい傾向がある。また、同じルアーならシンキングタイプはフローティングタイプよりも重量が重いため、キャストで飛距離を出すことが可能だ。より遠投が必要な場面ではフローティングタイプよりもシンキングタイプが活躍しやすい。

フローティングタイプとシンキングタイプでどちらを使用したら分からない場合、ナイトゲームや朝・夕まづめ時にはフローティング、日中はシンキングがよいだろう。どちらを購入しようか迷ったときはフローティングタイプを選ぶのが基本となる。

リップレスミノー

リップレスタイプとは

リップがないタイプは、文字通りミノーの特徴ともいえるリップを廃止したり、ボディと一体化したモデルで、リップレスミノーなどとも呼ばれる。頭を斜めにカットしたような形状が特徴となっており、リップを廃することで得られる最大のメリットは飛距離アップだ。

ミノーのリップはキャストの際に飛行に必要な空気の流れを乱しやすく空気抵抗などになりやすい。そのためリップが大きいと飛距離が伸びない傾向にあるが、それを無くすことにより「よく飛ぶルアー」を実現できるのだ。

多くのモデルはリップを無くしたことにより潜行レンジが浅くなる。水面下30〜50㎝くらいのレンジをキープするように設計されているものが多いが、水面直下を探れるため、通常のミノーでは根掛かりしたり、底を叩いてしまうようなシャロー(浅い場所)を攻めるのに使われる他、魚が浮き気味のときなどにも威力を発揮する。

リップレスでもフローティングとシンキングがある。シャローを攻めたり、水面直下を探りたい場合はフローティングタイプ、飛距離重視で使うならシンキングタイプがよいだろう。

タイトルとURLをコピーしました