<ジギング>ショア・オフショアとのフォールの違い

ショアジギングではオフショアのフォールと若干違いが生まれます。微妙な違いを理解しておくと、ポイントをより正確に狙うことができ、釣果に差が生まれます。では一体どこが違うのでしょうか?

<ショアジギング>オフショアとの違い

ショアジギングではオフショアのように真下にジグを落とすことはまれで、ほとんどがキャストして投入します。だからジグは斜めに海中へと入ることになります。

そうすると、ジグは必然的にヒラを打つような形となり、まっすぐにフォールせず、なんらかのアクションが加わります。

フリーフォールでジグを落としてもラインの抵抗が釣り人側へと引っ張られるようになるので、微妙にカーブフォールとなりやすく、プラスしてアクションが起こりやすくなります。

もっとも海水の抵抗でもジグはアクションを起こすので、丸玉オモリのようにストンと海底へ落ちていくことは少ないです。

このことを気をつけながらフォールさせることで、毎投違ったアクションをメタルジグに起こすことも可能となるのです。

フリーフォール時

リールのベイルを起こしたままにしておけば、ラインはジグの重さでスプールからポロポロと出ていきます。これをフリーフォールと呼びますが、テンションは常にスプール、ロッドガイド、海水や風という風に少なからず掛かっています。

さらに抵抗を減らしたい場合には、ラインにテンションが掛かる前に、ラインスラックを出してやると良いでしょう。どの釣りでも抵抗なくルアーを沈めたいときに有効な方法です。

テンションフォール時

リールスプールに指を添えてフェザリングしながらラインの放出量を調整したり、ラインを全く出さずにフォールさせたりするのが一般的です。イレギュラーな演出を起こすために、テンションを強めたり弱めたりしてフォールさせるのもいいでしょう。これだけでも違いが現れます。

ただリアフックを付ける場合はラインを張っていると、リアからボトムに落ちるので根がかりの原因になります。底を取りやすいテンションフォールですが、投げるルアーに合わせたアクションを心がけましょう。

リアフックを付ける場合は特にテンションフォール時の根がかりには気をつけよう。

ロッドの角度にも意味がある

フォール時、ロッドを上げてラインをできるだけ空中に浮かせた場合と、ロッドティップを海水に浸けた場合では、ラインの放出速度が変わります。これに風の抵抗が加わればもっと変わってきます。自然条件を確認して、それをうまく利用しながら魚を狙うのが魚釣りの本質といえます。今までフォール時になんとなくロッド操作していた人は、次回から見直してみると釣果が変わるかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました