ルアーのカラーチョイスに欠かせない「反射」について

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

ルアーは泳がせて使うものであるが、泳ぎ方だけで釣れるわけではない。カラー(コントラスト)も重要で、その中で反射素材を使用したアピール系が多い。

海中で泳ぐベイトを見てもわかるように、ときどき「ギラッ」とする。これもウロコが光に反射したわけであるが、「ときどき」というのが重要なのだ。

いつも光っていてはただの光で、注意を向けさせる要素にはなりにくい。たまに光ることに意味があるのだ。

スポンサーリンク

アクションとの関係

ルアー

ルアーはどのように光の反射を利用しているかというと、多面体やホログラムシールを利用して角度により光るようになっている。

これはルアーの動きにも関係しており、魚のようにクネクネ動くことにより「たまに」光るという演出ができている。

基本的に魚は下からルアーを見上げるシチュエーションが多くなるので、腹側のカラーと側面の光の反射で誘っているということになる。

光との関係

ルアーの反射

この反射を利用するには、少しでも光が必要となる。

夜間の釣行が多くなりがちなルアー釣りでは、明暗を利用した釣りがメインとなるが、このルアーの反射による誘い効果も考えてルアーを選択しよう。

ルアーによる反射の違い

ルアーの反射

ルアーの反射要素は誘い効果を得るためだが、確実に誘えるわけではない。夜間に真っ黒のルアーに実績が高い例もあり、状況によって変化する。

ルアーローテーションの一部として、光の反射を考えてチョイスしよう。

シマノのフラッシュブーストとは?

フラッシュブースト
引用:シマノ

今回のテーマである反射をうまくルアーに組み込んだ仕組みがシマノのルアーの一部に搭載されているフラッシュブーストだ。

ボディ内部にスプリングで反射板を吊るし、ボディを透明(もしくは半透明)にすることで機能するシマノ独自の機構。

反射板をわざと固定しないことで、スプリングによるランダムなフラッシングにより、ウロコの光を再現している。

ステイ中でもフラッシング効果が続くため、効率的に魚を誘うことができる。プラグだけでなく、エギにも搭載されているルアーがあるのでチェックしてみよう。

フラッシュブースト搭載のルアー
エクスセンス サイレントアサシン
シマノ(SHIMANO)
¥1,536(2024/02/24 11:26時点)
状況を選ばないオールラウンダーミノー!フラッシュブースト搭載のアサシン99誕生!
セフィア クリンチ フラッシュブースト
シマノ(SHIMANO)
¥746(2024/02/24 11:26時点)
エギが動かなくてもイカを誘い続ける。クリンチフラッシュブースト。アオリイカが、思わず手を出すフラッシング&キレのダート。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました