メガシーバスをキャッチ!! コノシロパターンでの攻略法

メガシーバス魚持ち

コノシロパターンとは

コノシロ

冬から春にかけてコノシロは大きな群れをつくる。シーバスがコノシロの群れに(食い)付いたときが俗にいうコノシロパターン。そのためコノシロが集まりやすいベイエリアや河口付近、運河などがポイントとなることが多い。捕食対象となるコノシロが比較的大きいため、コンディションが良いシーバスが多く、コノシロを捕食した個体がサイズ以上のファイトをするのも魅力の一つだ。

パターンの成立とは

コノシロパターンには、ある程度のコノシロの群れとシーバ スの数が必要となる。コノシロはほぼ一年中沿岸域で見られる魚だが、冬季にシーバスがメインベイトにコノシロを選ぶことがある。これがコノシロパターンと呼ばれるものだ。

このパターンになるとシーバスはコノシロを好んで捕食するため、非常にエキサイティングなビッグルアーゲームが待っている。

時間帯と状況

周りが薄暗くなってきたら、シーバスゲームの本番だ。

複数の群れが、条件の良いエリアに集結することも珍しくない。晩秋、水温が下がり始めるとコノシロは条件の良い所に集まる。シーバスにとってもこの巨大な群れは美味しいごちそうに見えるようだ。ゲームが成立する時間帯はシーバスのアタックレンジが比較的浅いこともあり、警戒心の薄れるナイトから早朝になることが多い。

寒い時期のゲームとなるが、それに見合うようなトロフィーフィッシュに出会える可能性を秘めているのがコノシロパターンと言え、コノシロの群れをシーバスが狙っている場合、水面付近でコノシロが逃げ回り、「ザーッ」と音をたてたり「バシャ」と跳ねたりと非常に騒がしいことが多い。

基本タックル

大きめのルアーをキャストして大型のシーバスを狙うコノシロパターンでは、少し強めのタックルで挑むのが好ましい。

コノシロパターンの基本的なタックルは、8.6~9.2ftのミディアムヘビーやヘビークラスのシーバスロッドに、2500~4000番のスピ二ングリール。そしてメインラインをPEの1.2~1.5号、リーダーをナイロンラインの20lbで、地域差はあるがほぼ標準仕様となる。

その他、必要なのはランディングネット、ストリンガー、キャップライト、ライフジャケット、ラインカッターやプライヤー、ルアー類となる。またゲームに集中するために防寒対策も重要だ。

ベースとなるルアー

ルアーのフックに引っ掛かったコノシロ。かなり大型の群れが入ってきている。これを狙うシーバスも当然大型となる。

ほぼプラグを中心に組み立てるゲームとなる。マッチングするルアーは大型ミノーなどで、サイズは基本的にマッチするベイトのサイズより一回り小さめに合わせ、通常のシーバスゲームでチョイスするものより少し大きめの12~17cmが標準サイズとなる。

大きなプラグを使いトップ、サブサーフェスからミドルという、比較的浅いレンジとなるため非常に人気があるゲームだ

コノシロパターンが成立するシチュエーションの場合、多くは表層にコノシロが群れているため、スレでコノシロがルアーフックに掛かることが多く、非常に重要なベイトのレンジやサイズを収集できる情報源となる。

ルアーレンジとコース

群れから少し離れたところに、弱々しく泳ぐコノシロを演出することが重要だ。

コノシロの群れの中心にルアーを通してもバイトしないことが多い。実際にルアーを通す深さだが、基本のレンジはトップかミドルレンジとなる。コノシロの群れの規模が比較的大きな場合は、群れの中心にルアーを通してもシーバスのバイトはほとんどないだろう。

シーバスがコノシロの群れを狙うとき、群れの中で最も弱ったものを捕食する。これは、高確率で効率的に捕食でき、少ないエネルギーでより多くのエネルギーを蓄えることができるからだ。

元気のよいコノシロほど、群れの中心に行こうとし、結果的に弱い個体は群れの端に残ることになる。つまりできるだけ群れの端を攻めることがバイトへのキーとなる。

弱ったコノシロは他の魚と違う動きや行動をする。つまりコノシロの群れについたシーバスを狙う場合は、群れの中で弱ったコノシロがポジションするレンジで、元気に泳ぐ個体とは違う動きをルアーで演出する必要がある。

もっともオーソドックスなのは、弱ったコノシロが一番ポジションしやすいトップ・サブサーフェスレンジでゆっくりと泳がせたり、潮流を利用しデッドステッキングでドリフトさせるアクション。

もう一つはコノシロの群れの直下をスローにステディリトリーブで通す。これは弱って外側に追いやられているとシーバスに判断させアタックさせるためだ。

コノシロが群れているとリーリング中に「コン、コン」「コッ、コッ」といった感じでルアーに干渉してくる。その場合は少しレンジを下げるとよいだろう。

レンジとアクション

リトリーブのみ誘うが基本となるが、バイトがない場合はいろいろと試してみる必要がある。スキルが問われるところだ。

トップやミドルレンジのルアーアクションの基本は、ルアーのアクションをロッドティップで感じられる最もスローなスピードで、アクションを入れずリトリーブする。どうしてもショートバイトや「コッ」としかアタらずフックアップしない場合は、デッドスローなリトリーブにストップ&ゴーを組み合わせると有効な場合もある。トップレンジでは、必ずしもウォブリングやローリングアクションなどのルアー本来のアクションが必要とならない場合がある。

ルアーが水面に作る引き波を利用して弱ったコノシロがゆっくりと泳ぐイメージを演出する場合は、ルアー自体の動きよりリーリングスピードや引き波の強さがキーとなることが多い。バイトがない場合は色々なスピードを試してみることだ。

バイトとフックセット

アワゼはバシッとではなく、グッと重みを乗せるイメージで丁寧に行いたい。

シャープに刺すイメージではなく、段々刺さるようにトルクをかけてフックアップする。「コツン」といったクリアなバイトから「ガツン!」や「ゴン!」といった手元に直撃するバイトが多いが、いずれもアタックの後、グーンと重量が乗ってくる。時として水面に浮くルアーをシーバスがバキュームする場合があるが、その場合もモワッときた後、「グッ」とロッドティップを押さえ込むように重量がかかってくる。

フックセットは「バシッ」とシャープにフックを深く刺すイメージではなく、段々深く刺さるように「グッ、グッ」とトルクをかけてフックアップするとバレにくい。

ランディングについて

ランディングは最も緊張する瞬間だ。大型がヒットしたときは、無理に一人で取り込もうとせず、同行者がいる場合はお願いした方が無難だ。

ナイトゲームで足場が高い所から80cmを超える個体を1人でランディングする場合、かなりのリスクを伴う。特にランディングネットを使用する場合、シーバスの全長が長いこともあり、すくい損なって魚がネットに入っていない状態でルアーのフックが網に引っ掛かった場合はバラす確率が非常に高い。できれば2人以上で行動しランディングをフォローすることが望ましい。

ギャフの使用は魚体へのダメージが大きいため、リリースが前提のゲームであれば使用を考えてほしい。

タイトルとURLをコピーしました