【初心者向け】ウキ釣りに必要な道具のことを知ろう

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

ウキ釣りで使う竿はどのようなものが必要か。リールは? ラインは? その他には? 基本的なアイテムを紹介します。

スポンサーリンク

釣りの要となる竿

竿

釣り道具の中でも、竿は釣りの快適さに大きく影響する重要なアイテムだ。

それゆえ、ターゲットや釣り方に合わせた専用竿が各メーカーから数多く発売されており、専用竿の中でも長さや強さの違うものが用意されている。

ウキ釣り用の竿も、釣り方やターゲットによっていくつかのカテゴリーに分けられており、それぞれに専用品がラインアップされている。

ウキ釣りに使われるのは、主に万能竿、磯竿、遠投竿、カゴ竿などだ。本来は、自分がやりたい釣りの専用竿を選ぶのがベターだが、専用でなくても、他の釣りができないことはない。

重すぎて使いにくいとか、もう少し重量のある仕掛けを投げられたら、などということはあるが、他のカテゴリーの竿を代用しても問題はない。

明確に自分がやりたい釣りが決まっているなら、もちろん専用品を選ぶべきだが、とりあえず1本欲しい場合は万能竿がおすすめだ。

文字通り、さまざまな釣りに万能に使うことができる。

グレフカセ釣り

しかし、万能竿というカテゴリーが設定されていないメーカーもある。その場合は、磯・堤防用で長さが5m前後で3号クラス(オモリ負荷10号程度)の竿を選ぶといろいろな釣りに使いやすい。

どうせなら5号といった重い仕掛けを扱えるものや長いものを選んだ方が、より幅広い釣りをできるような気がするが、そういったものは竿自体がかなり重くなってしまう。

重い道具を使うと、仕掛けの投入に腕力や体力を必要とするようになり、長くなると扱いづらくなるので、注意したい。

リールはサイズで選ぶ

スピニングリール

ウキ釣りで使うのはスピニングリールだ。仕掛けを投げるという行為がやりやすく、ライントラブルも少ないので、ウキ釣りではスピニングリールを使うのが一般的。

リールも釣りの種類に合わせた専用品が多く並べられているが、ウキ釣りでは汎用品を選ぶのが無難だ。

リールのサイズを選ぶ基準は使用するラインが150m以上巻けるものとなる。

ラインは釣りの種類によって使用するタイプや太さが変わってくるが、万能に使うのなら、ナイロンラインの3号くらいが扱いやすい。3号のラインを必要な長さ巻けるリールというのは番手でいうと3000〜4000番となる。

グレやチヌを狙ったフカセ釣りの場合は、もっと細いラインを使うため、リールの番手も小さいものを選ぶ。

また、遠投カゴ釣りの場合はもっと太いラインを使うため、リールの番手も大きなものを選ぶのが基本だ。

レバーブレーキ

レバーブレーキリール

スピニングリールの中にLBという表記がされたものがあり、レバーブレーキを意味する。

これは、掛かった魚が急に走り出したときなどに、ラインを放出して仕掛けが切れるの防ぐための装置だ。

主にグレやチヌ釣りの専用リールに装備されている。

リールに巻くライン

レバーブレーキリール

ウキ釣りに使われるラインは主にナイロンライン、フロロカーボンライン、PEラインの3種類だ。

この中でリールに巻く道糸(メインライン)となるのはナイロンラインとPEラインだ。フロロカーボンラインは道糸の先に接続する仕掛けの基礎となるハリスに使われる。

ナイロンラインは適度なコシとしなやかさがあり、使いやすいのが特徴。伸び率が高いため、感度の面では劣るがウキ釣りの道糸では一般的にナイロンラインが使われている。

PEラインは引っ張り強度が強く、感度に優れるが、ライントラブルが多くなりやすい。また、ハリスとの接続に複雑な結び方をする必要がある。

迷ったらナイロンラインを使えば間違いない。

仕掛けに使われるライン(ハリス・エダス)

ハリス

フロロカーボンラインは擦れに強いという特徴から、海底や魚と接触しやすい仕掛け部分に使われる。
ナイロンラインと比べると伸び率が低く、感度に優れるという面も持ち合わせている。

仕掛けの中でハリが複数本付いているものがある。サビキ釣りなどで使われる仕掛けがそれにあたる。

このような仕掛けでは、道糸に接続するメインとなるラインを幹糸、幹糸から複数本伸びているハリに接続されるラインをエダスと呼ぶ。

一般的にエダスは張りの強いフロロカーボンラインが良いと言われているが、市販の仕掛けは商品によってナイロンが使われているものやフロロカーボンが使われているものがある。

魚との接点、ハリ

ハリ

数ある釣りのアイテムの中でも、選ぶのに一番苦労するのがハリではなかろうか。

釣り用のハリは魚種専用にさまざまなものがラインアップされている。さらに、一つの魚種の中でもサイズ(号数)が多く用意されており、また、カラーが複数用意されているものもある。

サイズやカラーについては、ある程度の経験を積んでいかないと、自分で決めるのは難しいだろう。

サイズについては、まずは本書の仕掛け図を参考に選べばよい。カラーは各色にそれぞれの意味があるが、最初は気にしなくてもよい。銀色や金色といったスタンダードなものを選んでおけば問題ない。

魚種によっては、同じ号数でも、太さや重量が異なるものがある。

刺さりやすさや、強度、海中での落ちるスピードなどを考慮したもので、繊細さを要求されるグレ用のハリには、さまざまな仕様のものが作られている。

魚種専用のハリを使うのが間違いないが、ハリにも汎用性が高く、いろいろな釣りに使えるものがある。

伊勢尼やチヌバリなどはスタンダードな形状で、多くの釣りに流用しやすい。

仕掛けに使われるその他のアイテム

ウキストッパー

ウキストッパー

その名の通り、ウキが仕掛けの中で下がってしまうのをストップさせるためのものだ。

しかし、その役割は単純にウキを止めるだけではない。仕掛けが切れたときに、ウキのロストを防いだり、投入時に仕掛けを絡みにくくする役割もある。

多くの場合は道糸とハリスの結び目よりも上に装着する。また、仕掛けを潮流に乗せやすくする潮受け機能を付加させたものや、視認性を確保するものもある。

スイベル(サルカン、ヨリモドシ)

スイベル

ライン同士や、ラインとその他のアイテムを接続するためのもので、大小さまざまなサイズがある。
スイベルを使う理由は、ラインのヨレを防いでくれるから。

エサを装着したハリは、仕掛けの他の部分よりも潮の抵抗を受けやすく、回転しやすくなる。

直結した場合、ヨレがひどくなると、反動でハリが回転してしまうため、こまめにヨレを戻す作業が必要となるが、スイベルで接続すると、そのわずらわしさから解放される。

オモリ

ナス型オモリ

仕掛けによって異なるため、非常に種類の多いアイテムだ。

大きく分けるとラインに通す中通しタイプと、ラインを結んでぶら下げる環付きタイプがある。この区別さえしておけば、形状が多少違っていても問題ない場合が多い。

環付きタイプの方が多くの釣りに使われており、その中でも六角形をしたオモリ(小田原オモリ)が最もスタンダードだ。

ガン玉(カミツブシ)

ガン玉

これもオモリで、釣り糸に挟んで(噛んで)留める、ウキ釣りで最も使われるオモリ。

小さなものはジンタンとも呼ばれる。細かく重量設定がされており、仕掛けを海中でどのような状態にするのかを考えながら、必要と思える場所に必要な数を装着していく。

基本はウキの浮力調整に使われるが、潮の流れ対策や魚に食わせやすいように付けることもある。

コスパ最強の万能竿
ブルーベイ磯遠投
PRO MARINE(プロマリン)
¥4,199(2024/02/25 13:56時点)
遠投ガイドを搭載したカゴ釣りや投げサビキ釣りに最適なオールラウンドモデル。
リバティクラブ 磯風
ダイワ(DAIWA)
¥7,740(2024/02/25 13:56時点)
1本でさまざまな魚を狙えるよう、扱いやすく丈夫な設計でクセのない調子に仕上げた堤防用万能竿。ウキを使ったフカセ釣りからサビキ釣りまで幅広く使用できるラインナップ。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました