タチウオ狙いに最適なショアキャスティングテンヤの魅力

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

釣り方は同じでも、ワームよりもエサの方がよく釣れる。そのことを証明したのがキャスティングテンヤだ。魚影が薄かったり、時合が短かったりすることが多いショアからのタチウオ釣りにおいて、コンスタントに釣果を上げることができるメソッドとして注目されているのだ。

スポンサーリンク

ダートでアピール

タチウオテンヤ

基本的な釣り方はタチウオテンヤ(ジグヘッドのようなシンカー一体型タチウオ専用のフック)にエサをセットしてキャストする。

カウントダウンで沈めたテンヤをダートさせ、その後のフォールで食わせの間を与える。

ナイトゲームでキモとなるのは海面を照らす光。投光器の真下にまで入ってくることがあるように、夜間のタチウオは大胆に動く。

光の外からテンヤを引いてくることで、タチウオとテンヤがコンタクトするチャンスが生まれるというわけだ。

タチウオテンヤ

ワインド釣法のワームがエサになっただけとの見方もできるが、キビナゴやドジョウ、魚の切り身などの身エサは、タチウオが食べているベイトそのものなので、食い込みが良いのは当然。

アクションが加わる分だけウキ釣りよりも積極的にアピールできる。

浅ダナでアタったら即アワセ、中層より下でアタった場合は、食い込ませる間を置いてアワせるのが正解。

アタリはコツンと明確に出ることもあるが、わずかな重さを感じるだけということも少なくないので、違和感を覚えたらアワせてもよいだろう。

リグ&タックル

タチウオテンヤタックル

高実績を上げているのは、リーダーにケミホタル(パワー太刀魚50)をセットしたリグで、ケミホタルを支点としてテンヤを左右にダートさせる。

使用するテンヤはウエイトのバランスが良くて、水平の姿勢を保ったままフォールするテンヤがおすすめで、表層から中層までを狙う場合は6~8g、中層より下に潜む大型を狙う場合は11~15gがマッチする。

タチウオテンヤ

フッキングに至らないバイトが続くケースでは、スレ掛かりを期待できる上の写真のようなアシストフックを装着するとよい。

メインラインは釣れているタチウオが小型の場合はPEの0.8~1号、大型を期待できるならPE1.5号。リーダーはワイヤーよりもフロロカーボンの20号の方が食い込みが良い。

ロッドはシーバスロッドのMLかM、もしくはエギングロッドのMクラスで、多少長さがある方が使いやすい。リールは2500番クラス。ハイギアタイプで手返しの良い釣りを展開しよう。

数を稼ぐコツ

タチウオテンヤ

このリグに真価を発揮させるために、キモとなるのはチューブでセットしたケミホタルの位置。

テンヤからケミホタルまでの距離は40㎝を基本に、よりキビキビと動かしたい場合や、フォールスピードを速くしたい場合は20㎝ほどに、ゆったりと大きくダートさせたい場合や、フォールスピードを遅くしたいケースでは60㎝に調整するとよい。

回遊のタチウオが入ってくるのを潮通しの良い場所で待つのが基本戦略で、潮の流れに乗って群れが入ってくれば時合到来となる。

タチウオテンヤ

しかし好調な時間帯は、あっという間に終わってしまうこともある。

そこで集中して数を稼ぐためには、予備の仕掛けをすぐに使える状態にしておくことで、エサをテンヤにセットしてクーラーに待機させておくとよい。

身持ちの良いエサを使うことも重要で、冷凍ドジョウが手に入ればエサを付け替える頻度を削減できる。

おすすめのタチウオテンヤ
スパークテンヤ
コーモラン(CORMORAN)
¥613(2024/02/26 20:22時点)
潮の流れに馴染ませやすいフラットヘッドタイプを採用、フック位置を下げヘッドとベイトの一体感を高めている。ヘッドサイズごとに重量バランスを最適化させており、水平気味のナチュラルアクションがタチウオを誘う。
替鈎式アンチョビドラゴンテンヤ
JACKALL(ジャッカル)
¥807(2024/02/26 02:11時点)
ヘッドの重さやカラー、フック形状を簡単に交換可能。水深や潮の速さ、濁り具合や天気、さらにはタチウオの活性や狙うサイズ、エサのサイズとさまざまな状況の変化に瞬時に対応可能。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました