知れば楽しくなる磯釣り基礎知識 ウキの浮力調整

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
スポンサーリンク

ウキの浮力調整

状況にマッチした浮力調整

ウキは一般的にアタリを取るための道具ですが、フカセ釣りにおいては「仕掛けをマキエと同調させながらポイントまで運び、ターゲットの口元にツケエを運ぶ」といった大きな役割があります。

そしてこの「アタリを取る」、「仕掛けを運ぶ」といった2つの役割を考えたとき、大切になるのが浮力の調整です。

ウキはこの浮力の調整によって海面に浮かせる、海面下にシモらせる、海中に沈めるといった3パターンの使い分けができますが、たとえば海面にぽっかりと浮かせた状態だと視認性がよいので、仕掛けの位置を正確に把握でき、ウキの小さな動きの変化も明確に読み取れます。

つまり、アタリの取りやすさを考えれば、海面に浮かせるのが正解といえるでしょう。

しかし、ウキは浮かせることでデメリットが生じるケースが多くあります。

そのひとつとして挙げられるのが強風や高波といった悪天候に見舞われたときです。

強風はどの釣りにおいても厄介ですが、特にフカセ釣りにおいてはこの風が海面に浮いたウキを押し流し、潮に乗ってただ素直に流れるマキエの筋から仕掛けを離してしまいます。

また、高波は海面のウキを上下に揺らし、海中のツケエに不安定な動きをさせてしまい、魚に警戒心を与えてしまいます。

そこで、海面に浮いた状態の仕掛けにオモリをプラスするか、浮力の小さいものに交換することで、ウキを海面下ぎりぎりにシモらせてなじませるように浮力を調整するのです。

すると強風が吹いても海中のウキがそれに押されることはなく、波の上下でツケエが引っ張られることもありません。つまり、仕掛けをマキエと同調させながらグレの口元まで正確に届けることができるというわけです。

また、低水温期など、グレがエサを拾うタナが深くて読み切れないようなときは、遊動仕掛けのウキ下を小刻みに調整して探っていくよりも、ウキの浮力よりも大きなオモリを使って仕掛けごとゆっくり沈んでいくように調整し、タナを広く探っていく方が短時間で魚がエサを拾うタナを見つけやすくなります。

このように、状況にマッチした浮力の調整がこなせれば、アタリは増え釣果を伸ばせます。

キザクラ(kizakura) ガン玉つぶれんケース(6マス) 08360
キザクラ(kizakura)
¥1,080(2024/02/24 18:11時点)
高性能のスポンジがフタ面に付いており、閉じた状態でのガン玉の動きを軽減し、溝の潰れを防いでくれます!6マスタイプのガン玉つぶれんケースです!

仕掛けのなじみと浮力

浮力を調整する際、たいていの場合はウキの表示浮力に合わせたオモリをウキストッパーの直下に打っただけでは、シモッたり沈んだりすることはありません。

どちらかといえば海面にしっかり浮き、浮力が残っていると感じることが多いでしょう。

そこで、風や波の影響を押さえたいときは、その残存浮力を調整するためハリスにG2やG5、ときにはG7、G8といった極小ジンタンを打ちます。

これをポイントに投入すると、最初にウキストッパ 一の下のオモリが沈むため仕掛けはVの字になります。

しかし、この状態ではウキに浮力が残っているため仕掛けは浮いたままです。そして、そのあとハリスが沈み始めてきれいになじむと、微調整用のオモリのウエイトがウキにかかって海面下にジワッとシモります。

仕掛けのなじみ方 グレフカセ釣り

また、仕掛けを沈めるためにウキの浮力以上のオモリをハリスに打っていれば、ハリスがきれいな状態になじんだ時点でじわじわ沈み始めます。

仕掛けを沈めて探りたいときは、0や00などウキ自体が沈んでいく残存浮力を消したものがマッチしていると思うかもしれませんが、これだとハリスがなじんでいなくてもウキが沈んでいくため、仕掛けをきれいに流していくにはそのコントロールが難しくなります。

ところが、若干の浮力を残したウキを使うと仕掛けはオートマチックになじんで沈んでくれるので扱いやすいのです。

逆もまた真の浮力調整

残存浮力が大きなウキは、グレがツケエを口にした際の違和感も大きくなり、食いが渋いときなどは飲み込まずに吐き出すといわれています。

そのため、こんな場合も浮力はしぶしぶに押さえてウキを海面下にシモらせるような釣りが正解になります。

しかし、状況によってはその逆もあります。

たとえばグレの活性が低く、大きな反転運動を見せずに居食いのような状態でツケエを口にするようなときです。

ここでグレの食いが渋いからといってウキをしぶしぶにシモらせてしまうと、その動きが見えにくくなるため、さらに小さなアタリが取りにくくなります。

この場合、あえてBや2Bといった浮力の強いウキをノーシンカーで使い、海面にぽっかりと浮かせてあげましょう。

すると、居食いするグレがツケエをくわえたとき、ウキがポコポコッと上下に動いて海面に波紋を作ります。その瞬間にアワセを入れれば、きれいにハリ掛かりしてくれるというわけです。

また、先にウキが先行して沈みやすいため使いにくいと説明した000といったウキですが、状況によってはこれがハマるケースもあります。

たとえば食い渋ったグレがオモリを打った仕掛けを嫌って口を使わなくなるようなときです。

強風時などはどうしてもオモリが不可欠ですが、00などのウキを使うとそれが沈もうとする力が道糸の抵抗を帳消しにしてくれるので、オモリを打たなくてもウキを海面下にきれいになじませることができます。

また、最近のウキは0をいくつもの浮力に細分化したものも多くあり、もはや口では説明できない感覚的なものになってしまっていますが、フカセ釣りをより繊細に突き詰めていくにはこれらが欠かせないアイテムになっています。

釣研 ツインフォース R 全遊動 M 0・000
釣研
¥1,309(2024/02/24 20:43時点)
上下一体で飛行するためトラブルが激減投入から着水まで上下のウキが完全に一体となって飛行します。そのため、重心が分散することによる糸がらみや、飛距離ダウンの心配がありません。
玄人志向で食い渋りを乗り切る! 魅惑のガン玉テクシリーズ
タイトルとURLをコピーしました