秘伝を公開! グレやチヌを仕留めるためのエサ盗り対策

読んで理解するだけで実行可能なテクニック集

エサ盗り対策は、ツケエがどのくらいのタナを流れているのかというのが重要で、それがマキエと同調しているのか否かを的確に知っていなければ、あらゆる手立てが無効となってしまう。

海中では想像しているよりも ハリス は蛇行して流れており、その遊びがある分ウキに出るアタリは遅れ気味になる。イコール アタリ がなく ">ツケエ が取られるので「エサ盗りの仕業」という結論を出しがちになる。しかし本命がエサを取っていることもあるから、正体が分かるまでは全て本命として狙うのが第一歩だ。

海中の仕掛けを見ながら釣ることはできない。そのため、いかに水中をイメージできるかが釣果を左右する。

アミに群がるスズメダイ

対策の初歩<同調>

エサ盗り対策をする前に、マキエと仕掛けの同調についておさらいしておこう。絶えず水中を観察しているわけではないため、同調とはあくまでも想像でしかないが、そんな論議はここでは置いておき、同調していることを前提に話しを進める。この同調をズラしたりタイミングを変えることが基本のエサ盗り対策となる。

チヌ釣りの場合

浮いてきたチヌを狙うこともあるが、基本の底狙いで解説しよう。

チヌ釣りでは底付近を狙うのが基本となるため、マキエは比重が高いものを使う。つまり、底にマキエを溜めて釣るイメージだ。

このことから、マキエとツケエが同調するのは底付近となり、上層や中層で合わせる必要はあまり感じられない。潮が流れる方向と速度が同じなら、マキエを同じ場所に撒けば底に溜まる位置も同じになる。

しかし、流れる方向や速度はずっと同じではないため、同じ場所に溜めたい場合はそれに合わせて変更する必要がある。

基本的なエサ盗り対策は、やはりツケエのローテーションが一番だろう。オキアミを使用していれば練りエサやムキミで様子を見たり、1投ごとにツケエを替えて当たりエサを見つけるのも有効だ。

タイミングでのエサ盗り回避は、底に溜まっているマキエから外したルートに仕掛けを流したり、タナを上下することもあるが、ほとんどが同調区間に行く前にエサを取られてしまっていることが多い。このため、まずはツケエが狙いたいタナまで持っているかを確認する必要がある。

グレは浮かせて釣るのが一般的なので、軽いマキエを使ってできるだけ浅いタナを狙う。グレ釣りの場合は狙うタナが浅いため、一定の場所までは同調を視認することが可能だ。半遊動仕掛けでは、一定の時間同調して流れる。この同調時間を長くするには全遊動や全層釣法が有効であるが、マキエの沈降速度に仕掛けを合わせるのは意外と難しい。

どの釣法でも同調させる対策として、マキエを切るように広範囲に撒いたり、マキエを撒くタイミングを変えて複数回撒くと、より同調する確率が高くなる。しかし、エサ盗りが多い時期にマキエを広範囲に撒くと、よりエサ盗りを集めてしまう原因になるため注意が必要だ。

それでも本命が掛からないとき

ここからが対策の本番である。前述の内容だけでエサ盗りが回避できれば、それはエサ盗りが多いとは言わない。最近のエサ盗り事情からいうと「瞬殺」されるような状況時に「エサ盗りが多い」と表現される。

それでも見事に本命を釣り上げる人は、それなりの努力をしているのだ。基本を交じえ、そのテクニックを紹介しよう。

グレ

エサ盗り別対策の基本

スズメダイの場合

スズメダイはあまり深くまでエサを追いかけない傾向にある。但し、釣り場の水深が5m以下であれば底まで追いかけてくる。

このことで、上層を一気に突破すれば交わせる可能性は高くなる。ハリスに口オモリを付けたり、ガン玉を段打ちしてツケエを速く沈めるようにしてみる。口が小さいので、ツケエをムキミやボイルに変更するのも有効だ。最近ではパン粉ダンゴも人気だ。

スズメダイ

アジの場合

泳ぎが速いためマキエで一か所に寄せたり、ツケエを一気に沈めて交わしたりという対処法はなかなか効果が得られない。ましてアジの場合は広範囲に広がっていることが多いため、我慢して釣り続けるしかなくなる。

少しでもツケエを長く持たせるため、ツケエにボイルやムキミを使ったり、練りエサを大きく付けると効果的だ。

また、ツケエのローテーションでアジがあまり興味を示さないエサを見つけるのも有効となる。

アジ

フグの場合

フグは上層から下層、砂の中まで生息するため3次元的に交わすのが難しい。少しでも流れが速い場所を狙うか、ポイントを大きく変えてみるのが手っ取り早い。

しかし、日射の加減や波の立ち方などでいつの間にかいなくなることが多い。さらにチヌ狙いの場合は、チヌが近づいてくると急にエサが残ってくるなど、時合を知らせてくれることもある。

フグ

カワハギの場合

手のひらを超えたサイズならさほど気にならないが、5cmクラスの小さなカワハギは数も多くて厄介で、マキエやツケエと一緒に流れながら捕食する。

しかし、一定の水深で食っていることが多いため、タナを少し浅くしたり逆に深くすると交わせることがある。また、マキエで注意を引き付けることも効果的なので、マキエと仕掛け投入のタイミングをズラすのも有効だ。

カワハギ

エサ盗りが見える場合の基本技

海面近くにエサ盗りがいる場合、その種類やツケエが取られるまでの時間など情報を多く取得することが可能だ。まずはマキエを打ってからどれくらいのタイミングでエサ盗りがマキエに集まるのかを観察することから始めよう。

その時間差を利用してマキエと仕掛けの投入タイミングを調整したり、足下に多量のマキエを撒いてエサ盗りを集めたりなど、自分で見て確認しながら対策を施すことができる。これはフカセ釣りにおいて基本であるから、初級者は練習してそれ以上の者はマスターしておこう。

かたまりになるエサ盗り

マキエを打つと群れとなって出てくるエサ盗りの代表はスズメダイであるが、近年ではフグも群れることがある。かたまりになって行動してくれればマキエで1か所に集めやすい。仕掛け投入ポイントよりも上流やはるか下流、足下などに多めのマキエを打ってエサ盗りを集め、その隙にエサ盗りがいない本命ポイントへ仕掛けを投入し、少量のマキエでツケエと同調させるというものだ。

エサ取りの群れ

少量のマキエ

この「少量のマキエ」がキーポイントで、撒き方次第ではエサ盗りがこっちに向かって来てしまう。保険として、少量のマキエを撒いた後に再度エサ盗り用のマキエを撒くとよい。しかし、そうそう簡単にうまくいくわけではない。もちろん完全に分断することはなかなかできない。それでも、少しでもエサ盗りからツケエが取られず、マキエとツケエが同調して本命が釣れる確率が上がれば良いのだ。あきらめずに実践あるのみだ。

まとまらないエサ盗り

あちこちに散って、マキエにまとまらないエサ盗りの場合はちょっと厄介だ。特にアジやフグがそうなった場合はマキエで交わすことは難しい。

この場合はツケエをローテーションさせ、エサ盗りの層を突破させるだけでなく、エサ盗りの食いが悪いエサでなおかつ本命が食うエサを見つけることが要求される。加工エサでエサ盗りに強い代表は練りエサだ。これはチヌもグレも同様で、かなりの効力を発揮してくれる。しかし普段から使い慣れないと釣れるという信用が薄いことと、使用する機会が少ないため釣り場に持って行っていないことも多い。この時期は使わなくてもクーラーボックスに忍ばせておきたいものだ。

それと意外と効力を発揮するのがムキミだ。小さな粒ではなくハリに対して少し大きめが良い。コツはハリから外れにくく装餌することだ。エサ盗りが一口で食べられず、なおかつ引っ張ってくれるような感じが理想。争って食べていれば本命が気づいて食いに来るという寸法だ。特にチヌ狙いであれば、エサ盗りを蹴散らして食べに来るため一発で掛かりやすい。

エサ盗り

エサ盗りが見えない場合はツケエの取られ方で判断する

エサ盗りが見えない場合は、その正体を知ることから始める。まずはツケエを付け、マキエを撒かずに仕掛けだけを投入して仕掛け回収地点まで流してみる。その状況を分析しながら対策をたてよう。

マキエとツケエが同調しているときにだけエサを取られる場合、比較的簡単にエサ盗りを回避することが可能なのだが、意外と本命が食っていることもあるので、その点は注意しなければならない。まずはエサを取っている犯人を知ることから行う。

マキエと仕掛けを同調させて調べる

タナを少し浅くしてみる。ガン玉をハリスに打っている場合は、とりあえず全て外すか、道糸側に集中して取り付ける。

仕掛けは張り気味に流し、穂先でアタリが取れるくらいにしておき、ウキに変化があればすぐにアワせられる態勢にしておく。

エサを取っている犯人がエサ盗りでも1、2尾は釣って確認しておきたい。本命ではないと判断できたら次のステップに進む。

当たりエサを見つける

単純に、今使用しているツケエが状況に合っていないことも考えられる。それは付け方であったり大きさ、種類と様々だ。背掛けにしていたオキアミを丸く付け変えただけでも釣れることがあるため、少しの変化から始めてみよう。

ツケエ

オキアミの付け方

エサの種類を替え、付け方を変え仕掛けを調整しながら対策を行うとそれなりに時間が掛かる。ここで厄介なのがフグやカワハギ類がエサ盗りの場合だ。いろいろと試してもなかなかハリ掛かりしてくれないからだ。無駄な時間を過ごしていることになる。

その点の対策としては、色付きハリが役に立つ。ハリの塗装が剥がれた噛み跡でエサを取っている魚を判断するというものだ。色々と経験するまでわかりづらいが、フグやカワハギ類の場合、小さな噛み跡が複数出ることが多い。逆にグレの場合は吸い込むようにエサを食べるため、噛み跡がないのにエサを取られていれば本命の可能性が高い。

ツケエ

ハリのカラー

本来、ハリの塗装はハリをカモフラージュするための目的だったが、塗装が剥げることによって釣り人に多くの情報をもたらしてくれるアイテムとなった。

エサ盗りが分からない場合

もともとエサ盗りを釣りに来ているわけではないので、とりあえずエサ盗りが何か調べることに徹する。もちろん、エサ盗りの種類が分かったからといって、完全に対策が打てるわけではないこともある。

タナを上下させる

通常、チヌでもグレでもエサを取られた場合、タナを少し浅くしてみるのがセオリーだ。理由は、仕掛けが深く入りすぎているため、ウキにアタリが出にくくなっている可能性があるからだ。また、仕掛けを少し張り気味に流すとアタリが出やすくなる。

仕掛けを張る

ウキ、もしくは穂先にアタリが出るように仕掛けを張って流す。このとき、仕掛けを張ることによりツケエは浮き上がってくるため、それを考慮したウキ下の調整や、ガン玉をハリスに打つなど工夫を凝らすこと。

張り具合は潮の速さよりも少し遅く道糸を出す。リールをオープンベイルにして人差し指で道糸を押さえ、穂先がお辞儀したら指をゆるめパラパラッと道糸を出す。これをスムーズにやりたいなら、リールから出した道糸を指でつまんで徐々に送り込むと良い。

しかし、流れがない場所ではこのやり方は出来ない。仕掛けを張り気味にして、少し引くように誘いながら釣るといいだろう。

仕掛けを張る

最後はやはりタナ

魚が釣れない原因の多くはタナだ。フカセ釣りの場合、マキエをランダムに撒くため幅広いタナにマキエを効かせることができており、1〜2mタナが違ってもチヌやグレが食ってくるケースは多い。

これが、毎回同じリズムで仕掛け・マキエを投入しているとどうなるだろうか。いや、フカセ釣りに慣れた人ほど一定したリズムが出来上がっているだろう。このためツボにハマったときは魚が連続して掛かるが、自分だけ釣れないこともよくある。逆をいうと、エサ盗りに合ったマキエワークとなっていることも考えられる。

条件を計算する

つまり、仕掛け投入とマキエ投入のリズムが毎投同じであれば、同じタナをマキエとツケエが同じように流れていることになる。ウキ下を深くしても同じタイミングでマキエを打てば、ツケエだけ深く流れマキエは今までの流れ方と変わらないということだ。

マキエの比重を釣りながら変えるということはあまりないだろうから、仕掛けのタナを変えたときは、マキエ投入のタイミングや位置にも気を配ることが大切である。マキエが沈む速度と仕掛けが沈む速度を計算して投入のタイミングを図ろう。

タイトルとURLをコピーしました