玄人志向で食い渋りを乗り切る! 魅惑のガン玉テク オモリと糸の張りで食わせる釣法

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
スポンサーリンク

オモリと糸の張りでグレに食わせる釣法を実践

アタリが多いのは仕掛けが斜めになったときだ

磯のグレ釣りには、オモリ(ガン玉)を使わない完全フカセの仕掛けの方が魚の食いが良いとする考え方がある。

その方がツケエは自然に流れるとか、ハリスに角度がついて(斜めになって)魚の食いが良いとか。この場合には、釣り方もあまり糸を張らず、ちょいちょいと道糸の出方を調整する程度の張りで流す。

そんな釣りをして、完全フカセの仕掛けで釣果は上がるが、釣り方やツケエ、ポイントの問題を切り離して「オモリなしの完全フカセ」だけではどこでも釣れるというわけではない。

サラシがあるところでも、底の方へモミ込む収斂(しゅうれん)の流れが生じるところ(とき)がある。それをうまくとらえて、そこへ仕掛けを入れるのと、そんなことは無視して「ただその辺に……」仕掛けを流しているのとでは、ツケエの入り方(沈み方)が全然違ってくる。

完全フカセで確実に、他の人に抜きん出た釣果を出すのは、沈みの遅いツケエの流れに合わせた仕掛けを、それがうまく沈むような流れを攻めていると言える。

四国・阿波釣法の一つに、仕掛けにはオモリ(ガン玉)を使うことを前提にした釣り方がある。それだけに「糸の張り」を重視する。「糸(ハリス)が立つと食いが悪い」とする考えなのだ。

仕掛け(ウキから下)が斜めになったときにアタリが多いことは事実である。場所と流れ(状況)に合わせてツケエを早く、確実に沈めるためにオモリを使い、仕掛けを斜めにするために糸を張る……。

この「オモリ使い」と「糸の張り」が、グレ釣りのうちでかなりのウエイトを占めていると同時に重要なテクニックだと考えられる。

シマノ(SHIMANO) 磯竿 フカセ 19 ファイアブラッド グレ 各種
シマノ(SHIMANO)
¥99,968(2024/03/01 09:04時点)
大物とのやり取りでも、釣り人が有利な状況を作り出す胴調子で粘るブランクスは尾長、クチブト混生域に適している。

磯際から離れる流れを利用し仕掛けをなじませる段打ち

磯際狙いの基本仕掛け

際に仕掛けを引きつけて釣った方がよいときがある。それはグレの活性が低く、磯からあまり離れないときなどだ。

エサ盗りが多いときに仕掛けを沖へ出すと、すぐツケエを取られるから、白いサラシの中で磯際スレスレを攻めざるをえないときなど、そのパターンはいろいろあるが、「磯際を釣った方が釣れる」と思えることがよくある。

攻める磯際は少しでも「磯から離れる流れ」があるところがよい。根掛かりさせずに磯際に引き付けて釣ることができるからだ。

磯に当たってくる流れのところでは、根掛かりの連発になってしまう。そんなところは避けて、小さなサラシとか、磯に当たった流れが跳ね返すところとか、いろいろな「磯から離れる流れ」を見つけて、そこに仕掛けを入れるわけだ。

磯から離れようとする仕掛けを引きつけて釣るわけだから、当然仕掛けにオモリを打つ。状況によってオモリの使い方はさまざまに変化するが、基本となる仕掛けは、まずガン玉Bとジンタン2号の二段打ちである。

これをウキ下2ヒロ半(約4m)として、ハリから1ヒロ(約1・5m)のところにジンタン2号、そのオモリとウキの中間にガン玉Bを付ける。

この仕掛けから始めて、状況に合わせてオモリの位置、数、大きさを変えていく。大きなオモリ1個よりは、それを2分割、3分割して、小さいオモリを段打ちにした方が、仕掛けが磯際になじみやすいと考えている。

サラシが出ても、仕掛けを磯から離さず、引き付けるわけだから、ウキから下は煽られる。ときにはかなり沖へなびく。

それでも引き付けて待つと、オモリまでは早く手前に帰ってきて、オモリから下がフワフワとする。これが食いにつながると思っている。

B負荷の円錐ウキでBの三段打ち仕掛けが有効なときもある。

以前、竿を出したときはキタマクラが異常に多く、真っ白にまぜ返すサラシの中の磯際でしかグレが食ってこなかった。他の釣り人はポツポツ。名手は次から次へと入れ食い。

仕掛けを見ると、1ヒロ半のハリスにジンタンBが三段に打ってあった。使っているウキのオモリ負荷はB。マキエをして、この仕掛けを上からズボーッと磯際に入れてくる。もちろん、ウキは沈む。

それでも沈めていって、穂先にコンッ、グーッとくるアタリでアワせる(本当の)沈め釣りであった。ハリから50㎝間隔でジンタンBを3個。

まるで沖釣りのビジマ糸のようだが、まぜ返す白泡の中の磯際ではこの方が有効であった。「白泡の中ではグレも糸が見えんやろう」と言われてみて納得した。

仕掛けを張ることでハリスを斜めにしてやる

ガン玉とラインの張り

先述の通り、基本とする仕掛けは、ウキ下を2ヒロ半としてハリから1ヒロのところにジンタン2号、さらに1ヒロ上(ハリスと道糸の連結部)にガン玉Bを打つことで釣り始める。

最近の数々の実験や水中での観察でも明らかにされている通り、1個のオモリよりも小さなオモリを2分割、3分割して段打ちした方がなじみは早い。

しかし、下のオモリからハリまでの間が短いほど速く沈ませることは分かっていても、速く沈めば早く釣れるとは限らない。

グレが食ってくることが少ない上層は早く通過させて、食う可能性の高い底層ではフワフワと沈下、ときには糸を張ってエサを躍らせたり、と思っての「ハリから1ヒロ上にジンタン2号」なのである。

状況によっては、ここからオモリを付け足したり、減らしたり、いろいろと変化するが、大切なことは「道糸の張り」である。

段シズ仕掛けは早く立つが、その後、ハリスが立ったままだとグレの食いが悪くなるので、ときには道糸を張ってウキから下の仕掛けを斜めにする。

キタマクラは実に厄介である。マキエで1カ所に集めることができない。マキエが効いている範囲全体に広がって、確実にエサを取っていく。

しかし、ここで効果があったのが「サラシの中の本流釣り」だった。ドーンと出る大きなサラシに素早くマキエをして仕掛けを乗せる。

さすがにキタマクラは泳ぎがヘタだから、この本流には入ってきにくいようで、グレが食ってきた。

このときの仕掛けは、ウキ下2ヒロにガン玉2B、B、Bの三段打ち。ドーンと出るサラシの本流に対応するためにはこれがベストであった。

逆に、ベタナギのところでグレがマキエにつられて出てきた。マキエが沈んでいくと、ある一瞬だけワラワラーッと出てきて、すぐ姿をくらます。

この「出てくる瞬間」に、その場所にツケエが沈んでいったら、つまりそこでマキエとツケエが合ったときだけ、グレが釣れたのだ。

このタイミングが難しい。浮上してくるグレと、仕掛け投入のタイミングを合わせることが肝心だ。

このときは仕掛けのオモリを全部外して、ハリ元10㎝にジンタン6号を打った口オモリで釣ったのが正解となった。

ガン玉とラインの張り

水温が下がったり、何かの事情でエサ盗りがいないときがある。ウキ下を深くしないと釣れない。

こんなときは、オモリ負荷Bのウキに、ハリス(2ヒロ)の結び目に3Bくらいのオモリを打って、2ヒロ半の固定ウキのままでどんどん沈めていく。沈めるだけでは3Bのオモリが先行する。これではグレは釣れない。

そこで、ときどきパラパラと糸を出しては、しばらく糸を出さず、クーッと穂先に荷重がかかってもそのままで待つ。また少しパラパラと糸を出して止める。

この繰り返しで糸を張りながら沈めていくと、効果が出た。ハリ上1ヒロにジンタン2号を打つと仕掛けが立ち過ぎるのか、食いが悪かった。

それよりもハリス2ヒロの間に何もつけないでおいた方が良い結果につながった。

B浮力の円錐ウキに2Bを三段打ちにしてみる勇気も必要

滔々(とうとう)と流れる本流は仕掛けにオモリを打たないと、「本当にグレのタナまで沈んでいるのかな」と心配になる。

そんなケースで効果があったのは、ハリ上1ヒロにガン玉2Bを打って、ウキ下3ヒロの固定。遠投ウキBで、そのウキのすぐ下にも2Bを追加した「ウキミャク釣り」であった。

これを本流に流し込んで、穂先がグーッと荷重で曲がったら少しずつ糸を出していくと、やがてククーッと穂先を引き込むアタリ、こんな釣りだった。

流れによって、オモリの大きさは替えたが、ウキを水中ウキ代わりに使った沈め釣りが一番安定した釣果を出した。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 BB-X C3000DXGSL
シマノ(SHIMANO)
¥78,531(2024/03/01 12:36時点)
SUTブレーキIIはローター逆転時のブレを徹底排除し、瞬時に糸を出して体制を立て直すことが可能である。強靭、高剛性なHAGANEボディ&ギア、ローターは大物とのやり取りにこの上ないアドバンテージ。
他にもこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました