ベイトリールのフォールスピード調整法

ベイトリールを使う上での基本テクニックとなるサミング。ラインの放出量をコントロールするために必要不可欠です。

タイラバやスーパーライトジギングなど、船べりからルアーを落とすような釣りで、ベイトリールでのフォールスピードをコントロールする方法を紹介します。

ブレーキ機能

フォールスピードをコントロールする方法はいくつかあります。タイラバヘッドやメタルジグの重量を軽くするという手もありますが、底取りができなくなれば意味がありません。

ベイトリールでフォールスピードをコントロールするということにおいて、一番簡単な方法はサミングです。親指の感覚でラインの放出量を調整して、フォールスピードを変えていきます。ただサミングの場合は、あくまでも人の感覚によるものなので、一定のスピードをキープしたり、アタリのあったスピードを再現するためにはかなりの経験と技術が必要となります。そこで有効になるのが、ベイトリールに装備されているブレーキ機能を使ったスピードコントロールです。キャストが伴うバスフィッシングなどを楽しむ人は、ブレーキの調整には気を使っているようですが、オフショアでベイトリールを使っているアングラーはブレーキをほとんど活用していないのではないでしょうか。

キャストを伴う場合はほとんどのアングラーがブレーキ調整を綿密に行っています。

ベイトリール、特にロープロファイルモデルでは、ほとんどのモデルに二つのブレーキが搭載されていると考えてよいでしょう。一つはブレーキシステムで、これはメーカーや機種によって機構が違ってきます。遠心ブレーキやマグネットブレーキと呼ばれるものが主流で、中には電子制御式のものもあります。

調整は、ほとんどのモデルはサイドパネルに付いているダイヤルを回して行いますが、中にはサイドパネルを外して設定するものもあります。このブレーキシステムは主にキャストなどで勢いよくラインが放出されたときに機能するようになっています。もちろんバックラッシュを防ぐことが目的です。

もう一つがメカニカルブレーキです。これは物理的にスプールを締め付けていく構造となっており、ハンドルの側に付いているブレーキノブを回して調整します。このノブはネジ込み式となっているので、ネジと同じく右回しすると締め込まれていき、左回しにすると緩んでいきます。通常はスプールにガタが出ずにスムーズに回るところを基本としておきますが、このメカニカルブレーキを徐々に締めこんでいくことでスプールの回転を制御してフォールスピードをコントロールできるのです。

こちらも元々バックラッシュを防ぐためのものですが、これを活用することにより、スプールの回転自体をコントロールすることが可能になります。

ベイトリールには二つのブレーキが装備されています。うまく使いこなせば、釣りをする上で大きな武器となります。

調整の仕方ですが、基本の位置から1/4回転ずつ締め込んでいき、徐々にブレーキを強くしていくとよいでしょう。メカニカルブレーキを作用させる場合も軽いサミングは併用しておきましょう。

フォールでアタリがあったときはブレーキノブを何回転させたか記憶しておきます。ルアーを回収しての再投入時にブレーキを戻しても、ブレーキを掛けたいときは、また同じ量を回転させればよいわけです。ただし、これは基本位置をきちんと設定しておくことが大前提となります。

新アイテム登場

通常のベイトリールであれば、メカニカルブレーキを活用する方法がベターだといえますが、基本設定がシビアに行われていないと、同じ回転数でブレーキノブを回しても同じようにはブレーキは掛かりません。またルアーを回収して再投入するとき、いちいち設定を繰り返すのは面倒くさいと思う人もいるでしょう。そんなアングラーのわがままな要望に応えてくれる新機構を搭載したリールも登場しています。

フォールレバーというものが備えられており、このレバーを動かすことで簡単にフォールスピードを調整できるというものです。しかも液晶パネルに巻き上げスピードやフォールスピードが表示されるものもあります。これらの機能があれば、アタリのあったフォールスピードの記憶や再現が誰でも簡単にできてしまうのです。

タイトルとURLをコピーしました