陸っぱりだけじゃない! ボートから狙うタコエギ

陸からではなくボートを利用して、タコ専用リールとロッドを使ったコアなボートタコファンをご存知でしょうか?

「ムニュッ」とした感触で絶頂を覚える釣りで、とても楽しい釣りですよ。

ボートタコタックル

一度タコを掛けると、クセになるタコエギ。掛けてから取り込むまでがスリリング。

ボトムをねちねちと狙うことと巻き上げパワーが必要なので、ベイトタックルがおすすめ。スピニングでもいけますが、手返しや反応が少し遅れ気味になるから、フェザリングを多用したいですね。

ボートタコに必要なロッド性能は、バットパワーがあり、なおかつティップの感度が高いベイトロッドが望ましいです。理想はタコがエギに抱きついた際にしっかりとフッキングさせ、地面から引き剥がすためのバットパワーと、小さなタコでも乗ったことが感じられる繊細なティップといったところです。

代用となるロッドはあまりないから、できればボートタコ専用ロッドの購入を考えたいです。安いものなら5,000円くらいから手に入ります。

ベイトリールはローギアタイプ(パワーギア)が使いやすいです。狙う水深は深くても40mくらい。タコ釣りでは根掛かりがない限り、1回の船の流しの途中で巻き上げることはあまりないので、体力面はそれほど心配ありません。オモリの重さにプラスしてタコが掛かったらさらに重くなる仕掛けの回収を安定して行うことが優先です。

仕掛け

もともと、タコテンヤから始まった釣りで、テンヤにはカニや魚、豚の脂身などを取り付けて狙います。これをより手軽にするために、ソフトビニール製のカニ(疑似餌)を使用するなど、和製ルアーを使う人も多いです。

さらにエギを使ったタコ釣りが行われるようになってからは、ワームを組み合わせた仕掛けを見るようになりました。タコ釣り専用のフォーミュラ(匂いや味を付けるもの)もあります。

最近のルアー釣り的なタックルの王道は、ベイトリールタックルに、オモリに直結したエギやスッテを2個セットするものです。タコ釣りはボトムからルアーが離れると釣れる確率が極端に少なくなるから、ボトムを引きずるような仕掛けが必須です。

もちろん常に底を探る釣りなので根掛かりはありますが、ボートタコではバーチカルオンリーになるので、陸っぱりのタコ狙いやエギングよりは、根掛かりが少なく外しやすいです。とはいうものの、根掛かりはつきものなので予備のタックルは多めに用意しておきましょう。

アクション

繰り返しますが、原則としてボトムからルアーが離れるとタコは釣れないと思った方がいいです。それくらいボトムを意識して狙うことが大前提となります。

具体的な動作は、ボトムからオモリが離れないように、ロッドを小刻みにシェイクしながら、ボトムをトントンと叩くように狙います。ラインを張ったり緩めたりして、エギを海底でゆらゆらと動かすアクションです。

船の流し方は状況によりますが、イカリを下ろして船を停めるようなことはなく、必ず移動しながら狙うことになります。だから、トントンとボトムを叩いていると徐々に船が移動するからタコエギが離れていきラインが斜めになってきます。

そのままやり続けると他の釣り人とオマツリするので、迷惑が掛かりそうな距離までいくと、大きく仕掛けを持ち上げて足元付近に再度落としてあげましょう。これを繰り返すことでエギがボトムを離れることを最低限防げるから、より長い時間タコを狙うことが可能になります。つまり釣れる確率が上がるということです。

次に、ずっとシェイクを続けるのもありですが、シェイク後のステイが有効な場合もよくあります。

このようにボートタコでは基本としてシェイクとステイというテクニックをあまり要さない少ないアクションだけで狙えるので、初心者でも釣果を得やすいのです。その反面、初心者ほどボトム取りができていない場合が多いから、釣れないときはボトムがきちんと取れているかを疑いましょう。そんなときは、根掛かりのリスクは増えますがオモリを重くして対策するとよいでしょう。

フッキング

アタリがあってすぐにアワせると掛かりが浅く身切れしてしまう場合があります。即アワセせずにタコの重みを感じてから、少しロッドを送り込んでアワせた方がしっかりと掛けやすいです。ロッドがググっと入り込むくらい、しっかりとエギを抱え込ませる気持ちで行いましょう。ただし待ち過ぎたり、アクションを完全に止めるとタコがエサじゃないと気づいてエギから離れてしまうから注意しましょう。

またフッキングが甘いとタコにエギのフックが刺さっていないことがあります。その場合は海面が近づくとタコが逃げ出すことになります。だから、地面からタコを剥がすようなイメージで力強くアワせることが必要です。

掛かってからの仕掛けの巻き上げ時は、タコエギのフックにカエシが付いていない場合、仕掛けを止めるとタコはスッとフックから外れて逃げてしまいます。船上にタコを上げるまでテンションを緩めないようにしましょう。ポンピングもなるべく行わない方がよく、海面に上げた途端に逃げられることもよくあるから、タモですくった方が無難です。

ハリにはカエシがないため、船上へ上げるまではテンションを抜かないことがコツ。

カラー

当たりカラーは他の釣り同様あります。だから、「釣れている人のタックルを真似る」というのは他の釣りと同じです。真似るのはカラーなど見た目もありますが、サイズや装飾、形状も大きく関係してくるので、よく観察してから変更しましょう。

チャート系やレッド系が定番カラー。また、同じイエローを使っている場合でも、ワンポイントなどがあったり、エギの素材自体のコントラストが違う場合でも釣果の差は出やすいから注意。特にコントラストで釣れているときはカラーは無視してコントラストだけで選ぶといいでしょう。

セットしている疑似餌(ワームなど)でも釣れ方が変わってきます。おすすめはロックフィッシュを狙うクロー系。タコはカニ、エビなど甲殻類を好んで食べているので、クロー系のハサミがアピールに役立ちます。

タコのオスとメス

この写真は上がメスの吸盤で、下がオス。

タコのオスは、足の1本が交接器になっています。このため1本の足の先端には吸盤がないので見分けることができます。

次に吸盤の大きさ。オスは縄張り争いがあるため大きな吸盤を持っています。その吸盤は剥がれることもあるのか、大小不揃いの個体を多く見かけます。対してメスは奇麗な2列に並んでいて、美しい足を持っています。ちなみにタコのメスは身が柔らかいので食べやすく、オスは身が締まっているから歯ごたえがあります。だからオスとメスを見分けてから料理法を検討するのもいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました