魚の計測から記録申請まで! 正確な手順を解説

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

大半の釣り人は自分の釣った魚の大きさが気になることでしょう。大きければなおさらです。

魚の測り方にはいくつか種類があります。その種類を知っておかなければ、計測者によってサイズに誤差が生まれる可能性があります。正しい測り方を覚えてみましょう。

スポンサーリンク

魚の測り方の種類

魚の測り方

魚の長さを測る基準は以下の4種類です。

・尾ビレを開いた状態の全長
・尾ビレを閉じた状態の全長
・叉長(さちょうと読む。尾叉長ともいう)
・標準体長

では詳しく長さの測り方を解説していきましょう。

全長

メジャーでは測りきれない大きさ
ときには用意したメジャーでは測りきれないサイズが上がることも!?

魚の前端から尾の後端までの長さのこと。

多くの釣り人は、尾ビレを開いた状態で測っていることでしょう。基本的にはそれで問題ないのですが、この方法には一つ弱点があります。

それは、尾ビレの開き加減で若干サイズが変わってしまうこと。自然に開いた状態を保とうとしても、微妙な誤差が生まれてしまいます。

趣味の範囲ならそれでもよいのですが、厳格にサイズを測らなければならないときは、そうもいきません。そんなときのために、尾ビレを閉じた状態で測る方法があります。

叉長

全長だけでも、十分サイズを比較できますが、魚によっては、尾ビレが一部欠けている個体もいるでしょう。

そういった個体差をなくすために用いられるのが叉長です。

魚の口から、尾の窪んだ部分までを図る方法で、これならば、尾ビレが一部破れていても、より正確に測ることができます。

魚の大きさを測る
このチヌの場合、全長が50.5㎝。叉長が47.4㎝前後ということになります。

標準体長

さらに厳格に測らなければならない学問的分野では、標準体長が用いられます。

これは魚の上アゴの前端から、尾びれの付け根、下尾骨の後端までの長さを示したもの。これなら尾ビレがボロボロになっていたとしても、サイズが比べられるというわけです。

イカを測る方法

イカの測り方

イカの場合、見た目通り全長を測ることは難しいため、重さ以外の方法だと胴長を測ります。

胴長は胴の先端から、胴の下端までの長さのことで、ゲソ(脚)などは含みません。

ただ、一般的にはイカやタコなどの軟体動物は重さで比較されるケースが多いようです。

魚の全長を測ってみよう

実際に試してみると分かることですが、メジャーで魚のサイズを測るのは案外大変です。

動いて暴れますし、何より体高がある魚だと、0㎝の表記に前端を合わせることも、見る角度によっては誤差が生じてしまうため結構大変。

そういった誤差をなくしたいときは下の写真のように、メジャーに垂直の壁がある商品が発売されているので、利用するとよいでしょう。

シーバスの大きさを測る

気をつけたいのは間違った測り方。たまに魚を地面に置き、その上からメジャーを乗せて全長を測ろうとする人を見かけますが、魚のカーブに沿って測ってしまうので誤ったサイズが出てしまいます。

必ず、メジャーを平らな地面に置いて測りましょう。

大会で用いられる長さ

魚の大きさで競われる大会の場合は、全長か、重量で勝負します。

ただし、前述した理由から、叉長が用いられることもあります。このあたりは事前に測定方法がルールに定められているので、しっかりチェックしておきましょう。

仲間うちで大会を開く場合も、どういう方法で計測するのか、最初に話し合っておくほうが賢明でしょう。

記録を正式に残したい場合には、JGFA(ジャパンゲームフィッシュ協会)に申請するとよいでしょう。細かな規定もありますので注意。まずはメジャーを添えた写真を用意しておきましょう。

なお、下の写真のように、魚の向きは左向き、腹は下になるように撮影しておくとよいでしょう。

シーバスを測る
おすすめ商品
ノギスケール125
第一精工
¥1,665(2024/02/23 23:53時点)
ノギスを採用。魚の全長をカンタン・正確・スピーディーに測定。SNS投稿撮影に最適。夜間でも視認性が高いレッドラインと大型目盛のメジャー。
メジャー 120
コーモラン(CORMORAN)
¥1,450(2024/02/23 12:36時点)
120㎝で持ち運びもコンパクト! 一つ持っていると魚を測るときに便利。ボード付きタイプ。
タイトルとURLをコピーしました