回遊がやってくる! サヨリの飛ばしウキ釣り

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

数釣りが楽しめるサヨリは、地域によりアジよりも高い人気を誇るほど。群れが入ってくればあっという間に釣り人が詰めかけてきます。

ある日突然群れが入ってくることもあるので、サヨリ仕掛けは常にタックルボックスに入れておきたいものです。

回遊性の魚なのでしばらく居着くこともあれば、すぐにいなくなることもありますが、毎年接岸してくる場所があります。

一年を通じてサヨリの行動パターンを見てみると春から夏にかけて産卵のために接岸してきます。産卵後も近海を回遊しながら大きく育ち、秋から冬にかけて接岸してくるのでチャンスは年に2回あります。

冬場は40㎝を超えるジャンボサイズが釣れるエリアもあります。別名カンヌキと呼ばれ高級魚として扱われています。

ただし毎年同じ行動パターンで回遊するとは限らないので、最寄りの釣具店で最新情報をチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

釣れる場所

サヨリの飛ばしウキ釣り

サヨリは潮に乗って回遊する魚なので、足元から潮が払い出すようなポイントはマキエが効きやすく魚を集めやすいです。

堤防の場合は、先端や角付近が有利で潮通しの良い小磯も絶好のポイントとなります。サヨリは風下からやってくる習性があるので、風を背中から受ける場所ならなおよいです。

主食であるプランクトンを追って汽水域にも上がってくるので河口の突堤なども好ポイントになります。

堤防の先端や潮が通す場所に回遊してきますが、外海が荒れている日は港内の角など比較的穏やかな場所に溜まることもあります。

サヨリの仕掛け

サヨリ仕掛け

サヨリは表層を泳ぐ魚なので仕掛けもその習性にマッチしたものを使います。

単体で回遊することは少なく、群れが入ってくると足元近くから数10m沖までが魚の通り道となります。

ウキはアミカゴと一体化した飛ばしカゴがおすすめです。

カゴに付属しているゴム製のウキは重量があり、遠投にも対応します。マキエに集魚材を入れるとボラが反応してしまうのでアミのみかサヨリ用の集魚材を使いましょう。

ハリスの上に大きめのシモリ玉を固定してツケエを水面に近いタナでキープさせましょう。

ハリス止めは必須アイテムで、ハリスを結ばず簡単に止めることができるので仕掛けのセットや交換が楽です。

0.8号クラスを使うので同じ表層にいるボラが掛かったときはハリスが切れることもありますが、ハリス止めを使えばトラブルに対処する時間が短縮できます。

サヨリの飛ばしウキ釣り

サヨリが堤防近くを回遊しているときはノベ竿でも釣れます。使うのは標準的なシモリウキ仕掛けで大丈夫です。

足元でも沖でも基本的にはオモリを使わずに表層を狙い、タナは水面下50㎝前後からスタートします。
サヨリが警戒している場合は水深1〜2mのタナを狙います。

さらに重めのガン玉を装着してウキの浮力を調整しましょう。

サヨリの回遊コースが沖を通る場合は遠投仕掛けが有効となります。ノベ竿で回遊を待つよりも遠投して群れを狙った方が釣果は得られやすいです。

マキエヒシャクでマキエを撒くよりも飛ばしカゴにアミを詰めてキャストする方が、マキエとツケエが同調するのでヒットしやすくなるでしょう。

釣るためのコツ

サヨリ

サヨリは口の先が尖がっており、特に下アゴが前方に突き出し頭長よりも長く伸びています。捕食しているエサは動物プランクトンや藻の切れ端で小さなエサとなります。

サヨリ釣りのポイントは、マキエで群れを足止めすることと口が硬いのでしっかりアワせることです。

マキエはアミ、ツケエはサシアミやハンペンを刻んだものがよく使われていて、ハリは袖バリの3〜5号を使います。

仕掛けを投入したらアミカゴからマキエを出すために竿先をシャクってしばらく待ちます。それからラインを張り、仕掛けを手前に少しずつ引き寄せてアタリを待ちます。

アタリはウキが横走りするとかピコピコ跳ねるような派手なものもあれば、ゆっくり沈んでいくものもあります。いずれにせよフッキングを確実に行った上でゆっくりと取り込みましょう。

サヨリを狙ってみよう
弾丸サヨリ3連シモリ
ハヤブサ(Hayabusa)
¥543(2024/02/29 19:45時点)
弾丸ぶっ飛び仕様だから、今まであきらめていたあの沖目の群を直撃!
サヨリパワー
マルキュー(MARUKYU)
¥440(2024/02/29 13:34時点)
配合された軽い素材が、水面直下で拡散。白い煙幕状に漂う。回遊するサヨリをポイントに寄せ、足止めするのに効果的。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました