チヌ釣り師がチェックすべきエサ選び

エリアによって多少のズレはあるけれど、3〜5月はチヌ釣りのベストシーズンといってよい時期。この時期はエサ盗りが少なく、大型が盛んに活動するためです。自己ベストを更新する最大のチャンスでもあり、チヌ釣りファンの目標であるロクマルに遭遇できる可能性も高い……のですが、周囲の釣り人は次々に大型を釣り上げているというのに、アタリさえないという釣り人はどこを見直したらいいのでしょうか?

今回はエサにピックアップして、ツケエ、マキエを見直すポイントを紹介します。

ツケエを見直すポイント

オキアミは海の釣りでは万能です。これで釣れないものはないといえるほどです。それだけ効力のあるエサですが、オキアミ一つあれば十分というわけではありません。特に、チヌに関しては、一種類のエサだけで対応しない方がいいでしょう。

必ず複数のツケエを持って釣りに出よう。

というのは、ツケエを替えた途端に食ってきたというケースが非常に多いからです。

チヌ釣りでは最低3種類のツケエが必要。ベテランの間ではこれが常識となっています。

春先のチヌに絶大な効果が期待できるムキミ。産卵の季節だからチヌも食べやすいエサが食べたいのだ。

一般的にはオキアミをメインにして、ムキミや練りエサを準備する人が多いです。この二つは余った場合、持ち帰って冷凍保存することが可能です。

もちろん、好みや実績によってはムシエサやカニ(今の時期、硬いエサを使う人は少ないですが……)を使っても大丈夫です。要は、エサを替えることによってチヌに興味を抱かせるのが狙いなのです。

ツケエは現地調達もできる。ただ、貝は取りづらいのでマイナスドライバーや塗装剥離用の道具を用意すると便利でしょう。

持参していたエサでは、なにを使っても食わない場合は、現地で調達することも考えましょう。海岸(特に磯の場合)にはチヌのエサがふんだんに転がっています。人気が高く使いやすいのはマツバガイ(ジンガサ)ですが、他にもカラスガイやカキ、ヤドカリ、巻貝と種類が豊富です。

ただし、いずれも干潮前後の方が採取しやすいのと、マツバガイやカメノテのように道具がないと採りづらいものがあります。ナイフを使うと刃がボロボロになりやすいからおすすめできません。できれば採取用の道具を常備しておきたいですね。

ヤドカリも効果的なツケエ。見つけたら使ってみても良いでしょう。

ツケエを替えた場合に注意したいのが、比重の違いによるウキの喫水線の変化。軽いオキアミでギリギリ浮いている状態だと、重たい練りエサに交換した結果沈んでしまうなんてことも。したがって、ガン玉による残浮力の細かい調整が要求されます。当然、ウキの浮力はある程度大きいものにしておかないと対応できません。0号のウキでは練りエサを使った半遊動仕掛けは難しいです。

これまでオキアミしか使ったことがないという人は、今季はぜひ違う種類のエサを試してみましょう!

マキエを見直すポイント

フカセ釣りに限れば、チヌの釣り方は大きく分けて2通りあります。底で食わせるのが一つ。もう一つは浮かせて釣るという方法です。

本来、チヌは底近くで生活しています。したがって底で食わせるという方法がチヌの習性にはマッチしているのです。しかし地形やマキエ、チヌの活性によっては浅ダナに浮くこともまれではありません。実際、海底に近い深ダナではアタリがなかったのに、ウキ下2ヒロで食ってきたというケースはそれほど珍しくありません。もっとも、ここでは浮かせて釣ることについては触れません。底で食わせるという方法はウキ下を設定しやすく、その意味でもビギナーに向いていると言えるからです。

ところが、マキエはどこに効いているのか、つまりどこに溜まっているかは、状況によっては非常に分かりづらいです。水深が浅く、流れがゆったりしていればマキエが沈むところは見当をつけやすいですが、深く、潮が速いと分かりづらくなります。地形が複雑で反転流や二枚潮が発生すると一層難解になります。

ここで左の図を見てください。

釣り人自身はAに沈んでいると見当をつけて、その周囲を丹念に探っています。ところが、実際にマキエが溜まっているのはB、あるいはCである可能性もあるのです。流れが速いときはさらに潮下に溜まっている場合もあります。これでは釣れる確率が大幅に下がってしまいますね。

では、どうすればマキエが沈んでいるところを的確に読めるようになるのでしょう?

読みやすいところにポイントを設定する

なんだ、これはと思うかもしれませんが、チヌ釣りの場合は意外に重要な地位を占めています。例えば、波止の外側〜先端と付け根の地磯があるとしましょう。波止は足元から深く、潮の動きがいい。対して、地磯は足元が浅く、ゆったりした潮が回り込んできています。

一般的には、誰もが波止の外側〜先端を目指します。しかし、それはグレやアジ、メバル、イカ、スズキなどにとっての好条件であり、チヌの場合は最適とはいえません。

もちろん、チヌが生息するのに適していないというわけではないのですが、チヌを釣るのに向いていないという話です。

水温が急激に下がって活性が著しく落ちたときを除けばチヌは浅場でも十分食うと思っていいでしょう。したがって、浅場にポイントを設定しマキエを効かせてそこに誘い込めばマキエが溜まるところは読みやすくなります。

重たいマキエを使用する

マキエが軽いと流されやすく、沈むところが読みづらくなってしまいます。しかし、重たいマキエは比較的早く沈みます。そのため、多少水深があっても流れが速くても沈んだところの見当をつけやすい。この考え方はチヌ釣りファンの間ではすでに定着しており、チヌ用の集魚剤は大半が比重の大きい成分を多用しています。

ところが、チヌ用の集魚剤すべてが重たいものとは限りません。集魚力と粘りに重点をおいたベーシックタイプや、軽いタイプもあるのです。前述したように、浮かせて釣るケースもあるから、チヌ釣りに軽い集魚剤を使う場合もあるのです。メーカーによっては比重表を用意してくれているので、マキエを買うときの参考にしてみてください。

底で釣るときは重たいマキエを使う――それが原則だと思って良いでしょう。それに関連して、マキエの量の問題があります。少ない量で的確な位置に沈めるのは至難の技です。特に、水深が深く潮が速い場合は辛いですね。

一般的に、チヌ釣りに使うマキエの量は、オキアミ3㎏(2角)に集魚剤1袋という釣り人が多いです。通常の条件ならそれで正確な予測ができるのかもしれませんが、深くて潮が速いとしばしば読みは誤りやすくなります。また、活性が低いときは、少ないマキエではなかなか効果が出ないことがあります。

結果的にムダになったとしても、マキエはたっぷりというのが、特にこの時期のチヌ釣りの鉄則です。

タイトルとURLをコピーしました