実践しようグレバリ戦略

魚との接点であるハリ。そこで問うてみたいのが、グレバリの選択はどのような基準で選んでいますか?

メーカーで選ぶ。新製品を使う。商品コピーやキャッチコピーで選択する。コストパフォーマンスで購入するなど、個人により違うでしょうが、共通しているのは釣れた実績を持つハリを使いたいということでしょう。

例えば、自己記録を獲ったときに使用していた銘柄、ことごとくバラすときに変更した瞬間に獲れたハリ、良い経験をしたときのハリほど信頼性は高いものとなります。いわゆる、自分だけのラッキージンクスであり釣り人なら誰しも一つはこれを持っているものです。

しかし、商品はいずれ入れ替わり新しいものとなっていきます。特に種類が多いハリなどは、新製品に押されて古くなった銘柄は釣具店から姿を消すものも少なくありません。

そんなときのためにも、次に採用するハリの候補をいつも探しておかなければなりません。どうせなら自分に合ったハリを探しましょう。

今のハリでいいのか?

さまざまな状況に合わせられるハリの種類を用意しておきたいものです。

信頼しているハリでも、いくらかの不安はあるでしょう。突然魚の掛かりが悪くなることだってあります。冷静に考えれば分かることで、いろいろな状況で使うことができるハリはあっても、一つですべての状況を克服できるハリはないということです。

ご存知のように、釣り具の中でもハリの種類は群を抜いて多いです。

「グレバリ」と総称して呼んでいますが、その形状は「伊勢尼型」からきています。伊勢尼型は万能バリとして幅広く使われるハリの一つで、フトコロが深く軸が短いのが特徴です。グレは吸い込むようにしてエサを捕食するため、この形状のハリが採用されています。

ハリの種類を分ける場合、以下の内容で選別します。

  • 号数
  • カラー
  • 形状
  • 軸の太さ
  • 素材
試しにがまかつから発売されているグレ用ハリを比べてみました。こうして見てみると同じメーカーの同じ対象魚でも、それぞれの形状の違いがよくわかります。一つの銘柄にこだわるのも悪いわけではありませんが、多くの状況に対応するためにはそれに合わせた商品知識も重要です。

とはいうものの、愛用するハリは人によりけりで、1種類のハリだけで号数のみ使い分ける人もいれば、号数や形状、重量、カラーを状況に合わせて使い分ける人とそれぞれです。

どちらが正しいというのはありませんが、その日によって正解が変わるというのは分かっています。であれば、「号数・ハリ先の向き・重量」を基準にハリを揃えるのが理想でしょう。

その中で、エサ盗り対策、食わせる戦略、尾長狙いについて掘り下げて説明していきます。

エサ盗りをかわすためのハリ選択

ハリのみでエサ盗りをかわすというのは現実的でしょうか? 答えはノーです。どのメーカーのハリを見ても、「エサ盗り対策用」などと謳った商品は見当たりません。そんなものは存在しないと考えてよいでしょう。なので、エサ盗り対策としてハリを使うというよりも、よりエサ盗りにツケエを取られない対策のために、ハリの種類を選ぶことになります。エサ盗り対策としてハリを選ぶ基準は、色によるアピールを抑えることと、沈降スピードによる目立ちを制御することです。

カラーによる対策

ハリのカラーはどのようなものが好みでしょうか。元は、シルバー(白)とゴールド(金)が基準で、種類によりブラックがあります。ハリの用途は魚にエサを食わせるためのものであるから、光り輝いて魚にアピールして食わせるのがメインの役目です。

だから、光で反射するシルバーやゴールドが基準として使われています。最近ではより目立つように、ケイムラ加工されたものや、平打ち形状でキラキラさせるものも多く採用されています。

このような「目立つハリ」は、アジやサバ、カマスなどを狙うハリに多く採用されており、サビキ的な意味合いも含まれています。

対してブラックのハリは、伊勢尼型にも古くから採用されており、カモフラージュ効果を得るために使用されることが多いです。

話は逸れますが、オキアミがメインのツケエとして使用される前は、魚の切り身や海エビ、湖産エビがツケエの主流でした。特に湖産エビは透き通っておりブラックのハリを刺すとあまり目立ちませんでした。

最近では、ピンク系の色をしたオキアミカラーが、オキアミのツケエを使う際のカモフラージュカラーとしての認知度が高く多くの人が使っています。オキアミに刺してしまえばシルバーのハリでもあまり目立たないですが、ハリの耳がオキアミから出てしまうことがあるため、耳までオキアミカラーのハリが重宝されています。

沈降速度による対策

軸が太いハリは、マキエに入っているオキアミよりも速く沈むことで、より目立ちエサ盗りに狙われやすいと考えられています。しかし、その反面大きなオモリを口オモリとして、エサ盗りの層を一気に突破させる対策も存在します。それに、マキエに配合されているカキ殻など沈下の速い成分に対して、エサ盗りが一斉に追い掛けていくかといえば、そうではありません。もしそうなら、わざと沈下の速い成分を混ぜることで、エサ盗りを縦に分離することが可能です。

では、いったいどれくらいの速度であればエサ盗りをかわすことができるのでしょうか。残念ながら状況により大きく違うため、数値化することは難しく、いろいろと試してみるしかありません。

その中で簡単にできる、ハリの重量を変えて対策をする方法がおすすめです。普段から揃えておかないとできない対策ですが、軽い・普通・重いという3種類の重量のハリを使っておこないます。

5秒と持たないほどツケエがすぐに取られる場合は、まずハリを重くしてみましょう。理由は、マキエの中にエサ盗りが多く入り込んでいるためで、マキエの層を早く突破してその下層にいるであろうグレにツケエを届けるためです。

逆に、ウキに反応がなく、一定時間経ってからツケエが取られる場合。この状況は、見えない範囲でマキエに魚が集まっていることでしょう。マキエとツケエが同調している証拠で良い状況ではあります。しかし、ウキに反応が出ないということはタナが微妙に合っていない可能性もあります。

仕掛けを張り気味にして試してみるのも有効ですが、ハリの重量を軽くして、マキエの上部で同調させるように試してみましょう。

些細なことではありますが、エサ盗りよりも上にツケエを位置させることでツケエが取られる確率を低くすることと、タナが少し上ずることで、ウキにアタリが出やすくなるはずです。

これはほんの一例ですが、道糸や竿の操作ではできない、微妙にツケエをコントロールをすることで、エサ盗り回避だけではなく、本命にツケエを食わせる結果にもなります。

食い込みアップ&フッキング成功率アップのためのハリ選び

食い込みの良さと掛かりの良さは、最もハリに求められる性能ですが、これらは相反する機能です。つまり、この二つの性能の優先度を変えることで、食わせバリと掛けバリが分けられています。

ただし、魚によりエサの食べ方が違うため、食わせる形状と掛ける形状はことなります。なので、グレ釣りにおいての説明をします。

食わせバリ

伊勢尼型は、どちらかというと飲ませることを前提にした食わせバリです。

しかし、飲み込まれるだけではハリ掛かりしていないので、アワセと同時に口から出てしまう可能性があります。そこで、ハリ先を少しネムらせることで口から出そうになったときに、口付近に掛かりやすくしています。魚が完全に飲み込んで喉元にハリが掛かっていれば大丈夫ですが、そうなるとハリスが魚の歯で切られてしまうリスクがあるため、アワセと同時に魚の口元に掛かるのが理想です。

デメリットは、魚の口にハリが入っても、アワセた際にハリ先が魚の口のどこかに触れるだけでは掛かりにくいということ。ハリのフトコロが突起している部分にハマるようになったときにハリ先が貫通します。

掛け優先のハリ

ハリ先をストレート、もしくはそれ以上外側に向けることで、どこかに引っ掛かりやすくしたのが掛け優先のハリ。

内向き形状では突起したものがないと掛かりにくいですが、これはハリ先が皮膚に触れるだけで刺さるきっかけとなるので、引くだけでどこかに掛けることが可能です。このハリ先は、ルアー釣りで多用されています。ルアー釣りでは魚が噛んだり飲み込んだ際に、エサではないと判断されて吐き出されてしまうことが多いため、飲み込ませるのではなく掛かりやすい形状のハリが多いです。

またハリ先がストレートということは、掛かりやすいだけではなく刺さりやすさも特徴です。

デメリットは掛けてからのホールド性の弱さ。内向き形状のハリは掛けてから仕掛けを緩めても勝手にハリが外れることは少ないのですが、ストレート系は抜けてしまうこともあります。ただし、フカセ用のハリのほとんどはカエシが付いているから、さほど神経質になる必要はないでしょう。

やり取り中にバレると次のファイトで弱腰になって悪循環。そんなときに大物が掛かって悔しい思いをすることも。安心してやり取りするためにもアワセのタイミングは重要となります。

尾長用フックの考察

尾長グレ狙いに要求されるハリは、早掛けしても刺さりやすいことと、アワセが遅れて飲まれても、強いアワセを入れることで口元までハリが引き出され、口にガッチリと掛かるというのが理想です。

これまで読んでいただいたら分かるように、食わせと掛けの両方が要求されるものとなり、矛盾が生じます。だから、結局はどちらかを優先しなければなりません。

市販品をみると、「尾長用」や対応などと書かれたハリがあります。流石に食わせ優先というものは見当たりませんが、ホールド性や強度を謳った商品が多いです。要は掛けたら取り込むというのを目指したものです。掛けるまでは釣り人の知識や腕でなんとかしなければならないということでしょう。

ここで日中と夜釣りの違いについても説明しましょう。日中の尾長狙いでは、ほとんどがウキやラインでアタリを取ることができます。

しかし、その反応を察知してからアワせても遅い場合が多く、ハリスを食い切られてしまうことがよくあります。だから、強いアワセを入れたときに、ハリが口内から引き出されて口元に掛かるハリが好まれています。しかし、日中の遠投しての釣りではアタリが判断できるまでにタイムラグが生じやすく、アワセはどうしても遅れ気味になります。

対して夜釣りでは、日中ほど神経質なアワセはしていません。というよりも視認性の悪さも加わりできないと言った方がよいでしょう。夜釣りの尾長狙いでは、浅い場所を狙うことがセオリーで、浅場でエサを食った尾長は横方向に走りやすいこともあり、アワセのタイミングが遅れてもなんとかなることが多いですし、そもそも使っているハリスが太いから切られる確率も下がります。夜尾長に要求されるハリは、力勝負できる強度が高いハリが選択の基準になります。

人気の尾長バリ
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました