ウキ釣り固定仕掛けの基本をマスターしよう

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

古来からあるウキ釣りの基本仕掛け。現代ではリールを使う釣りが一般的となったため、河川など浅い場所での釣りなど使用用途は少なくなったものの、トラブルが少なく初心者でも扱いやすい仕掛けだ。

海釣りで活躍する仕掛けと釣り方を知っておこう。

スポンサーリンク

固定仕掛けとは

河口チヌフカセ釣り

ウキをゴム管やヨージで固定して使用する仕組みとなっている。狙える深さが竿の長さに比例するため、浅い場所での釣りに用いられ、シンプルでトラブルも少ない仕掛けだ。

ウキフカセ釣りでは中通しの円錐ウキが主流のため、ウキが上下に動かないように専用の固定用アイテムか爪楊枝などをウキ穴に差し込んで固定する。

円錐ウキの他に小型の棒ウキも使われ、より小さなアタリを取る際に重宝する。水深が浅い場所や魚が浮いて狙うタナが浅い場合に使用されるケースがほとんどだ。

固定仕掛けは古くからあるノベ竿が基準となっている。

固定仕掛けで狙える水深

つまり、水深が浅い川や池などで釣るために生まれたものだ。だからヘラブナ釣りなどでは、狙う水深に合わせて竿の長さを使い分け、仕掛けの長さを調整している。

リールが使われるようになってからは、川や池よりも水深が深い海ではそれが主流となり、固定仕掛けでは難しい深い場所も狙えるようになった。

現在のウキ釣りの主流は半遊動仕掛けだが、魚が深い場所にだけいるわけではないということと、浅い場所にいる魚を狙うのは今でも固定仕掛けのほうが釣りやすいということである。

適したフィールド

固定仕掛けで狙える範囲

磯竿の標準的な長さは5.3mであるため、固定仕掛けで狙える水深は4m前後となる。

これよりも深い位置でウキを固定すると、魚が掛かったときに竿が曲がり魚を足元まで寄せられなかったり、ウキが竿の穂先にぶつかって穂先が破損することもある。

水深が10mある場所でも、全ての魚が底付近を泳いでいるわけではない。つまり、水深が深い場所でも浅い層を遊泳する魚であれば固定仕掛けで狙えるということだ。

マキエで浮きやすいグレはもちろん、ウミタナゴやサヨリ、アジ狙いには最適な仕掛けである。

沈め釣り

沈め釣り

通常、ウキは水面に浮かせて魚のアタリを取るものだが、わざとウキを沈めることもある。

半遊動や全遊動仕掛けでも同様に行うが、固定仕掛けはこれにより竿の長さよりも深い水深が狙えることになる。

ウキを沈める目的は、潮の流れに自然に乗せたり、ウキの浮力をできるだけ小さくすることで魚がエサをくわえて引いたときの違和感を軽減させる効果がある。

しかしウキを沈めるとウキでアタリが取れなくなるため、見えなくなったら道糸の動きに注意して仕掛けを流すようにする。

この釣法はウキが見えないため慣れるまでは仕掛けの操作がうまくいっていないことが多い。

その原因の多くが仕掛けを張りすぎて仕掛け自体が浮き上がっているか、その逆で仕掛けを緩めすぎて魚のアタリが竿先や道糸に出ないということだ。

仕掛けの操作を言葉で表すと、「張らず緩めず」というのがピッタリなのだが、その加減は人によりけりで、仕掛けや潮の速さ、風の強さなどにも大きく左右される。

簡単に解説するとツケエが一番先にあり、ハリス→オモリ→ウキ→道糸の順で流れ、なにかが引っ張ればすぐに反応がでるように適度な張りを持たせておくということだ。

神経質になりすぎる必要はないが、この動作ができているのとそうでないのでは釣果に雲泥の差が出てしまうことも多い。

そこで、初心者では丁度良い加減がつかめないため、もしウキを沈めて狙うような状況になったらウキを固定し、ウキの浮力以上のオモリを取り付けてゆっくりと沈めながら流すことをおすすめする。

ウキを固定することによりラインとの一体感が強まり、仕掛けの張りを演出することができるはずだ。

ただし、このとき道糸は潮の流れる速度に合わせて出すこと。出しすぎてラインがたるむとアタリが出にくい。

固定仕掛けに必要な道具

フカセ釣り

竿

ノベ竿でもいいが、ガイド付きの磯竿を使うのが望ましい。リールを使うことで遠くまで狙える。チヌもグレも基本号数は1号。長さは5.3mがメイン。

リール

小型のスピニングリールが一般的。リールにはサイズの統一規格はないが、各社番と表記されている。メーカーにより若干の差があるため、購入時には糸巻き量を基準に選ぶ。ウキフカセ釣りでは2500番か3000番が好まれる。

道糸

リールに巻く糸。フローティング系のナイロンラインが使いやすい。リールのサイズにより巻ける長さが変わるが、100m以上の道糸を常時巻いておく。

ウキ

中通しタイプの円錐ウキ。ウキには号数が設定されており、その表示は使用できるオモリに比例している。堤防では3B〜5B浮力のウキの使い勝手が良い。固定は専用の固定用アイテムや爪楊枝で代用する。

ウキが動かせる範囲

狙う水深のことを「タナ」という。この固定仕掛けではスイベルの真上にウキをセットしたときが一番浅いタナで、竿の長さの8分目くらいまでの場所にウキをセットした場合が一番深いタナとなる。

フカセ釣り

オモリ

ウキの号数と同じオモリ(ガン玉)を取り付ける。基本の位置はここ。状況により複数付けたり場所を変える。

スイベル

ラインのヨレを防いでくれる道具。ウキフカセ釣りでは道糸とハリスを直結する人も多い。

ハリス

道糸の先に取り付け、ハリを結ぶライン。フロロカーボンが主流。1.5号がメインとなる号数だが、チヌ狙いでは細い号数も好まれ、0.8〜1.5号と幅広く使われる。

ハリスの長さは2ヒロ(3m)が基準だが、固定仕掛けではもっと短くして浅いタナが狙えるようにするため、1.5mくらいでよい。

ハリ

釣りバリは対象魚により使い分けることがほとんど。チヌ狙いではチヌバリや海津バリ。グレ狙いではグレバリや伊勢尼などを使う。同号数でもハリの種類により大きさが違うため注意。

グレ狙いなら浅く浮いた魚を狙う

グレ釣りのコツ

前述した通り、深くても4mほどのタナしか狙えないため、それ以浅にいる魚がターゲットになる。

アジやサヨリ、ウミタナゴなど多くの魚が狙える中で、人気なのはグレ釣りだ。しかし、グレは本来海底付近にいる魚で底にある岩など障害物に隠れるように生活している。

この魚がなぜ浅い場所で釣れるのかはマキエに答えがある。魚の嗅覚や聴覚は優れており、遠くの物音や匂いを嗅ぎ分けることが可能だ。

このため、マキエを撒き続けることで底付近にいたグレが徐々に浅い場所まで浮上してきてエサを食べるようになる。その浮いたグレを効率よく狙うのがウキフカセ釣り、そして固定仕掛けだ。

チヌも浮いてくる

グレを狙っていたら大型のチヌが釣れたというケースは少なくない。チヌもグレ同様に底付近を回遊する魚であるが、グレ同様にエサにつられて浅い場所まで浮いてくることがよくある。

しかし、グレのように大きな群れで行動しないため、浮いているかどうかの判断は釣れるまで難しい。
それでも、浮いたチヌは数尾で集まっている可能性が高いため、複数釣れることがよくある。

固定仕掛けの釣り方

マキエをきっちりと撒く

マキエ

ウキフカセ釣りではマキエの量や撒くタイミングが重要だ。基本はマキエの中に仕掛けを入れ、ハリが付いたツケエをカモフラージュしたり、マキエによって活性が上がった魚を狙うというものだ。

つまり、マキエと仕掛けが同じ場所に流れる(同調する)ことが大切なのだ。

最初はマキエも仕掛けの投入もままならないだろうから、まずは仕掛けを投入してウキめがけてマキエを投入するといいだろう。マキエ投入コントロールはのちのち重要になるのでマスターしよう。

マキエの回数

最低でも仕掛けを投入するたびに1杯のマキエが必要となる。

しかし、1杯では心もとないのと初級者では仕掛けとの同調も毎回できていない可能性が高いため、最低でも3杯以上のマキエをウキ付近に撒いて同調を心掛けよう。

もっとも、中級者以上でも1杯のみしか撒かないという人はあまりおらず、よく釣る人ほど多くのマキエを利用しているといっても過言ではないほどだ。

磯グレを狙うなら 浅い場所の梅雨時期が好場

フカセ釣り

グレがよく釣れるシーズンは梅雨時期と冬期の2回ある。夏期も釣れるのだが、磯上が暑いためあまり好まれないようだ。

特に梅雨時期に釣れるグレは浅いタナまで浮く傾向にあり、梅雨グレと呼ばれる数狙いができるシーズンだ。冬期も同様に数狙えることもあるが、型狙いが主流となる。

時期による大きな違いは釣れる場所で、梅雨時期は湾内など比較的浅く波が穏やかなエリアで狙うことが可能である。マキエで浮きやすいため、手返しの良い固定仕掛けが活躍する。

釣れるタナは安定しない

浅場のグレ狙いの仕掛け

梅雨時期は雨が降ることと、冬期は季節風など風や寒気の影響でどちらも水温が安定しにくいシーズンでもある。

このため、魚の活性が大きく変わり、釣れるタナがまちまちであることも多い。浅く浮くとは限らないのだ。

しかし、余程のことがない限り海底付近で釣れるということはなく、深くても5〜10mくらいまでだ。

特に梅雨時期はそこまで深いことはまれで、よほど釣れない限り5m以内を1日通して狙う人が多い。

釣れないときは固定仕掛けのままウキを沈めて狙ったり、半遊動や全遊動仕掛けに変更するのが一般的だ。

夜の浅場狙いで活躍

河口チヌ狙いの仕掛け

夏場の水温が高い時期、日中はエサ盗りの活性が高くエサをすぐに取られてしまい本命魚を狙いづらい。そこで、エサ盗りが静かになる夜釣りをおすすめする。

もちろん足場が良い場所に限るが、日中に比べて涼しく釣りやすいため集中して本命が狙える。

ガンダマの位置の決め方

特にチヌは夜になると浅場までエサを求めて回遊し、河口や漁港での釣果が望める。さらに夜釣りでは警戒心も薄れるため大型を仕留められる確率も高い。

夜は魚も大胆になるのと日中よりも視界が限られるため、少々太めの仕掛けでも食ってくる。なにより、太い仕掛けのほうが張りがあって絡みが少なくトラブルも軽減できる。

狙う場所と狙い方

河口のウキ釣り

夏場のチヌは汽水域にエサを求めてくることが多いため、昼夜問わずに河口付近がポイントになる。

河口付近は比較的流れが速く複雑になりやすいため、ツケエを安定させてチヌが食いやすいような仕掛けが理想だ。一般的にはハリスにガン玉を段打ちにできるような仕掛けをセレクトする。

ツケエはオキアミよりも、河口域に多く生息するムシ類(イソメなど)が効果的だ。ムシエサは匂いが強く動きで魚を誘い、アタリも比較的鮮明に出るため夜釣りでは効果的なツケエである。

チヌの他にスズキやキチヌなども食ってくる。

夜釣りでは日中のようにマキエを撒くことは少ないが、少量ずつを絶え間なく撒くことで広範囲から魚を集め、魚が回遊してきたときの足止め効果にもなるため、高比重で集魚力の高いマキエを、1投ごとに1杯くらいの頻度で撒くといいだろう。

日中はマキエにオキアミを主体に混ぜるが、夜間は匂いが強いアミを主体にするとよい。川の流れは速いため、反転流や潮の淀む場所にマキエを溜めるように狙う。

おすすめ商品
海釣り仕掛け集:ウキ釣り編
¥1,408(2024/02/26 19:35時点)
ウキ釣り入門の扉を叩きたいけど、どうすればよいか迷っている人にとってもよく分かる内容です。ウキとは何かから説明し、どういった仕掛けを組めば魚が釣れるのかを、順を追って解説します。
ウキ釣りのすべて 海釣り仕掛けのスーパーガイド
主婦の友社
¥860(2024/02/25 23:16時点)
海釣りのなかでもダントツで人気の「ウキ釣り」。その中でもマキエを使って釣る「ウキフカセ釣り」を主軸に、人気の魚を攻略する解説を盛り込んでいます。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました