マダイ狙いはタイラバ インチクは根魚を狙い撃つ

タイラバにヒットしたマダイ
タイラバにヒットしたマダイ

タイラバやインチクは重量があり、基本的にボトムを探るためのルアーだが、タダ巻きで簡単にさまざまなターゲットを狙うことができる。特にマダイや青物、根魚などを狙うのに適したルアーだ。

タイラバ

マダイを狙うためのタイラバは、基本的にはオフショアで使うルアーだが、ショアからでも高い釣果を発揮する。他のルアーと異なり、ベイトとなる生物を模倣したような形ではないが、マダイをはじめ青物や根魚などのターゲットがよく釣れる。

ネクタイ、スカート、フックから構成されるユニットと呼ばれるパーツと、金属製のヘッドを組み合わせることでひとつのルアーとなる。かつてはヘッドを含め、全てが一体化した固定式と呼ばれるものだったが、現在ではヘッドが別となった遊動式が主流だ。ヘッドは船べりから落とすことを前提とした丸型や円柱型が主流だが、各メーカーからキャストすることを前提とした形状のものも発売されているので、ショアではそのようなものを選べばより使いやすい。

使い方は「沈めて引く」だけ。着底させたら後は一定の速度でラインを巻いていく。そしてルアーがある程度浮いてきたら引くのを止めて、再び着底させてから引く、ということを繰り返す。

アタリがあった場合でも魚がルアーのネクタイを噛んでいて、フックに掛かっていない場合もある。すぐにアワせずにそのままのスピードでラインを巻き続け、フックに掛かった魚が反転してもう一段階しっかりとテイップが入る手応えを感じたらアワセを入れるとよい。

ネクタイやスカートはフグなどにかじられて量が減ったり、短くなったりする場合がある。フックが伸びたり曲がったりするケースもある。そのような場合はスペアパーツが販売されているので利用するとよい。また、それらのパーツを利用して自分好みにカスタムして釣果を上げているアングラーも多い。

インチク

もともとは漁師が使う漁具がインチクだったが、釣り人が一般の釣り用として進化させていったルアーの一つだ。

見た目はタイラバとよく似ているが、ヘッドが固定式でネクタイやスカートの代わりにタコベイトと呼ばれるものが装着されているのが特徴だ。メタルジグとタイラバを合体させたようなものと思えばよいだろう。

使い方はタイラバと同じでも構わない。キャストして着底させたらタダ引きするだけでタイラバ同様にマダイや青物、根魚などが狙える。また、インチクは特に根魚狙いで使われることが多い。

根魚狙いで使う場合はひたすらボトムを叩いていく。着底させたら、ロッドを大きくジャークした後にロッドを下げる。ルアーが海底から浮き上がるが、直ぐにまた着底する。ルアーがボトムに当たる「コンッ」という感触が手元に伝わったら再びジャーク、を繰り返してボトムを丹念に探っていく。テンポはゆっくりで構わない。小さくジャークして、チョンチョンチョンというイメージでルアーを海底で跳ねさせるのも効果的で、大小のジャークを組み合わせて動きに変化を付けるとターゲットに見切られにくい。

タイトルとURLをコピーしました