脱・フカセ釣り初級者! 堤防からのチヌ攻略がコレだ

堤防で狙うチヌは、フカセ釣り初級者にとって入門しやすいが、基本を覚えるまでは思うような釣果に恵まれない。

師匠と呼べる先輩がいれば手っ取り早いが、その先輩をも上回る攻略の基礎を伝授しよう。

最高の1尾を釣り上げよう!

まず「底を中心に狙う」ことがチヌ釣りの基本である。それは釣り場の水深を測ることから始める。市販のタナ取りオモリなどを使い、きっちりと水深を測ろう。その測り方にもコツがある。適当にやるのではなく、自分が釣る範囲の海底の地形を把握しておくことに意味があるのだ。

魚探で底の地形を見るように、水深を測りながら海底の様子を判断していく。釣りに慣れてくると怠りがちなことだが、釣果が上がらない人は初心に戻り、水深を測ることから始めるといいだろう。

仕掛けは半遊動か移動仕掛け

底付近を狙うのだから、全遊動や全層釣法で狙うのは効率が悪い。もちろん例外はあるが、この2つの釣法で狙いたいのであれば、しっかりとその釣法をマスターしてから行うことだ。タナを決めて釣る場合は、潮の干満による水深の変化が読み取れる半遊動か移動仕掛けが基本だ。水深が竿1本もない場所なら固定仕掛けでも問題ない。

タナの調整は怠らない

最初に狙うタナは、海底から30cm以内に設定する。しかし、下げ潮狙いでは水位が下がるに従い根掛かりなどが起こって知らせてくれるが、上げ潮狙いでは再度水深を測るまでどれくらい水かさが高くなったのかわかりづらい。堤防の水跡などで判断できるが、最初は勘に頼らず水深を測り直すようにしたい。また、最初に設定したタナで釣れない場合、狙うタナの微調整が必要だ。底から30cm以内を狙っている場合、それ以上深くして底をツケエが這うように設定するか、もっと上のタナを狙うかになる。

エサ盗りを含め魚の活性が全体的に高い場合は、少しずつタナを上げるのが目安だ。理由は、チヌの活性も上がりマキエによってチヌの遊泳層が上がっていることも考えられるからだ。しかし一気に浅くするのではなく、10cm単位くらいで徐々に対応していく。

逆に魚の活性が全体的に低い場合、底にツケエを這わせるのも有効だ。ベタ底をチヌが泳いでいたり、底にあるエサを捕食しているケースもあるため、海底に注視しているチヌに見つけてもらえやすい。

底這わせで狙う。チヌが海底に興味を示している。

マキエは重く粘りを出す

マキエ選びにもポイントがある。チヌ用の配合エサなら間違いない。

底付近を狙うわけだから、マキエは底に溜まるくらい重いものが理想だ。しかし、マキエが全て底に溜まるようでは、流れに乗せて遠くのチヌを寄せることができない。全体的に比重が重いマキエに仕上げ、バラけて流れに乗る素材も配合されているものが望ましい。代表的な素材としては、おからやヌカなどがそれに当たる。

粘りはマキエのまとまりをよくして、沈む際に塊となりやすい。粘りを出す素材は、パン粉やヌカ、アミが適当だろう。これらを網羅したのが市販の配合エサ(チヌ用集魚剤)だ。しかし、市販品も状況に合わせて選べるように内容物や比重差がある。どれを選んでいいかわからない場合は、比重が重い配合エサと、適度にバラける要素を含んだ配合エサをブレンドしよう。パッケージを読めば特徴が記されている。

マキエには生エサを必ず入れる

堤防でオキアミを大量に使用する釣り人は少ないが、当然入れたほうが集魚力は高くなる。これは誰もがわかっていることであるが、経済面からもケチりがちであることは確かだ。しかし、配合エサだけのマキエだと煙幕効果のみとなり、底に溜める要素や、チヌの食い気を倍増させる効果が薄れてしまう。少量でもいいので入れるようにしよう。ツケエの残りを冷凍しておき、次回のマキエに使用してもいいし、アミを少量混ぜてもよい。

まずは万全のマキエで挑んでポイントを見つけ、釣れるパターンを掴んだら次回からマキエをケチればいいのだ。

マキエは多く継続的に撒く

チヌ釣り用のヒシャクカップは、グレ釣り用に比べて大きい。つまり掬えるマキエの量が多いことで、1回に撒く量も多くなるということだ。その理由は様々あるが、こう考えてみてはどうだろう。

1)マキエを多く撒いてチヌを寄せなければいけない。

2)何杯も撒くよりも効率的。

3)大きな塊にして、より沈みやすくしている。

どれもマキエの量の多さにつながる内容である。

1日に使用するマキエの総合量からするとグレ釣りのほうが多い傾向にあるが、投入回数とカップのサイズから計算すると、チヌ釣りのほうがマキエの使用量が多いことが分かる。結論を言えば、1投ごとのマキエは十分に撒くことが大切ということだ。居着いているチヌを寄せるためのマキエと、回遊してくるチヌを誘導するマキエを絶やさず撒き続けるのが大切だ。

ツケエは2種類用意する

これから晩秋まではエサ盗りが猛威を振るう季節となる。仕掛けを上げるたびにツケエがないというよりも、仕掛け投入から数秒で取られてしまうことが多い。ここで重要なのが、仕掛け投入からツケエが取られるまでの時間(距離)だ。例えば、仕掛け投入から回収まで3分だとしよう。しかし、ツケエは10秒と持たない場合、2分50秒はチャンスを逃していることになる。

ツケエの有無を把握する

ツケエは付いているだろう、というあいまいな期待感は必要ない。ツケエが付いているのに仕掛けを上げるとマキエがもったいない、仕掛け投入が面倒という人にはチヌは掛かってくれないのだ。チャンスを最大限に活かすためにも、エサが毎回取られるようであれば仕掛け投入からカウントして何秒でなくなっているか、どこで取られているかを確認しておこう。

ツケエが取られるポイントを知る

釣りの記事で「ツケエが残ってくるようになった」と、読んだことがないだろうか。そしてその後、高確率でチヌが釣れている。つまり、ツケエの有無により状況の変化を知り、集中して狙った成果だといえよう。

チヌは他魚を蹴散らしてエサを食べる。ツケエはオキアミLサイズと練りエサ。この2つは必ず用意しておきたい。

エサ盗りが多い場合、上〜中層でかなりの量のマキエを食べられてしまう。必然的に底に溜まるマキエの量は少なくなり、流れに乗るマキエも減ってしまう。練りエサは溶けながら流れ、それ自体が集魚力を持っているためチヌに見つけてもらえる可能性が高い。最近ではパン粉を練って「パン粉ダンゴ」として使われることも多いので、試してみるとよい。しかし、パン粉エサはフグや小ダイに弱い。ましてフグが多い場合、ツケエの上のハリスをかじるので注意しておこう。

確実な1尾を狙って行こう。

チヌのくらし

底質がヘドロ状になっている湾奥でもチヌを見かけることはできる。しかし、通年そこで暮らしているわけではなく、一定の時期のみ生息しているというわけだ。

◯一年を通しての基本行動

春に産卵時期を迎え、産卵後は少し深場に移動して体力を回復する(地域により異なる)。夏~秋/エサが豊富な浅場や汽水域へと移動して貪欲に捕食活動を始める。

晩秋になると越冬の準備を始めるため、少しずつ深場へと移動しながら荒食いの時期に入る。

冬/深場に移動して、体力を温存しながら乗り切る。

このように、同じ場所で通年を過ごすのではなく、移動しながら生活しているのだ。もちろん「居着き」と呼ばれる同じ場所に居座るものや、深い場所には落ちない小型もいる。

堤防から釣りやすい時期は、1年で最も接岸してくる初夏〜初秋となる。

チヌが居る場所

どの堤防でも、チヌが釣れる場所はおおまか決まっている。底に障害物があったり、カケアガリだったり、藻場があったりと海底の変化に左右されるポイントが多い。しかし、活性が高い夏時期は思いもよらぬポイントで食ってくることも確かだ。日中でも濁りがあれば水深50cmほどの浅場でも釣れることがあるのだ。

「意外性のある魚」としてチヌが呼ばれるのは、活性が高い初夏〜初秋の行動によるものだろう。

こんな話もある。水深6mほどの堤防や波止で、海は海底まで澄んでおり岩の位置や魚影、ツケエが沈んで流れる様子も見て取れる。しかし、岩と岩の間を狙ったところ、チヌが入れ食いになった。

沈んでいくツケエをじっと見ていると、見えなくなるあたりでウキに反応が出る。もちろんチヌの姿は視認できない。理由は定かではないが、人間の視界能力とチヌの視界能力が一致したかのような感じだったそうだ。敵(人間)が見えなければ大胆な行動を取り、感じ取れる範囲にいるときは臆病な態度をとるという感じだろうか。

話はそれたが、まずポイントとして選ぶなら、濁りがある場所と海底まで見えない水深が基本だ。そして重要なのが身を隠せる障害物が近くにあるということである。

相手を知ること。どんな勝負でも相手を知ればそれだけ有利にファイトすることができる。

流れとチヌの関係

チヌはあまり泳ぎが得意でないとされているが、海中でのホバリングは上手いようだ。このことから、速い流れや絶えず流れている場所はあまり好まない傾向にある。しかし、激流となる関門海峡や鳴門海峡ではチヌの魚影が濃い。なぜだろうか。ひとことで言えば生活環境がチヌに合っていることであるが、流れによって様々な生物が流れてきて、エサが豊富な場所ということが考えられる。特に貝類や甲殻類が豊富な場所だ。

前述のように泳ぎが得意でないとすれば、流芯や絶えず流れている場所はポイントとしてあまり有効ではない。流れが淀む場所や緩む場所が狙い目となる。

つまり周囲に豊かなプランクトンを運んでくれる流れがあり、その恵みが溜まるような湾内や港湾が住みやすい環境といえるだろう。

逆に流れを移動手段として使うこともあり、初夏〜初秋は浅場を移動しながら捕食活動を行うので、少し流れの速い場所であっても、群れに当たると大釣りする可能性は十分に見込める。

潮の干満と狙う時間帯

夏の日中は釣り人のほうが暑さで参ってしまうため、狙うなら短時間釣行か夜釣りがやりやすい。

短時間で釣果を稼ぎたいのなら、下げ潮狙いがおすすめだ。場所によって差はあるが、満潮で湾内などに入ってきたチヌを下げ潮で狙うのが目的で、釣れる時間帯としての実績も高いからだ。潮が引くと底が見えるような場所でも、干満差が大きな場所では十分に狙えることも理由にある。この時期、河口付近の濁りや砂浜の濁りなどがあれば、チヌはかなりの浅場まで寄ってくる。そういう場所は釣り人も少ないから、釣り場確保にも困らない。

渚釣り自体は古くからある釣りだが、近年クローズアップされるようになったのも、上記の要素を含んでいるからだ。

そして夏のチヌの引きは強い。特に浅場で掛けたチヌはワンランク上の階級の引きで楽しませてくれる。他のシーズンよりも暴れるチヌの引きを堪能できるのだ。

チヌの群れと大型狙い

夏に釣れるチヌは30cm未満の個体が多い。チヌは大型になるとほとんどが雌になるため、釣れるのは雄が大半ということになる。おまけに群れで行動していることも多く、釣れるサイズがバラバラではなく、釣れるサイズ全て小型ということもめずらしくない。こんな中で大型を狙うのは難しく、次の群れを待つか別の日に挑戦するしかない。逆に言うと「ここは小型しか釣れない」ではなく、釣れることは実証できたので、通えば大型が出る可能性があるということだ。

大きなサイズを釣り上げるには運も左右されるが、釣り場に通うという努力は報われるはずだ。

流れを釣る

何度もチヌは流れが緩い場所にいると書いてきたが、もちろん速い流れで釣れないわけではない。ただし、海底の変化が大きく影響しており、単純に流れが速いだけでなく、海底がカケアガリだったり、移動するルートだったりすることが多い。

また、流れがぶつかるなどしてマキエが溜まる場所があることが前提となるポイントも多い。まず流れが速い場所を狙うなら、引かれ潮から探ってみる。ツケエが残るようならそのまま流し、本流との壁まで流してみる。ここで重要なのがマキエの帯。撒いたマキエが帯を作るようにイメージして、その中を釣るように心がける。

そして撒いたマキエは本流に乗ってかなり遠くまで効くことになる。遠くにいるチヌを寄せて釣るには最適な流れと言えるだろう。

1尾釣れたら今度はマキエをセーブしながら狙うこと。撒き過ぎるとポイントが遠くなってしまうからだ。

地磯で釣る場合も流れが速くなる傾向にある。水深が5m以下であればタナを底スレスレに設定して、海底から巻き上がる流れにツケエを踊らせながら狙うと面白い。食わせのタイミングを与えるため、たまに仕掛けを止めるなどすると効果的だ。

エサ盗りに対抗する

エサ盗りの猛攻に負けてしまうことも多いこの時期、オキアミや練りエサだけでは歯がたたないこともある。こういうときはチヌの雑食性を利用し、様々なツケエで対抗する。代表的なエサ盗り対策のツケエは

◯コーン

◯スイカ

◯サナギ

◯ムギ

◯ムシエサ

◯ボケ(アナジャコ)

◯貝類

◯カニ類

など、以上に限らずもっと多くのツケエが用いられている。これだけ雑食性が強ければ、どんなツケエでも釣れそうな気がするのだが、逆に釣り人側がそうはいかない。

普段使い慣れていないツケエは、釣っていても釣れる気がしないため、すぐに使い慣れたツケエに戻してしまう。

練りエサを使い慣れない釣り人が、すぐにオキアミへと戻してしまうのと同じである。とはいえ、オキアミが食いがいいのは確かであるため、できればそれで食ってほしいものだ。しかしどうしてもエサが持たない場合、どうせ釣れないのであればいちかばちかで試してみる価値はある。

上記対策用のツケエを用意していない場合は、釣り場にある貝やカニ類を使ってみよう。どちらも落とし込み釣りなどで使われる実績の高いエサなので、コーンやスイカを使うよりは信じられるだろう。

カニに至っては、夏場はそれでしか釣れない釣り場もあるほどなので、オキアミと同レベルで使えるはずだ。

ただし、底を這わせるとカニは岩穴に潜ってしまうため、少し底を切ったタナの設定が必要だ(死んだカニでわざと底を這わせる狙い方もある)。

アタリがあっても一気に持って行かないことが多く、オキアミ使用時よりも遅めのアワセを心がけよう。そしてもう一つが巻貝の「ビナ(ニナ)」だ。付け方はカラを割って中を取り出し、硬い部分にハリを刺すだけだ。

どうしても釣れないとき

自分が持っている引き出しを出しきってしまっても、釣れないという日は存在する。ほとんどが潮が悪いかチヌが入って来なかったという結果論にいきつく。本当にそうだった場合を除いて、自分だけ釣れなかった可能性も捨て切れない。ウキフカセ釣りの場合は「腕が悪かった」で終わってしまいがちだが、ルアー釣りではこういうシチュエーションも多い。

同レベルのルアーマンが横並びで釣っている。一方は爆釣で、もう一人は全くアタりもしない状況。もちろん同じルアーを使っても釣れないルアーマンにはかすりもしないのだ。 その原因はラインの太さ(特性)と、ロッドの硬さにあった。ルアーは引いてアクションさせ、魚を誘って食わせるのが目的であるが、使っているタックルで微妙にルアーの動きが変わるのだ。

硬い竿でルアーを引くとルアーはキビキビした動作をし、軟らかい竿でルアーを引くと、ルアー自体のアクションをロッドが吸収するためソフトな動きになる。

これが釣れるか釣れないかの境になったのだ。

これをウキフカセ釣りに置き換えるなら、ハリスの長さや号数、ラインメンディングのやり方や仕掛けの流し方(角度、方向)となる。

釣れないときは少し釣り座を移動したり、ハリスにガン玉を打って仕掛けに張りをもたせたり、仕掛けを流している途中で仕掛けを止めてみるなど、少しでも今釣れない状況とは違う行動をしてみることが大切なのだ。

「釣れない」と一生懸命に狙うだけではなく、周囲の釣り人を観察して真似てみたり、仕掛け投入やマキエ投入のタイミングを変えることも試してみよう。

あの人いっぱい釣れていいな〜。だったら真似してみよう。ただしマナーだけは忘れないよう注意。

釣れたサイズに関係なく、釣果があればぜひ問い合わせ欄を利用して知らせてほしい。あなたの感動の1尾を待っている!

タイトルとURLをコピーしました