玄人志向で食い渋りを乗り切る! 魅惑のガン玉テク ガン玉の重さと位置

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
玄人志向で食い渋りを乗り切る! 魅惑のガン玉テク ガン玉は重要なツール
スポンサーリンク

攻めるポイント次第でガン玉の重さと付ける位置を決める

チヌ釣りにおいても、その場の状況にあった仕掛けが必要となってくる。その仕掛けでいつも気になるのがガン玉の大きさ(重さ)と打つ位置ではないだろうか。

以下はチヌ釣りの名手、高園満氏が語ったものである。

早朝、夜明けと同時に足元の磯際を攻めたり、また昼間でも濁りや波の状態、磯の地形で足元が有利なときに、磯際や足元のタナ上での這わせ釣りに使うのが、図1の仕掛けである。

磯際の這わせ固定二段ウキ仕掛け

ウキは1/2Bを元ウキにして、25㎝ほど下にどんぐりを先ウキとしてヨージで固定する。

先ウキはハリスに付けたガン玉とエサの重さによって水面下45度になるようにする。

この水面下45度に浮かず沈まずの状態になっている先ウキはエサ盗り、チヌのアタリ、根掛かり、仕掛けのカラミに素早く反応するようになっている。

そして上下のウキの動きで仕掛けが沈んで立ったか、エサの入っている方向、上潮(水面流)の速さぐらいは見分けられる。

このウキのセット方法のコツは、元ウキは水面ギリギリにし(ウキのすぐ下にガン玉を付けても良い)、先ウキはハリスに付けるガン玉の重さに合わせて沈む浮力のものを使う。

この這わせ釣りの場合、根掛かりも多くなる。ガン玉をハリスの下方に三段打ちして、ハリスやツケエを壁に這わせるようにするが、沖に出る流れであれば、ウキをできるだけ足元の壁に引っつけるように止めてアタリを待つ。

流れが強くなればガン玉の位置をもっと下にする。反対に、流れが緩くなったらガン玉を上げて間を拡げる。

タナの上を釣る場合は一番下のガン玉がタナのすぐ上方、スレスレになるようにして、ハリス部分の60 ㎝はタナに這わせながら流すようにする。

流して釣る距離はタナの落ち際までにして、その先の深くなるところへは流し込まない。ストンと切り立った磯ではハリ上30㎝ほどに2Bぐらいのオモリを打ち、壁に10㎝のタナがあれば、そこにツケエを送り込み、壁際にピタッと仕掛けを這わせてアタリを待つ。

総じて、瀬際の釣りで波がある場合には、ツケエが動きすぎるということもあるので、ツケエを落ち着かせるためにハリのチモトから1㎝のところにガン玉8号を付けることもある。

アタリは一気に竿先までくることも多いので、すぐに道糸を出せるようにしておくこと。

またタナの落ち際のアタリではチヌを沖に出すようにしてアワセないと、落ち際の角でハリスを切られることになるので注意したい。

足元の這わせ釣り

仕掛けの這わせ方はAのようにする。こうやってサラシの際、根際、タナなどの変化のあることころを重点的に攻めていく。

潮に乗せて流すフカセ釣りは仕掛けに応じて張り気味にする

通常の流れの遊動仕掛け

緩い流れの中、払い出し、ワイ、引かれ潮などを釣る場合によく使うのが、図2の遊動仕掛けだ。

これは仕掛けを張って釣る場合と、潮の流れに任せて流していく場合とで、ハリスに付けるガン玉が違ってくる。

スイベルの上に付けているガン玉は、道糸を抑え、決めたウキ下まで道糸のウキ止めを引く役目をしている。

潮に乗せて流す場合は、ハリスにはガン玉は付けないので、ハリの重さを調節したり、沈むハリスを使用してエサを沈める。

これでウキ下4mくらいにオキアミを沈めて落ち着かせるのに25~30秒ほどかかる計算になる。そして少し道糸を張り気味に流してアタリを待つ。

この場合、仕掛けを振り込んだ後、マキエをウキの上に投げ入れる。ハリスにガン玉を付け、ツケエを速く沈めて釣る場合は、できるだけ仕掛け全体が浮き上がらない程度に道糸を張って流していく。

ハリスのガン玉はBくらいで、位置はハリスの中央に全体がまっすぐになるような感じでズラしていく。またハリのチモトに小さなガン玉を付けてもいい。

この仕掛けのときは、マキエを先に打ち、次に仕掛けを投入するようにする。これはフカセ釣りの場合でウキ下を深めに取って底の方を釣るときや、ツケエを底に這わせてこすりながら釣るときで、ハリスに付けた大きいガン玉が底から60㎝くらい上か、底スレスレにくるように流していく。

根掛かりすることが多くなるが、這わせ釣りと同様に大型のチヌがよく食ってくる。フカセ釣りでは、流れが悪くなるほどハリスのガン玉を小さくするか、取り外す。

また、特に、ヒットポイントの少し手前では、一度道糸を引いて仕掛け全体のクセを直して、ポイントに流し込むようにするとよい。

仕掛けの浮き上がりに注意して水中ウキも使ってみたい

本流の遊動仕掛け

チヌ釣りで最も釣りづらいのが本流での釣りだろう。

図3の仕掛けでは、ツケエのふらつき防止と、浮き上がりを抑えるためにハリのチモトにガン玉8号を付けてもよい。さらにツケエをタナに引き込むガン玉を80㎝から1mほど上に打つ。

そして、直結の上には狙ったタナに遊動部分を引き込むガン玉を付ける(この場合にもハリスにガン玉を三段打つこともある)。

さて、本流の中では引き込み潮のときはまだよいが、湧き上がる潮ではツケエが浮き上がってしまい、チヌが食ってくれないので、できるだけ引き込む潮を捕まえるか、ハリスにガン玉を多段に付けて仕掛け全体の浮き上がりを抑える。

また浮き上がってくる分、ウキ下を深くしてタナを合わせるようにしてやる。この仕掛けでは、ハリのチモトのガン玉とハリ上80㎝のガン玉を張りながら沈めていくのがコツだ。

流れとマキエと仕掛けの投入点

図3のような仕掛けのほかに、水中ウキを併用した仕掛けも使うこともある。

この場合、水中ウキが流れから受ける抵抗を利用して狙ったタナまでツケエを送り込む。しかし油断すると、ウキまで沈められるので、水中ウキと話をする感じで水中ウキを浮かせたり沈めたりしながら、道糸を張り気味に流していく。

本流の場合でも、流れが一定せず、フラついているときは食いが立たないので、状況をよく見て、引き込む潮や流れの落ち着いている部分で釣るようにする。

これに対して、本流の中でもフワッと弛むところは良いポイントになるが、ここを攻めるときはガン玉を外し、ウキ下を浅くして釣る。

本流ではマキエが想像以上に先まで浮き沈みして流れていくので、本流の先のワイまで流してみることも必要だ。またウキを追ってマキエをしたり、あちらこちらに撒き散らかすと、ポイントがぼけてしまうので注意したい。

マルキュー(Marukyu) フィッシングギア マルキューPFD03 L2(レジャー用ライフジャケット)
マルキュー(MARUKYU)
¥25,055(2024/02/25 06:18時点)
日本小型船舶検査機構性能鑑定合格品反射リフレクターや、タオルホルダー、ベルクロで開閉するライン収納用のサイドポケットなど、多数の便利な機能を装備しました。
キザクラ(kizakura) NF ベーシック M 3B
キザクラ(kizakura)
¥1,112(2024/02/25 07:32時点)
中通しタイプの電気ウキ。6V電圧採用で明るさが際立つ。ボディカラーはオレンジのみ。
玄人志向で食い渋りを乗り切る! 魅惑のガン玉テクシリーズ
タイトルとURLをコピーしました