アジングシーズンに向けて動こう

例年、9~10月はサビキ釣りで小アジが盛んに釣れる時期である。一般的にはルアーを使ったアジングには厳しい季節とされているが、群れさえ回っていればアタリ自体はかえって多い。ルアーで釣れるミニマムサイズのアジに、いかにして口を使わせ、フッキングに持ち込むか。繊細な駆け引きを要求される釣りにハマると、気が付けば毎夜、港に通うほどに奥の深い釣りでもある。

その他、地元に通い詰めたベテラン限定みたいな釣りになるが、朝夕のまづめ時、ごく短い時間にだけ食いが立つ良型のアジを狙うこともできるから、玄人衆にも見逃せない時期である。

釣り場選びのコツ

ポイント選びの基本となるのは潮通しの良い場所。アジのエサとなるプランクトンや小さな生物が潮に乗って流れてくるからだ。ナイトゲームでは常夜灯周辺が鉄板ポイントとなる。上げ潮では湾奥にも多くのアジが入ってくる。

どのエリアで釣るか? これが開始点であるが、釣りの結果を左右するといっても過言ではない重要な部分でもある。一番手っ取り早いのが、地元釣具店がネット上に出しているアジの釣果速報であり、「サイズ~cm」という表記を見て判断。あるいはアジの写真が出ていれば、その画像からアジングが可能なサイズ&エリアを確認することができる。目安としてアジのサイズが10cmを超えるあたりからジグヘッドリグで狙えるようになる。そのサイズのアジがサビキで釣れていればチャンスはあると考えていい。

自分でポイントを探すのは手間が掛かるが、それも楽しみの一つである。おおよそ釣れるエリアの選定ができたら、夜の港をあちこち見て回ってみるといい。常夜灯の下で小魚が盛んにライズしていたらルアーを通してみよう。アジの群れならきっと反応があるはずだ。

ミニマムサイズに挑むタックル

ジグヘッドは1.0gを基準にその前後を揃えておくとよい。根掛かりなどによるロストも考えられるので、よく使う重量のものは十分な数を確保してきたい。

この時期、まだアジは小さい。ジグヘッドは1.0gを基準に、それより軽いものを0.4gまで揃えておけば大体間違いはない。しかし、なぜか極小メタルジグのフォーリングにだけ反応がある日もあり、メタルジグや1.0g以上の重さのジグヘッドも持って行くことをおすすめする。

相手のサイズがサイズなので、ルアーのシルエットにも極小を要求されることがあり、0.4gのジグヘッドにワームの尻尾だけをちぎって刺さないとアタリが出ないこともある。そんなときはフロートやキャロシンカーを使う必要が出てくるが、アタリの数ではジグヘッドリグ単品には敵わない傾向がある。

シンカーやフロートを出すほどポイントが遠くはないが、風でキャストが難しいようなときは、ラインに直接ジンタンオモリを10cm間隔で3~5個追加して様子を見る手もある。フォールスピードの微調整もできるので意外にこれでアタリが続くこともある。

ロッドはアジング用を選べば間違いないが、メバリング用やトラウト用も流用可能だ。リールは1500〜2000番クラスがちょうどよい。

ロッドは普通のアジングロッドでいい。ロッドティップは柔らかい方が食い込みは良くキャッチ率も上がるが、あまり柔らかいとキャスト性能が下がる傾向にあるので、その辺はケースバイケースになる。

リールは一般的にアジングで使われる小型スピニングリールで良いが、巻いておくラインは細い方が有利となり、0.3号あたりまで細くできれば申し分ない。1号でもいけることはいけるが、飛距離の点でどうしても劣り、使えるジグヘッドも重めのものに限定される。

釣り方のキモ

さまざまなテクニックを駆使して、繊細なアタリを捉える。これこそがアジングの醍醐味であり、難しさでもある。

相手は小さい。こちらがどんなに繊細な仕掛けを用意したとしても、アジにとっては目を見張るような大きさとなり、ほんのわずかな変更が明暗を分けることもある。例えばジグヘッド、1gと0.8gではフォールスピードにほとんど違いがないように思えるが、替えるだけで極端にアタリが多くなったり、空振り続きだったものが急に連続ヒットしたりと微妙な差で釣果に雲泥の差が出ることも多々ある。

一般的に軽くした方がアタリもフッキング率も向上する傾向があるが、アジが食ってくるタナに届かなかったり、フォール中のルアーにしか反応しなかったりというときには、逆に重くしていった方が釣れるときもある。こういったことを考慮すれば、手数の点でヘッドの重さは各種用意しておきたい。

ルアーアクションは、基本的に水面近くのスローリトリーブとなるが、潮流や風流れがある場合は流しっぱなしのドリフトで、余分な糸フケを巻くだけになることも多い。

フォーリング中によくアタリがある日には、糸を出さずにラインテンションを保ったままリグを沈めるカーブフォールでアタリを待つといい。沈む最中にティップで小刻みなアクションを入れて誘いをかけてみるとアタるときもあり、また、極低速でルアーを引くことによってリグのフォールスピードを遅くすることもできる。

とにかく、アクションに関しては、ほったらかしのドリフトから、リフト&フォールまで、気のせいと思えるほどの微妙な調整を幅広くやってみて、アタリが出てかつ食い込むバランス点に行き着くまでのトライ&エラーとなり、腕の見せ所である。

やはりマッチ・ザ・ベイトが柱

ワームのカラーや形状もいくつか種類を揃えておきたい。定期的にローテーションをして反応を見るのもよいだろう。

ルアーのカラー変更でアタリの数が変わってくることもある。多くの場合、メインとなるベイトの色に似せればよく、何かの稚魚を食っていると思われるときはクリアーラメ、近くでサビキをやっている人のマキエに好反応を示している場合はオキアミカラーと、大まかな傾向はあるが、意外に「これじゃないと駄目」と言えるほど決定的な違いが出ることは少ない。カラーはお気に入りの物をいくつか持っていれば大体カバーできる。

またシーバスを狙うときなどは同じルアー同じ攻め方を続けるととたんに魚がスレて釣れなくなるが、アジは大群で移動しているためか、それほどスレることに対して神経質になることはない。むしろ、突然アタリがでなくなるようなときは、釣れたアジが暴れる様子を見てシーバスやイカが寄ってきた場合であることが多い。もちろん、そんなときは寄ってきた獲物を素直に狙うことにしよう。

タイトルとURLをコピーしました