これだけはやっておきたい! スピニングリール基本のメンテナンス

メンテナンスを怠るとこのように汚れが溜まったり、塩ガミが発生する。

1日の釣りを終えた後、タックルのメンテナンスを毎回しているだろうか? そのままにしている人はいないだろうか? リールを正しくメンテナンスすることで、長く快適な使い心地が維持できる。

基本は水洗い

まず、なにはなくても水洗い。メンテナンスの基本として、これだけは確実に行わなければならない。海水に含まれる塩分は特に金属に悪影響を及ぼすので、これを十分に洗い流すことが重要となる。

水洗い時の注意点としては、シャワー蛇口などを利用して必ず水で洗うということだ。お湯で洗うのはNGなので注意してほしい。内部のグリスが柔らかくなり、流れてしまうこともあるからだ。

このときドラグを確実に締めておくことも重要だ。そうしないとドラグ内部に水が侵入する場合があり、最悪の場合、機能が低下することがある。

また水の中に浸けることも禁止事項だ。内部に水が侵入する原因となってしまうからだ。

ラインが巻かれたスプールは念入りに水を掛けて洗いたい。スピニングリールはラインローラーの部分に汚れが溜まりやすいので、輪ゴムなどを掛けて転がしながら念入りに洗うとよい。

洗った後はよく水を切って水分を拭き取り乾燥させる。このときにはドラグを緩めておこう。

グリスアップ

乾燥させた後はよりスムーズな動きを持続させるために各部に注油しておきたい。

ハンドルノブの付け根に注油する。注油後にノブを回してなじませるとよい。

ベイルの付け根に注油。2箇所あるのでどちらも行う。

ラインローラーへ注油する。注油口のあるモデルはそこからオイルを挿す。ないモデルは直接ローラー部の隙間にオイルを挿す。

輪ゴムをラインローラーの溝に当てて転がすことでベアリング中のオイルをなじませる。

ハンドルを外し、ベアリングへ注油する。反対側もキャップを外して同じように注油する。

メインシャフトの汚れと古いグリスやオイルを拭き取る。

最後にきれいにしたメインシャフトにオイルを少量付ける。後はスプールを組んで終了。

リールに使用する油にはオイルとグリスの2種類がある。オイルはサラサラとしており、グリスは粘度が高くドロッとしている。通常メンテナンスで使用するのは基本的にはオイルだ。リール専用品を使うのが安心できるが、他を代用する場合は、樹脂パーツを痛めないシリコンオイルを使用するとよい。ホームセンターなどで購入できる。

グリスはギア部に使用する。スピニングリールではボディ内部となるので、簡単にはグリスアップできないモデルも多い。

グリスは毎回注油する必要はなく、汚れてきたら古いグリスを拭き取ってから新たに挿すとよい。グリスが注油されている場所にオイルを挿すとグリスを流してしまうことになるので注意が必要。

タイトルとURLをコピーしました