海のスプリンターヒラマサを磯・船で狙う!【キャスティング編】

この釣りの魅力と言えば迫力のバイトシーンが見られることだろう。プラグを操り、水面に意識した巨大ヒラマサがガブリと食らいつく様は、釣り人はもちろん側から見ていても大興奮の瞬間だ。

もちろん、そこからのヒラマサとの強烈なファイトが待っているのだ。アングラーたちが魅了されるのもうなづける。

ショアキャスティングの場合はダイブの幅を変えろ!

オフショアの場合はジギングポイントとキャスティングポイントで明確に分かれているが、ショアからの場合はそういったものがない。水深的にはジギングでもキャスティングでもいける場合がほとんどだ。ジギングで行くか、キャスティングで攻めるかはアングラーの好み次第といったところだが、割合的にはキャスティングを好む人が多いようだ。理由としては、ジギングより大型が狙えるということと、視覚的に迫力がありエキサイティングなゲームが楽しめるということだろう。

キャスティングでもショアからの場合は広範囲を探っていく。狙うポイントとなるものも基本はジギングと同じだが、ジギングでは探りにくい、岸寄りの水深の浅い場所にもルアーを通した方がよいだろう。

ショア・オフショア共通だが、ルアーのアクションはダイブする長さで変化を付ける。ショートダイブやロングダイブを試してみて反応を見ることが基本となる。

キャスティングが好きな人は1日中プラグを投げ倒すのもいいだろう。しかし、ジギングが好きな人で、キャスティングも一応やりたい、というなら、朝一のまだ日が昇りきっていない時間帯を狙うとよい。まだ薄暗い時間帯はベイトが上ずっている可能性が高く、ヒラマサも水面を意識しているからだ。日が登って陽光が差すようになったらジギングにシフトすればよい。また、潮が速すぎてジグがシャクれない、という時間帯もキャスティングをするのに向いている。

ショアキャスティングでは魚がヒットした場合、浮いている分、ジギングよりはファイトは有利となる。ただし、岸寄りの浅い場所で掛けた場合は状況が変わる。ここでもやはり強引にゴリ巻きするしかない。

ダイビングペンシルの操作方法

ダイビングペンシルはラインのテンションが抜けると水面から顔を出した状態となる。そこから一気にテンションをかけると水中にダイブする。これを繰り返して誘っていくが、ロッドの振り幅によってダイブする長さが変わってくる。

ロッドを上げたら…
テンションをかけてないとぴょこっと頭を出して……
振り下ろす。
振り下ろすとラインのテンションがかかって泳ぐ。この繰り返しだ。

慣れるまでは近くの堤防などで練習をしよう。

ショアキャスティングタックルの場合

以前はジギングタックルのルアーだけをプラグに変えるというのが当然だったが、近年はプラグ専用のロッドもラインアップされている。よりプラグのアクションを考慮した仕様となっているため、キャスティングメインの人はそういったものを選ぶのがよいだろう。

ラインはPE4~6号でも問題ないが、本気で10㎏クラスを狙っている人はもっと太いものを使用している場合が多い。しかしラインが太くなれば、キャストでの飛距離は伸びなくなる。

リーダーは4号には80‌lb、6~8号なら100~120lbを組み合わせるとよいだろう。ナイロン、フロロカーボンのどちらでもよいが、根ズレに配慮するならフロロカーボンがよいだろう。キャストの邪魔にならない程度に長めに取っておきたい。3ヒロ以上は欲しいところだ。

プラグは15~19㎝のフローティングタイプが主流だ。ダイビングペンシルとポッパーを用意しておくとよい。重量にして40~70gほどのものが多い。

オフショアキャスティングは着水直後に気を付けろ

オフショアでも大型狙いなら、やはりキャスティングが有利だ。それゆえキャスティングを好むアングラーは多い。しかし、前記したが、オフショアではキャスティングポイントとジギングポイントは明確に分かれている。キャスティングするときはキャスティング、ジギングポイントでは全員ジギングをするということになる。いくらキャスティングをしたくてもしてはならないのだ。

そもそもキャストという行為は危険が付きまとう。狭い船上では十分な配慮の元キャストしなければならない。投げ方も決まりがある。ルアーが船外にある状態からキャストしなければならないのだ。それゆえ、人が多い場合は一度にキャストする人数に制限が入ることも珍しくはない。このときキャストできない人たちはキャビン寄りの安全な場所でジギングをする。そして一流ししたら交代するようになっている。

船外にルアーを出して……
テイクバックからキャスト!
キャスト後前に進もう。

オフショアでのヒラマサキャスティングは岸寄りのシャローがポイントとなる。水深にして30m以下ということがほとんどとなる。つまり、魚が掛かったときの状況はショアとそれほど変わらないということだ。しかもショアよりも大型がヒットする可能性が高い。一気に根に突っ込もうとする20㎏クラスのヒラマサを止めることは容易なことではない。力と力がぶつかり合う真剣勝負がオフショアキャスティングの一番の魅力とい言えるだろう。

誘い方はショアと変わらないが、オフショアでは一列に並んで皆、同じ方向へキャストする。多くの場合、船はドテラ流しで背中から風を受けながらキャストするので飛距離は伸びやすい。その分ラインが出るので、掛けた後、ヘタに走られるとすぐに根に到達してしまう。ドラグセッティングはシビアに行っておきたい。

ヒットするのはルアーの着水直後が多い。つまりターゲットは上を見ているのだ。そのため、着水からスムーズにファーストアクションに移行しなければならない。ここでモタついているとルアーを見切られる原因となってしまう。

フェザリングをきっちり行い、余分なラインスラックを極力なくすことが重要だ。ルアーが着水してからラインスラックを取っているようでは遅すぎる。着水と同時にルアーをダイブさせるくらいの意気込みが必要となる。

オフショアキャスティングタックル

ロッドは8〜9ftのキャスティング専用ロッドが必要となる。ラインはPE6〜8号、リーダーは120〜160lbをセットする。このクラスの大型を狙う場合、ショックを吸収してくれるナイロンリーダーを好んで使うアングラーも多い。リールは5000〜14000番と大型のものが必要となる。

ルアーは18〜27㎝と大型のプラグを使用する。もちろん、ベイトの状況などで16㎝程度を使うこともあるが、大きな魚は大きなルアーにアタックしてくる。オフショアキャスティングでは皆、自身の記録更新を実現する大型を狙っているので、大きなルアーで攻めていきたい。

タイトルとURLをコピーしました