始めてみよう! イシダイ釣り「イシダイ釣りの仕掛け」

小湊透プロフィール

小湊 透
こみなととおる

映画「男はつらいよ」とイシダイ釣りをこよなく愛し、デカバンとの出会いを求めて鹿児島県内各地で竿を出している行動派。さまざまなジャンルの釣りに精通する。

小湊透

今回は仕掛けについてのお話。イシダイは海底や壁で捕食するので、基本的な仕掛けはオモリのみでウキを使いません。

スポンサーリンク

イシダイ仕掛けの基本パターン

小湊透基本の仕掛け

イシダイ仕掛けを大別すると、中通し仕掛けとテンビン仕掛けの二つに分けられます。

一般的な使い分けとしては、仕掛けが縦になるカベ狙いは中通し仕掛け、仕掛けが横になる底狙いはテンビン仕掛け、もしくは根掛かりが少ないポイントでは中通し仕掛け、多ければオモリが切り離せ仕掛けを守れるテンビン仕掛けといったところでしょうか。

まあこれは、しいて言えばの話で、別に決まりごとではないので好きな方を自由に使用してもらっても構わないと僕は思います。

しょせんブッ込み釣りなので、魚の目の前にエサが行けば食うだろうという理屈です。

小湊

イシダイ仕掛けが他のジャンルの仕掛けと大きく違う部分は、材料に金属のワイヤーを使うということです。

屈強な相手との勝負となるこの釣りの象徴でもある金属ワイヤー。底やカベに這わせることでカモフラージュすれば、ワイヤーでも食わせることができるのです。

話はちょっとズレますが、仕掛けにワイヤーが通用するのはタチウオやカマスなどの歯の鋭い魚やイシダイ、チヌ、マダイなどの歯がむき出しの魚で、グレ(メジナ)などの唇がある魚には通用しません。

これは、一説によると「金気(カナケ)」によるところ。金属を間違って口にした時にギリギリと違和感を感じた経験があると思うのですがソレです。

ハリも金属なのでその理屈だと嫌がるはずですが、このあたりの話をまことしやかにすると信憑性に欠けますので。本当のことは魚に聞いてみないとわかりません。

とにかくイシダイ釣りイコールワイヤーを使った仕掛けというのはイシダイ釣りの黎明期から変わりません。いかにも封建的なこの釣りらしいですよね。

食い込みというところだけを優先すればナイロンやフロロカーボンに軍配が上がるはずですが、瀬ズレを考えるとやはりワイヤーなのでしょう。

あまり小細工をすることをよしとせず、ストロングスタイルを貫くのがイシダイ釣り。チャッキチャキのウキフカセの上物釣り師にはない考え方です。

イシダイ釣り

ワイヤーは撚り数やマテリアルでしなやかさや強度に差があります。一般的には鋼線より金線の方が低反発で、撚り数が多くなればなるほどしなやかになります。

根掛かりで海中に残ることを考えると錆びやすい鉄のワイヤーという選択もあります。

イシダイ仕掛けでは傷みやすいハリスの部分を瞬時に交換できるようにラセンサルカンなるものを使用します。そして特記すべきは、瀬ズレワイヤーの存在。

ハリスと道糸の間に1ヒロほどのワイヤーを入れて瀬ズレ対策とします。瀬ズレワイヤーはハリスワイヤーよりも太いものか、表面をコーティングしたワイヤーを使用します。

ハリとオモリについて

イシダイ釣りハリ

イシダイバリはワイヤーを接続するための穴が開いた穴開きタイプです。

各メーカーからさまざまなイシダイバリがリリースされていますが、ハリのタイプにこだわるよりも、ハリ先の鋭さにはこだわりたいもの。ハリ先を爪に立てて滑るようならNGで、そのハリは使えません。

ハリをもったいないと思うより、魚をバラす方がもったいないですからね。

ハリのサイズに関しては、ある程度のバリエーションが必要です。この場合、魚に対してのサイズ選択というよりは、エサのサイズに対して最適なハリのサイズがあるということ。

ハリにエサを刺すか、エサにハリを刺すか……どっちも一緒、ではないですよね! 違いの分かるイシダイ野郎になりたいものです。

イシダイ釣りオモリ

オモリに関しては釣り場や気象条件、海況、竿や道糸に応じて最適号数なるものが存在するので、こちらもサイズバリエーションが欲しいところ。

エサをイシダイの元へと届け、仕掛けの安定を図るという重要な役目がオモリにはあるのです。

中通し仕掛けに用いるオモリには穴が大きい真空オモリと、穴が小さいナツメオモリがあります。

イシダイ釣り専用ともいえる真空オモリの特徴はサルカンが通過する大きな穴で、送り込みがしやすいというメリットがあります。

小湊透根掛かり外し

捨てオモリ式のテンビン仕掛けにはホゴオモリを使用すると根掛かり回避の仕組みを組めるので便利。輪ゴムで捨て糸を留める工夫が有効です。

イシダイ釣りに根掛かりはつきものですが、根掛かりは税金みたいなものなので、恐れていてはイシダイは釣れません。仕掛けを自作にもチャレンジしてみましょう。

おすすめイシダイリール
シーライン 石鯛 40
ダイワ(DAIWA)
¥29,374(2023/12/06 20:57時点)
軽量ボディでありながら高い耐久性で高い評価を受けたシーライン石鯛Zをリニューアル。
23 スピードマスター 石鯛
ナチュラム 楽天市場支店
¥ 30,612(2023/10/08 11:07時点)
永く愛されてきた質実剛健の実戦派石鯛リール・スピードマスター石鯛がドラグ力の大幅な向上と遠心ブレーキを搭載してモデルチェンジ。
タイトルとURLをコピーしました