これだけは知っておきたい
ルアーの基本

ルアーを選ぶ

釣具店に行くと、ところ狭しとさまざまなルアーが並べられており、最初はどれを選んだらよいのか分からないものだ。

ルアー選びで欠かせないことの一つに、「狙いたいターゲットを決める」ということが挙げられる。さまざまなルアーを駆使して攻略しなければならない魚もいるが、多くの場合、このターゲットを狙うなら、このルアーが定番! というものが存在する。もちろん、どのルアーでも魚が釣れないことはないため、このルアーで何か釣れないかな? というスタンスで釣りをするのも悪くない。多くの初心者は、どの魚を狙えばいいのかも分からない、というのが本音だろう。ルアーを選ぶ前に、まずは「この魚を狙ってみたい」とターゲットを決めることをおすすめする。

ベイトとなっているカタクチイワシと同サイズのルアーを選んだ例。

マッチ・ザ・ベイトとは

ルアーは小魚や小さな海の生物を模倣したものだ。ルアーフィッシングのターゲットとなるのは、こういった小魚や生物を捕食しているフィッシュイーターと呼ばれる魚たちだ。

またターゲットとなるフィッシュイーターが捕食しているエサ(生物)のことを ベイト と呼んでいる。ルアーフィッシングでは、狙いたいターゲットが今どういったベイトを捕食しているか、ということを考えて、サイズや形状、アクションなど、その生物に似せたルアーを選ぶことが重要となる。これをマッチ・ザ・ベイトと呼ぶ。ルアーフィッシングの基本となることなので、常に念頭に置いておいてほしい。

さまざまなルアーのスイムレンジイメージ

スイムレンジ

ルアーを選ぶ上で最も重要なことは、そのルアーがどの レンジ (層)を狙うのに適しているか、ということだ。海の中には数え切れないほど魚が生息しており、 ボトム (海底)に潜んでいるものや、 トップ (海面)でエサを捕食しているもの、 ミドルレンジ (中層)を泳いでいるものなどさまざまだ。そういったターゲットを狙うためには、魚の種類やそのときの状況によって違ったレンジを攻める必要があるため、ルアーにはそれぞれ、得意とするスイムレンジが設定されているのだ。

シンキングタイプとフローティングタイプの違い。

シンキングとフローティング

ほとんどのルアーは海中に入れて放っておくと沈んでいく。このようなものをシンキングタイプと呼んでいる。しかし、中には海に入れても浮いたままのものもある。そういったものをフローティングタイプと呼ぶ。シンキングタイプはミドルレンジ以下を、フローティングタイプはミドルレンジ以上を探っていくのに適している。

海に入れると沈んでしまうシンキングタイプのルアーも、陸上からラインに引かれることによって徐々に浮き上がってくる。しかし、引くスピードを調整して、ルアー自体が沈む速度とラインを引く速度をうまくバランスさせてやれば、一定のレンジをキープしてスイムさせることが可能となる。シンキングタイプのルアーは引くスピードを調整することによって、狙いたいレンジでターゲットにアピールすることが可能となるのだ。

リップの大きさや形状はルアーによって異なってくる。

リップ

ルアーの中には口元にリップと呼ばれるフィンのようなものが付いているものがある。リップは斜め下向きに付けられており、ルアーを引くことにより水流を受け、その推進力でルアーを海中へ潜らせる役目を果たす。

リップの大きさや形状を変えることによって、どのくらいの水深に潜るかということを設定することが可能となるため、メーカーはスイムレンジを想定しながら、ルアーを開発している。

このリップにより、シンキングタイプのルアーは、浮き上がりにくくなり、よりレンジキープしやすくなる。また、フローティングタイプのルアーは引くと海中に潜り、任意のレンジをキープしながらスイムして、引くのを止めると浮き上がる、という仕様になる。

しかし、リップ付きのルアーでも引くスピードが速過ぎると、ラインに引っ張られる力が上回るため、浮き上がってしまう。

タイトルとURLをコピーしました