Tackles Scramble 釣り道具「竿 その3」

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

かつて、オリムピックのグラスの磯竿に「わかさ」、「ちちぶ」という商品があった。

北九州のチヌファンに絶大な人気を誇った若松敬竿さんが1969年に著述した記事には同じくオリムピックの「のと」「どとう」さらに大和(現在のダイワ)の「ひらど」という竿名が登場している。

この時代の竿に号数表示はなかったのだ。時代が下ってやがて1号、2号、さらには1.5号、1.75号などと細かな設定が誕生するに至る。

スポンサーリンク

竿の号数とはハリスの太さ

フカセ釣り

「わかさ」や「ちちぶ」、「ひらど」といった竿には、もちろん調子や硬さなどの個性があり、釣り人は自分の好みに応じた商品を選んで使っていた。

しかし、すでに愛用しているベテランなら問題はないが、釣りのビギナーにしてみると号数表示のない竿は選択の基準が分からない。

小中型のグレ釣りを楽しみたい、離島で大型のグレを仕留めたい、チヌ釣りしかしないなどなど、釣り人の要望はさまざまにあるのだ。

その点、現在の標準表記である1号、2号は非常に分かりやすい。メーカー間でもほぼ共通しているから迷うこともない。

フカセ釣り

ここで、号数のおさらいをしておこう。

改めて説明するまでもなく、磯竿の号数は適合ハリスの数字を示している。1号竿の適合ハリスは1号、2号竿は2号ハリス、3号竿は3号ハリスというわけだが、?と感じる釣り人も少なくないはずだ。

1号竿に1号ハリス? これには間違いなく違和感を覚える人が多いのではないだろうか。さらに、では0号竿ならどうなるのかという疑問も湧く。0号ハリスなどあるわけがないし。

つまるところ、この数字は最初に設定するときの目安だったとは推測できるが、磯釣りで1号ハリスを使う機会はほとんどない。

また、近年登場した0.8号竿だと0.8号ハリスになるが、これもあり得ない。個人的な感覚で判断すると、竿の号数と適合ハリスは次のようになる。

○0号竿/ハリス1.25~2号
○1号竿/ハリス1.25~2号
○1.25号竿/ハリス1.25~2号
○1.5号竿/ハリス1.25~3号
○1.75号竿/ハリス1.5~3号
○2号竿/ハリス1.5~5号

もちろん、異論をお持ちの方は大勢いらっしゃると思うが、ここではこの指標に従って話を進ませてもらう。

適合ハリスはどこまで信用できる?

フカセ釣り

ここで適合ハリスの意味を考えてみよう。

1号竿の場合、適合ハリスは1.25~2号としたが、では3号ハリスを使うとどうなるのだろう?

3号ラインの標準直径は0.285㎜で、引っ張り強力は12‌lb=5.4㎏になる。引っ張り強力とは両端を持って引っ張ったときの荷重(重さ)を表している。

強度と強力の違いはいずれライン(道糸&ハリス)の項で説明しよう。

したがって、5.4㎏以上のパワーで引っ張ると3号ハリスは切れるという計算になるのだが、道糸の伸びと竿の弾力があるから計算以上のパワーを発揮する。

そのパワーを6㎏と仮定したとき、では1号竿にそこまでの強度はあるかということになる。答えはノーだ。それだけの荷重をかけると折れてしまう。

1号竿の標準ハリスは1号だから、1.8㎏までの魚のパワーには耐えられる。

磯竿

だが、それ以上は保証できないというのだ。とはいえ、前述したようにラインの伸びと竿の弾力がある。それを存分に利用すれば2号ハリスの3.6㎏までは十分耐えられるはずだ。

勘違いしないでほしいのだが、ハリスの引っ張り強力はあくまでも静荷重だ。抵抗しない魚を抜き上げる場合の重さを示している。抵抗する魚のパワーは加算されていない。

引きにひたすら耐えたとすると、魚の重量以上のパワーが加わることになる。それをどうかわすかが技術になる。

0号竿と1号竿、1.25号竿

フカセ釣り

0号竿、1号竿、1.25号竿の適合ハリスはいずれも1.25~2号と表示した(個人の感覚だが)。

では、0号、1号、1.25号の違いはなにを意味するのだろう? そこには数字では表せない違いがある。

それが腰の強さで、ハリ掛かりした魚をコントロールする能力といえば分かりやすいだろう。

0号竿で食わせたとき、魚が大きいと余裕がなくなり、耐えることだけに集中しなければならず、とても動きをコントロールなどできない。

だが、1号竿なら余裕ができ、1.25号ならこちらが優位に立てる。磯際や底近くでグレを食わせる場合はぜひ1.25号にしていただきたい。

魚のパワーは種類やサイズによって異なるし、同じ魚、同じサイズでも時期によって違う。

当然、個体差もある。そのため、グレの40㎝クラスだから、チヌの50㎝オーバーだからこの竿、このハリスとは一概に決められないのが釣りの難しさ(面白さかな?)といえる。

いうまでもなく、取り込みの技術も大きく影響している。ビギナーなら太いハリスと硬い竿が必要だし、ベテランは細いハリスと軟らかい竿でも十分取り込める。

さらに、腰が強いと重たい仕掛けを投入しやすいというメリットがある。自重10gまでのウキなら0号竿でもなんとかなるが、15gを超えると投入しづらくなる。向かい風では特にそれがいえる。

                                     著者:尾田裕和

Amazonで売れ筋の磯竿
リバティクラブ 磯風
ダイワ(DAIWA)
¥8,600(2024/02/26 16:34時点)
1本でさまざまな魚を狙えるよう、扱いやすく丈夫な設計でクセのない調子に仕上げた万能竿。ウキを使ったフカセ釣りからサビキ釣りまで幅広く使用できるラインアップ。
ホリデー磯
シマノ(SHIMANO)
¥8,250(2024/02/26 16:34時点)
カーボン素材を刷新することで軽快な操作性を実現。より多くの人が扱いやすくなっている。外装は本格志向のクールデザインを採用。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました