トップを狙え! 多彩なアクションのペンシルたち

シンキングペンシル

ペンシルはミノーのリップを完全に取り去ったような形状で、細長いものからややファットなものまでさまざまなものがラインアップされている。リップがないため、海中には潜っていきにくく、基本的には表層を探るためのルアーだが、沈めて使うタイプもある。

シンキングペンシル

アクションはミノーのようにキビキビと動かない。「これで魚を誘えるの?」と思うくらいフラフラとした動きだ。しかし、この動きが弱った小魚を演出してターゲットの食い気を誘うのだ。

ミノーはアクションが大きい=波動が強いため、魚がスレやすい。シンキングペンシルはミノーと違ったナチュラルな波動で誘うため、ミノーに反応しないような状況で投入すると釣果を得やすい。ローテーションの一つに加えたいルアーだ。

シンキングペンシルのドリフト釣法で捕らえたシーバス。

季節によってはシンキングペンシルが圧倒的に強いときもある。これは浮きぎみで動きの弱いものをターゲットが捕食しているときだ。ベイトがバチと呼ばれるゴカイなどのムシや弱ったイワシなどになっているときがそれにあたる。また、河口でドリフト釣法でシーバスを狙うときも必須のルアーとなっている。

沈む速度はゆっくりでリップがないため、少しでも速いスピードで引くとすぐに浮き上がってしまう。使い方はキャストして着水後、すぐに引いて表層〜水面直下を探るというのが基本だが、カウントダウンして沈めれば任意のレンジを探ることができる。この場合は一定のレンジをキープするためには、かなりゆっくりと引かなければならない。

波動が弱いため魚を寄せる力は小さく、ターゲットの目の前を通してやる必要があるが、リップがないためキャストで比較的飛距離を出しやすいのも特徴となっている。

フローティングタイプのペンシル

フローティングペンシル

一方、フローティングペンシルは、表層に魚を誘い出して狙ういわゆる「トップウォーターゲーム」のためのルアーだ。

シンキングペンシルのフローティング版とも呼べるルアーも存在するが、フローティングタイプのペンシルのほとんどのものは扱い方がちょっと異なる。

最大の違いは水面に浮いたときの姿勢となる。シンキングペンシルのフローティング版は水に浮いた姿勢がほぼ水平だ。しかし、ペンシルベイトと呼ばれるほとんどのものは、後ろが水の中に沈んで頭を水中から出した状態で浮く。この状態からラインにテンションを掛けると、お辞儀するように頭を水中に突っ込み、弧を描くように泳ぐ。チョンっとロッドを下げるようにしてラインにテンションを掛けて、すぐにテンションを抜くという動作になるが、これを連続して行うことでドッグウォークと呼ばれるアクションになる。シーバスやクロダイ、メバル狙いなどでよく使われるアクションで、多少コツを掴むことが必要となるが、慣れればそんなに難しいものではない。

ドッグウォークイメージ

トップウォーターゲームの最大の特徴は、魚がアタックしてくる瞬間が見えるということだ。水柱が上がり、魚の背びれが海面を割る。視覚的な要素が強いため、興奮度も高く、このトップウォーターゲームを好むアングラーは多い。

ちなみに水平に浮くものは、タダ巻きでヨレヨレと泳ぐアクションでターゲットを誘う。

ダイビングペンシル

ダイビングペンシル

トップウォーターゲーム用で大型青物やGTなどのビッグターゲットを狙うためのルアーがダイビングペンシルだ。ルアーサイズも150〜250㎜、60〜150gとかなり大型となっている。もともとはオフショア用のルアーだが、ショアからも使え、磯からのヒラマサ狙いなどで好んで使用するアングラーが多い。

基本はフローティングタイプで、水に入れると、後ろが水中に沈み、頭を水面から出したように浮く。この状態からラインにテンションを掛けて引くと、水中に頭を突っ込み、S字を描くようにスイムする。

ダイビングペンシルのアクション

刀を振り下ろすような独特のロッドワークで操るが、慣れるまでちょっと難しい。ラインのテンションが抜けた状態から一気にテンションを掛けてラインを引く。ルアーの頭を水中に突っ込ませグッと引くようなイメージだが、このときの力加減、スピードが重要だ。力が弱過ぎたり、スピードが遅過ぎるとルアーが水中にダイブしない。逆に速過ぎたり強過ぎると水面から飛び出してしまう。程よい力加減で操作できるようになるまで練習が必要だ。

また、ターゲットがそのときどきでどのようなアクションに反応するか変わってくる。そのため水中でスイムする距離をショート〜ロングと自在に操れるようにならなければならない。釣りの性質も含めて上級者向けのルアーだと言える。

ポッパー(ペンシルポッパー)

ポッパー(ペンシルポッパー)

ポッパーはトップウォーターゲームに使われるルアーの代表格で、小さいものから大きなものまでサイズもさまざまある。メバルからチヌ、シーバス、さらにヒラマサやGT狙いなどでも使われる定番のルアーだ。

口のあたりがカップのように窪んだ独特の形状となっており、このカップが水面に当たるときにカポン、カポンというポップ音と水しぶきを上げ、広範囲にアピールする。

フローティングとなっており、水に入れると後ろが海中に沈み、頭を水面から出した立ったような姿勢で浮く。

その状態からラインにテンションを掛けると、頭を水面に突っ込み、ポップ音と水しぶきをあげる。テンションを抜くとまた水面から顔を出す。

ポッパーのアクション

アクションさせるコツはラインのテンションを抜いた後、再度テンションを掛けるまでに間をしっかり取って頭を確実に水面から出すことだ。そうすることによって、より大きな音、高い水しぶきを上げてアピールすることができるが、ポッパーをアクションさせるのはダイビングペンシルなどに比べると極めて簡単だ。初心者でも扱いやすいので最初のトップウォータープラグとして最適だろう。

ゆっくりとしたテンポで操り、テンションを掛けるときに少しラインを引くとドッグウォークしながら水しぶきを上げポップ音を出す。このアクションがかなり効果的だ。

タイトルとURLをコピーしました