ルアー操作の基本中の基本「リトリーブとは」

リールのハンドルを回してラインを巻き取り、ルアーを引くことをリトリーブと呼ぶ。一般的には「巻く」や「引く」などと呼ばれることも多い。リトリーブのバリエーションには以下のようなものがある。

タダ巻き

ロッドの持ち方は、リールフットを挟んで3本の指でしっかりと握り込み、人差し指と親指は軽く添えるようにしておく。右利きの人は右手にロッドを持って、左手でリールのハンドルを回すことが多いが、逆でも問題ない。

ただリールのハンドルを回してラインを巻き取り、ルアーを引くだけ。ルアーアクションの中で、最も基本にして、最も効果的なのがタダ巻きだ。

ほとんどのルアーはラインに引かれるだけで、さまざまなアクションを演出するように作られている。まずはこのタダ巻きをきっちりとできるようになろう。

基本となるのは前述したようにただリールのハンドルを回すだけ。

タダ巻きでのルアーの動きイメージ。

ここでキモとなってくるのが、一定のスピードでハンドルを回す、ということだ。状況によっては、回すスピードに変化を付けることもあるが、タダ巻きの基本は一定のスピードとなる。

では一定のスピードというのはどのくらいの速さがよいのだろうか。

ターゲットや使うルアー、狙いたいレンジなどによって異なってくるが、基本となるのは1秒間でリールのハンドルを1回転させるくらいのスピードだ。ルアーが一定のレンジをキープしながらスイムするのに、これくらいの速さが適している。

 

速巻き

文字通り、ラインを速く巻き取る=速いリトリーブのことを指す。ただし、これもかなりあいまいで、どれくらいのスピードと明示されることはほとんどない。

魚が泳ぐスピードは思っている以上に速く、人間の手で、どれだけ速くリールのハンドルを回しても、魚が追い付けないということはない。しかし、あまり巻くスピードが速いと、ルアーが浮き上がり、海面を割って飛び出してしまう。狙いたいレンジにルアーを通せる範囲で速く巻くということが大切だ。

デッドスロー

死ぬほど遅いリトリーブ、ということになるが、あまりにスピードが遅いとルアーはアクションしなくなる。ルアーがアクションする範囲でできるだけ遅いスピードというのがこれにあたる。

足元にルアーを落として引いてみると、ルアーがどういったアクションをするかが分かるので、まずはそれを確認した上で、どれくらい遅くすればよいのかを判断するとよい。

ストップ&ゴー

ストップ&ゴーのルアーの動きイメージ。

リトリーブの途中で巻くのを止め、ルアーをストップさせ、再び巻き始めるアクションだ。

ルアーを止めることで、ターゲットに「食わせの間」を作ることを目的としている。

コツはメリハリを付けて、リトリーブ・ストップをすること。止めるときはきっちりと止めて、巻くときは素早く巻き始める。リールのハンドルを10〜15回転したら、ピタッとルアーを1〜2秒止めて、再びリトリーブというふうに繰り返してやるとよい。 

タイトルとURLをコピーしました