ウキ釣りと潮の関係

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
スポンサーリンク

海に浮かべたときのウキの動作と操作

ウキを海に浮かべたとき、どのようになるか想像してみましょう。仕掛けを投入すると、エサが沈んでいき仕掛け(ライン)がウキまで張ります。

その後は、潮が流れていればその流れに乗ってウキ(仕掛け)が流れます。流れがない場合はその場所に留まります。

その他にも、風が強ければ押されて動くし、釣り糸を引くと手前に寄ってきます。では、仕掛け投入後にどうやるのが正解なのでしょう。

ウキと潮の関係性

答えは、「潮に乗せて仕掛けを流す」ことです。

潮が流れていないときは例外ですが、通常は流れる潮に乗せて仕掛けを移動させ、広範囲を探りながら狙います。

このとき、リールから出ている道糸は、流れに合わせて出さなければなりません。だから、通常はリールのベイルを開けたままにして道糸を出やすくしておきます。

ここで注意したいのが、周りに釣り人がいる場合。隣の釣り人の前までウキを流したりしてはいけません。近づいたら仕掛けを回収しましょう。

潮の流れと釣れるとき

ウキと潮の関係性

潮が流れる方向は、自分が立っている位置から見て、一定ではありません。横方向だったり沖に向かったりと、時間や日によって変わります。

これは潮汐や地形が大きく影響しており、同じ場所なら引き潮・満ち潮でおおまかに流れる方向は決まっていますが、状況によって速度が違ったり向きが大きく変わることも珍しくありません。

だから、釣り人はその日、今流れている潮に合わせて仕掛けを流れに乗せて釣ることになります。そんな流れに対して「よく釣れる潮」というのがあります。

魚が多く集まったり、活性が上がる潮です。それは場所により違うので、釣れたときの潮時やポイントを書きとめ、実績を重ねて釣れる潮を見つけましょう。

潮の流れがないとどうなるのか

ウキと潮の関係性

潮が流れないとその場所にウキ(仕掛け)はとどまったままになります。そうなると広範囲を狙うことができなくなり、その場所に魚が寄ってこない限り釣れないことになります。

マキエで魚を寄せるチャンスではないかと考えることもできますが、実際はそうはいきません。

通常魚は、潮の流れを利用して生活をしています。流れに乗って移動すれば楽だし、流れがあれば待つだけでエサが流れてくることもあるからです。

また流れは酸素を作り、海中の溶存酸素量を上げ、さらに魚は活発に動けるようになります。

流れがないとピンポイントで魚を狙いやすくなる反面、魚の活性が落ちているから、エサを食わせるのが難しくなるのです。

潮の流れが釣果のキモ

波止

「潮が流れている場所を釣れ」というのがウキ釣りの鉄則。流れない時間帯は休憩時間とすることもあるくらいです。

上の写真は、それぞれ違う方向に竿を出しています。

釣りを知らない人なら、釣り人がたくさんいて、何か釣れているのだろうというイメージですが、釣り人の目線から観察すると、これだけ多くの人が同時に竿を出すのは案外難しいです。

それはそれぞれの場所で潮の流れが違うからです。それを意識していない釣り人がこの中に入れば、すぐに仕掛けがオマツリしてしまうでしょう。

だから、釣りに慣れないうちは少し距離をとって竿を出しましょう。

ウキと潮

潮目・本流とは

潮目とは、異なる水質の潮同士がぶつかってできるところで、道のように見えたり、泡やゴミが溜まることもあります。

本流とは、釣りでは一帯で速く流れている潮のことを指します。

そんな場所にはプランクトンなどが溜まるためエサ場となり魚も多く集まりやすいです。

しかし、岸近くでできることは少なく、本流(速い流れ)がある沖にできやすいです。かといって、潮目や本流をダイレクトに狙えばよく釣れるというものではないし、届かないことが多いです。

狙いは「引かれ潮」と呼ばれる、潮目や本流に引かれていく流れです。

要は集まってくる魚を狙うということです。魚が集まりやすい場所へと流されるため、釣れる確率は上昇していきます。見つけたら迷わず狙いましょう。

ウキと潮の関係性
売れ筋円錐ウキ
TGウェーブマスター
DUEL(デュエル)
¥880(2024/02/24 06:42時点)
波止釣りからトーナメントまでカバー。 形状・操作性・カラー、汎用性の高いスタンダードフカセウキ。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました