寒チヌ攻略に必要な知識とテクニック

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

チヌ釣りにおいて一年で最も難しい冬期は、活性が高い他の季節通りの釣りを展開しても釣果に繋がりません。

寒チヌを釣るうえで必要な知識やテクニックを紹介します。

フィールドを選ぶときに気をつけるポイント

雨風の影響を受けやすい河口域は避けよう。

雨や川水の影響を受けやすい河口付近は、水温の変化が激しく、チヌはおろかエサ盗りの活性も低くなっているため、避けたほうが無難です。

冬場は流れのあるフィールドを選ぶようにしましょう。

釣り座が緩やかな流れであっても沖などにはっきりとした激流が流れるようなポイントが有望です。

激流ポイントでは上層から底潮までの潮がしっかりと混ざるため、水温が安定しやすくなります。

上げ下げの潮で多少の水温変化はあるかもしれませんが、エリア一帯の水温が均一になるので流れがあるフィールドを選んだ方が良いでしょう。

その中でも特に、ポイントの近くにサーフなど水深の浅いフィールドがあると、太陽の光を受けて水温が上がり、魚の活性を上げるファクターになります。

冬場は海藻や藻などの海生植物が減ってしまいますが、クロダイのエサにもなるホンダワラがある所は虫が付いていたり、身を隠せるためチヌにとって過ごしやすい場所であるため、欠かせないポイントです。

有効な仕掛け

一つの例として、ウキ止めをつけない全遊動仕掛けを使った全層釣法を紹介します。

全層釣法は、オモリの力とネリエの重みで素早く底までなじませていく釣り方なので、仕掛け着水後はウキが沈んでいきますが、ある程度沈めば海面下1~2mぐらいにウキが停滞してホバリングするイメージです。

0ウキに板オモリを貼って0シブぐらいの浮力に調整して、さらにサルカンから1㎝間隔でジンタン3号を2つ打ちます。

ウキは海面下で停滞していますが、仕掛けは高速で深場まで縦に入っていき、最終的に仕掛けが底をはうようなセッティングです。

よくいわれるズボ釣りスタイルだとウキが底まで入っていきますが、全層釣法の場合はウキがホバリングしています。これが00+ジンタン3号2つだとウキが沈み過ぎてしまいます。

道糸を出し放題にしていると、アタリがあっても道糸がスルスルとウキを抜けてしまい、アタリがウキにでません。
逆に張り過ぎると潮の抵抗を受けて仕掛けが浮いてしまい、マキエとツケエの同調が困難になります。

竿先から水面まで道糸がノの字に垂れるくらいのテンションを維持しつつ、仕掛けを潮の流れに乗せ、アタリを待つイメージで釣ると良いでしょう。

金龍 勝負グレ 早掛け フック ステルスブラック 7号 釣り針
金龍
¥288(2024/02/25 07:32時点)
速攻タイプのグレ針の誕生です!小さなアタリを瞬時に捕えてしっかり掛ける最速フォルムです!カラーは磯・潮に同化しやすいステルスブラックを採用。

冬場に使う「PEライン」

冬場は夏場のように手元までひったくっていくアタリが少なく、どうしてもアタリが小さいので感度の良いPEラインを使い、ウキを沈めた全遊動仕掛けでラインと穂先でアタリを見極めます。

また、冬場はポイントの中でも沖の深場を狙うことが多くなるので、狙える範囲が広くなる遠投性の高いPEラインは欠かせません。

チヌだけでなく、エサ盗りがツケエをかじっている、かじっていないといった小さなアタリも取ることができます。特に冬場はフグの存在が重要になるので、フグのアタリもPEラインなら分かりやすくなります。

シマノ(SHIMANO) LIMITED PRO PEG5+ サスペンド 200m 0.8号~1.5号 PL-I65R
シマノ(SHIMANO)
¥3,773(2024/02/25 07:53時点)
低伸度のPEラインのメリットが磯釣りで威力を発揮。本流を攻める時に適した太さもスプールにしっかり巻ける200m仕様。

始めに狙うのは中間距離から

最初はフルキャストで投げた距離のちょうど半分となる、中間距離から魚の反応を見ていきましょう。

そのポイントで釣れればしばらく重点的にマキエを打ち、エサ盗りが多ければ深場まで徐々に遠投していってツケエの残るポイントを探していきます。

冬場はエサ盗りが出てこない距離感があるので、ツケエの取られるポイントとぎりぎり残るラインを重点的に攻めてみましょう。

逆に深いところまで探っても魚の反応がないときは手前を探っていきます。藻があれば藻際だったり、堤防であれば捨て石の手前側を狙ったりと、ストラクチャーに潜んでいるチヌを探ることで釣果に繋がることがあります。

冬場に有効なマキエとツケエ

水温が下がるとどうしても海の透明度が高くなるので、視覚でアピールできるようにマキエは濁りを重視した配合が良いでしょう。

ツケエに関しては基本的にネリエを使います。特に冬場は黄色をメインにして、その他に赤色と白色を持っていきましょう。

メインの黄色のネリエは海水をつけてよく練り、限界まで軟らかくして食わせエサにすると効果的です。柔らかさの目安は、オキアミの硬さよりも軟らかくするイメージです。

赤色はそれよりももう少し硬く仕上げて、フグなどが多いときに使うようにしましょう。

それでも歯がたたないときは白色の出番です。フグや木っ葉グレなどのエサ盗りの多いときも比較的かわしやすくなります。マキエはツケエと近い色に仕上げるとより効果的です。

エサ盗りの動向を把握する

冬場はフグやべラなどのエサ盗りが当たらないようなポイントは、チヌが居たとしても口を使いません。そのためツケエが取られたり、ハリが取られるポイントをまずは注視することです。

エサ盗りがいないポイントをいきなり釣ってもそういった所ではチヌが釣れないので、まずはエサ盗りのいる場所を探り、そこから徐々に離していって釣りを組み立てていきます。

また、夏場と違って1投を長く釣ることも重要です。アタリがないからといってすぐに仕掛けを回収するではなく、2分経ってから当たったりすることもあるので、冬場のリズムを作ることも大切になります。

マキエは夏場より少なめに

冬場は特にマキエの撒き過ぎに注意しましょう。

反応がないからといってバンバン撒き過ぎてしまうと、逆にチヌの反応が悪くなってしまいます。

反応が出るまで時間が掛かるため、じっくりと待つことを心掛けましょう。

エサ盗りがいればツケエをマキエと同化させる意味で先打ちを入れて、逆にオキアミを使っても反応がないときは後打ちのみにする、ということも有効ですので試してみてください。

少ないチャンスをモノにするため魚に違和感を与えない

冬場はどうしてもアタリが少ないので、仕掛け投入後はリールをオープンベイルにして指でラインを押さえておきます。

リールを閉じた状態でポンッと当たったときに、魚が違和感を感じ取ってツケエを離すことがあるので、オープンベイルにしておいてラインを即座に送り込めるようにしましょう。

そして合わせるタイミングも重要です。

ラインがしっかり走るのを待ってから手首を返すぐらいのアワセを入れますが、ラインが走らずに小刻みなアタリが続くときはむやみに合わさず仕掛けを一旦回収して、再度ツケエを付け替えて一から同じように攻めます。

小刻みに出るアタリを合わせて、仮に乗らなかったとすればチヌが警戒してしまうので、完全にラインが走るまで待って1尾1尾丁寧に釣るのが大切です。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 BB-X テクニウム各種
シマノ(SHIMANO)
¥78,529(2024/02/25 14:06時点)
ローター逆転時のブレを徹底排除し、瞬時に糸を出して体制を立て直すことが可能である。強靭、高剛性なHAGANEボディ&ギア、ローターは大物とのやり取りにこの上ないアドバンテージ。
他にはこんな記事が読まれています

タイトルとURLをコピーしました