魚の漢字の由来/狭い腹 サワラ

サワラが産卵のために瀬戸内海に入ってくるのが春。そのため春告げ魚とされ春の字が当てられた。地域によっては冬に旬を迎え、寒鰆と呼ばれて珍重される。体型が細長く狭腹が転じてサワラとなった。

サワラ/スズキ目サバ科

世界でも日本近海のみに生息する固有種で、春から秋にかけて沿岸の表層を群れて遊泳しています。一般的に体長が60cmまでをサゴシ、それ以上をサワラと呼び1m程度まで成長します。平たく細長い体型で体側に7〜8列の小さな暗色斑点が並びます。鋭い歯があるので取り扱いには注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました