ルアーの基本構造

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

ルアーの構造を知っておくと、自分が持っているルアーの特徴を理解でき、闇雲に人気ルアーをキャストするより、効率の良いローテーションを組み立てることができる。

釣果アップのためにも基礎部分を知っておこう。

スポンサーリンク

ミノー

比重

ミノーの名称

海水の比重に合わせて設計されており、浮くタイプ(フローティング)と沈むタイプ(シンキング)に分けられる。特にシンキングタイプのルアーでは、沈む速度がそれぞれ違うので注意しよう。

リップ

リップによる呼び名

ルアーが泳ぐレンジを決める機能。大きく水平なものほど深く潜り、小さく鋭角なものほど浅く泳ぐ。

通常は板状のものがセットされているが、ボディと一体型になったものもあり、これをリップレスミノーと呼ぶ。

重心移動システム

重心移動システム

現在主流のミノーは、重心移動型システムを採用したものが多い。その理由は、ルアーをキャストしたときに飛行姿勢が安定し、より遠投できるからだ。また、フックへの糸絡みも軽減できる。

しかしルアーを泳がせてアクションさせたとき、ルアー内部に埋め込まれたラトルが側面に当たり音が出てしまう。これが有効な場合もあるが、よりシビアに釣るために固定重心のルアーもある。

狙えるレンジ

ミノー

トップウォーターなどルアーを引いても浮くタイプはサーフェスレンジを狙い、フローティングは水面直下から2mくらいまで。

そしてシンキングは沈むので深く狙えると思われがちだが、実際に狙えるレンジはディープダイバーでも5mくらいまでだ。

条件やロッドの角度、ラインの太さなどによっても変わってくるが、ミノーは水深3mくらいまでを狙うルアーと覚えておこう。

バイブレーション

ロッドの角度でレンジが左右される

ミノーに比べて、より魚に近い形状をしたものが多く、一部例外を除きシンキングタイプとなる。

小型でも重量が重く設定されているため、ミドルレンジ〜ボトム狙いが中心となる。沖にナブラがある場合などにも使え、遠投して早引きすれば浅いレンジを狙うことも可能だ。

ラインアイのポジション

ラインアイのセットポジション

ラインアイのポジションは、ルアーやフックによって違う位置にセットされている。ルアーの前部にセットされているものは、比較的浅いレンジを狙うのに適した位置だ。

ルアーの軌道をダイレクトに操作するため、海面上からルアーを引く限りルアーは上向きになる。

逆に上部やセンター付近にセットされているものは、一定のレンジを狙いやすい。ジグヘッドには前部と上部の2つセットされたものもあるので、狙いたいレンジに合わせてラインを結ぼう。

メタルジグ

メタルジグ形状による特徴

アジやメバルなどを狙う1gくらいの小型のものから、流れが速く水深があるオフショアジギング用の150gクラスまで重量はバラエティに富んでいる。

狙えるレンジは、メタルジグを引く速度でも変わるが、基本はボトムまで落として足下までななめに引いてくる。また、重心の位置や形状によって泳ぎ方が変わってくる。

ワーム

ワーム

ワームとはムシ類や甲殻類を模したルアーであるが、その種類に合わせるように形状や種類、カラーが多く販売されている。

ワーム自体に浮力の設定はなく、ジグヘッドやシンカー、フックと合わせて重さを調整する。

生分解性の素材や、専用の液体に漬け込むタイプもあり、取り扱いに注意しなければならない。個別に収納できる専用のケースがあると便利。

ジグヘッド

ジグヘッド

使用するワームに合わせてジグヘッドを決める。特にワームの長さとフックのサイズはバランスが重要。

ハリとオモリが一体型になっており、オモリ部は鉛やタングステン素材が採用されている。

ルアーを沈める目的で使用するが、軽量のジグヘッドもあり、操作次第では思い通りのレンジを狙うことが可能となる。

ルアー釣りをもっと学ぼう
ルアー釣りかんたん入門
¥1,408(2024/02/26 04:04時点)
釣りの中でも手軽でタックルも比較的安価、準備に手間取らず、揃える道具も少ないルアー釣り。初めて行う釣りとして、特に「ライトルアー」が選ばれています。本書ではライトルアーすべてを網羅し、だれでもすぐに釣りが始められる内容となっています。
超入門 ルアー釣りのススメ
主婦の友社
¥1,760(2024/02/26 08:47時点)
陸から行うエサ釣りよりも手軽なルアー釣りが分かる本。これからルアー釣りを始める人、釣りを始めたがどうしてよいか分からない人、魚がなかなか釣れない人、もっと釣りを楽しみたい人を対象にした内容。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました