夏の堤防チヌは船道の深場を狙い撃ち

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

船道(ふなみち)は小さな船しか利用しない小規模漁港なら必要ない。しかし、中〜大型の漁船が出入りする港ともなると、干潮時は浅いからといって航行できないのでは港としての用をなさない。

そこで、航行ルートを深く浚渫(港湾等の底面をさらって土砂などを取り去る土木工事)して、大潮の干潮時でも楽に通れるようにする。

これが船道であり、周囲より深く、平均して水深は10〜15mはある。

ここが釣りにどのような影響を与えるかというと、魚にとっても過ごしやすい環境を提供している。以下、この船道の攻略法を解脱しよう。

スポンサーリンク

なぜ船道がポイントになるのか

遊漁船
船道を釣る場合の最大の難点は、船が通るたび仕掛けを巻き上げないといけないことにある。でないと引っ掛けられて仕掛けすべてを失ってしまう。

産卵を終えたチヌは真珠棚や養殖イケスの下などの深場で体力の回復を図る。エサが豊富で流れは緩く、静養するには絶好の場所といえる。

その後、チヌは河口や漁港など浅場でエサが豊富な場所に移動する。

ではアタリが少なく、チヌ釣り師のほとんどは岸壁河口に向かう。特に夏〜秋はこちらの方が数型とも期待できると思ってよい。

もっとも、大半の釣り人は堤防や河口では足元の捨て石やテトラの周囲を釣る。それで十分釣果は得られる。

だが、水温が高い時期は、太陽が高く昇るとエサ盗り1尾姿を見せなくなることが往々にしてある。水温が上がりすぎるためだ。

そんなとき、チヌは深場に身を潜める。深場でもエサを追うから、潜めるという言い方は適切ではないのだが、浅場にはタ方から朝までしか近づかない。

日中にチヌを釣ろうと思えば深場のみと思っていいだろう。

船道を釣る

その深場である船道は上の図のような位置にある。漁船の航路に沿っているのは当然で、そのカケアガリはカレイやキスの好ポイントとされている。

この図を見て、あれ? と思った読者は多いのではないだろうか。チヌを釣ろうと思って竿出しする場合、一般的には堤防の外側を釣る。

先端の少し手前、またはカーブ地点の周囲というのが定番だ。

ところが、この図では、内側(の少し沖だが)に竿を出している。長い間堤防でチヌ釣りをしていた人にとっては、それまでの常識を一変させる内容かもしれない。

船道は内堤防と外堤防の間にあり、ここは安定して潮がよく動く。上げ潮は港内に入り、下げ潮は出ていく。その点では釣りやすいといえる。

堤防フカセ釣り

デメリットとしては収容力が小さいことが挙げられる。内外の堤防の先端からしか竿出しできないため、方向にもよるものの、それぞれ1、2人がせいぜいということになる。

長く続く船道のどこを釣るかという問題については、エサ盗りの兼ね合いだと答えておこう。個別に見ると潮や地形の小さな変化があるかもしれない。

だが、概ね船道の海底はフラットであり、両側のカケアガリ以外はこれといった変化はない。

そのため、どこまで沖に飛ばしたらエサ盛りの被害が少なくなるかという要素が大きく影響する。エサ盗りが少なければ近くの釣りやすいところを攻めることができる。

エサ盗りが多いときは、当然沖を釣らざるを得ない。

徹底して底を攻める

船道攻略のイメージ

水温が高くなりすぎて海底近くの低い水温域でしかエサを追わないチヌが相手である以上、上〜中層域に用事はない。船道釣るときは徹底して底を探る。

そのためには、まずマキエは底に沈むものが基本となる。比重が大きく、少々の流れにも負けずに底へ沈む集魚剤の使用が基本となる。

船道の水深は10〜15mで、そこまで沈んだマキエの位置をある程度予測しておかなければならない。

仕掛けを流す範囲はそのマキエが溜まっているエリアに絞るわけで、見当違いの位置にマキエが沈んでいたでは釣果はおぼつかない。

そのマキエが溜まるエリアを確定させるため、釣りを始める前にダンゴにしたマキエを投入するのがこの釣りの常道となる。

いうまでもなく、ダンゴの地点がその日の本命ポイントとなるため、できるだけエサ盗りに関する情報を集めておくことが望ましい。

もっとも、夏〜秋はエサ盗りが少ない確率はわずかしかなく、途中でポイントを変更することもままある。

堤防チヌフカセ釣り

投入するダンゴはコブシ大で、個数にすると10〜20個と多い。この辺りは個人差もあり、持参したマキエの半分以上を撒いてしまう釣り人も少なくない。

また、ダンゴにするマキエには小麦粉を混ぜて粘り強くし、確実にダンゴのままで底まで沈めるという釣り人もいるようだ。

このダンゴは釣りの途中でも投入するとより大きな効果が期待できる。ダンゴの投入地点はできるだけ一カ所に集中させる。

遠くなれば難しいが、マキエの投点がバラけるとポイントが絞りづらくなる。そのためにもポイントは近い方が望ましいのだが、エサ盛りが多い場合は仕方がない面がある。

船道ではきっちりと水深を測り、ツケエが底スレスレを流れるのを理想とする。フラットな場合が多いから流しやすいだろう。食い気を見せないときはハリスを底に追わせることもある。

水深が10mを超えることを考えると、オモリは1号前後を使った方がいいだろう。繰り返すが、上〜中層には用事がない。

堤防で釣れたチヌ

ツケエをストンと沈め、深ダナをキープしたままで流していく。近年はあまり話題に上らなくなったが、ここでは移動ウキが活躍する。

潮通しがよいことを考えると、ハリスには小さいガン玉を打って浮き上がりを抑えた方がいいかもしれない。とにかく、ツケエは底にとどめることを最優先する。

仕掛けに被せるマキエは、チヌの視覚に訴えるように少しずつバラバラと撒く。

本来は、チヌを寄せたいエリアに沈むように打つのが基本だが、チヌの寄りが悪い場合はここにエサがありますよと知らせるため、広い範囲に打ち分けるという方法がある。

この撒き方はチヌであればどんな釣り方にも応用できるから、覚えておいて損はない。通常の堤防での釣りでは最初にこんな撒き方をして、徐々に投入範囲を狭めていく。

船道攻略におすすめなマキエ
湾チヌスペシャルⅡ
マルキュー(MARUKYU)
¥836(2024/02/29 21:32時点)
うまみの元であるアミノ酸の結合体ペプタイドにより、集魚・摂餌効果を高める新MP酵母を配合。さらに、大量に配合された3種類のムギとコーンがヒラヒラと沈下。チヌの視覚に強烈にアピール。
激撃チヌ 底攻め!ズドン
ヒロキュー
¥730(2024/02/29 14:40時点)
「まとまり性」「遠投性」「海底でのマキエの即効性」をコンセプトに開発したチヌ用配合エサです。豊富な具材で、チヌの視覚に強烈にアピール。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました