もう悩まない! メタルジグのフックチョイス

標準でフックが装着されていないメタルジグでは、どのようなフックを装着すればよいのか悩むアングラーも多いようだ。フック選びとセッティングの基本的な考え方を紹介したい。

タックルバランスが重要

タックルはロッド、ライン、フックのバランスを考えることが重要だ。

釣りにおいてタックルバランスというのは非常に重要だ。その中でも、ロッド、ライン、フックというのは非常に綿密な関係にある。それゆえ、フックチョイスは使用するロッドやラインとバランスを考えることが要となってくる。

例えば、ヒラマサなどパワーのあるターゲットを狙う場合、200g程度のメタルジグを扱える強いロッドにPE3〜4号などの太いラインを組み合わせ、フックも5/0などの大きく太軸なものをチョイスするのがスタンダードだ。

青物用タックルは全体的に強いものを組み合わせるのが基本。

この組み合わせであれば、10㎏オーバーのヒラマサでも、ラインブレイクやフックの伸びを気にすることなく、強気のファイトで魚を寄せることができる。

ベースをこの組み合わせとして、例えば、ロッドをスーパーライトジギングやタイラバ用のライトなものを使用すると、魚がバイトしてきたときにアワせてもロッドが曲がるだけで、なかなかフックを貫通させることができない。また、ラインをPE1号程度の細いものにすると、簡単にラインブレイクしてしまうし、フックをタイラバ用の細軸のものを使用すれば、簡単に伸びたり折れたりしてしまう。

しかし、細軸のタイラバ用フックにPE1号を組み合わせ、軟らかいタイラバロッドを使えば、多少時間がかかるにせよ、同じヒラマサが獲れたりするものだ。

ライトなタイラバタックルでもバランスが適正であれば、時間はかかるが青物を獲ることができる(写真はブリ)。

つまり、フックチョイスの基本は、使用するタックルとバランスさせるということが大切なのだ。

フックサイズ

大型でパワーのある魚を狙うときは強度の高い、太軸で大型のフックを使い、小型の魚を狙うときは吸い込みやすい、細軸で軽量なフックを使うのがフックサイズ選びの基本。また、ターゲットの捕食の仕方や口の形状・大きさなどでもサイズのチョイスが変わってくる。

例えば、マダイのような口が小さく硬い歯を持っているような魚は、青物狙いの大型のフックでは口の中に入りづらい。一般的なルアーフィッシングでは、青物やマグロなどの大型魚を狙うとき以外は、2/0以下のサイズでほぼ事足りるだろう。もちろん、これはタックルバランスが適正だという前提の話となる。

マダイは青物などに比べると口が小さいため、大きなフックではフッキングしづらくなってしまう。

では今度は使用するメタルジグとの相性を考えていこう。

ここで重要な点は、フックがメタルジグを抱かない(引っ掛からない)サイズを選ぶということだ。フックがメタルジグを抱いた状態になると、当然、魚がバイトしてきても、フッキングしづらくなってしまうからだ。

フックがメタルジグを抱くのは、メタルジグの幅と同程度のサイズのフックを選ぶと起きやすくなる現象で、その場合はフックサイズかメタルジグを変える必要がある。

多くの場合、ベイトや水深に合わせてメタルジグをチョイスするので、フックを変えるという方が現実的だろう。このとき、フックサイズは大きくしても小さくしてもよい。もちろん、これはタックルバランスが崩れない範囲で行う必要はある。

フックがメタルジグを「抱いた」状況。これでは魚がアタックしてきてもフッキングしない。

小型のメタルジグに大型のフックを装着すると、アンバランスにも見えるが、ベイトが小さいときはありうるチョイスだ。また、ライトなタックルで水深のある場所を狙うときは、大型のメタルジグに小さなフックというチョイスも考えられる組み合わせだ。

ただし、メタルジグの重量というのも、タックルバランスの中に含まれてくる。強いロッドにあまりにも軽量なメタルジグやライトなロッドに基準を超えた重いものを組み合わせると、アクションさせづらくなることは考慮しておかなければならない。

アシストライン

アシストラインの長さというのも、ある程度は考慮する必要があり、長過ぎるのも、短か過ぎるのも良い結果には繋がらない。

市販のアシストフックを使用する場合は、アシストラインの長さというのはある程度決まってくるため、そこまで神経質になる必要もないが、おおよその判断基準を紹介しておきたい。

アシストフックはフックを含めたアシストラインの長さがメタルジグの1/3〜1/2程度になるのが基本となる。

アシストラインの長さの目安。

青物などはベイトの頭にアタックすると言われており、これくらいの長さにしておけばフッキング率が高くなりやすい。

ただし、ロングタイプのメタルジグの場合はこの範囲に収まらなくても問題ない。アシストラインをあまり長くし過ぎると、フォール時にメタルジグ本体からフックが離れてしまい、フッキングしづらくなるので注意が必要。

また、メタルジグの前後にアシストフックを付ける場合は、フック同士が絡まない長さにすることが大切で、フロントに対してリアを少し短めのものを装着するというのが一般的なパターンだ。

 

タイトルとURLをコピーしました