冬にサビキで釣れる魚は? 有効な仕掛けとポイントを解説

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
冬のサビキ釣りで賑わう港内。

秋に活発に動き回る魚たちは、越冬のために栄養を蓄えます。 

沿岸域の浅場は外気温に引っ張られ、特に水温が低下するため、暖かい季節によく釣れていたアジやキスは水深のある沖へと移動して行きます。

では、冬は何も釣れないのかというと、そうではありません。

ファミリーフィッシングでおなじみのサビキ釣りで冬に釣れる魚をご紹介します。

アジ

サビキ釣りの定番といえばアジ。

先ほど冬は沖へと移動して行くと話しましたが、ある程度水深のある所で越冬をするアジもいます。

暖かい季節に比べ、釣れる数は減りますが、釣れたら20㎝以上のアジフライ級ばかりです。

コノシロ

水温が下がると接岸してくる魚がいます。

その代表魚であるコノシロ。

30㎝くらいの大きさになり、体高もあるため引きは強く、サビキ釣りで掛かったときはどんな大物かと驚くことと思います。

小骨さえ処理すれば美味しく食べられる冬の代表魚です。

イワシ

こちらもサビキ釣りではおなじみのお魚です。

イワシと言っても「マイワシ」、「カタクチイワシ」、「ウルメイワシ」といろいろな種類がいます。

イワシも水温が下がると沖へと出て行きますが、遊泳力が低いために風に押し流されて接岸してきたり、荒波から避けるために穏やかな湾内へ入ってくることがあります。

冬のマイワシは特に大きく、大群で接岸してくるので、条件が合えば大漁釣果が期待できます。

メバル

冬のサビキ釣りで釣れるのは回遊魚ばかりではありません。

根魚の部類でありながら活発に泳ぎ回り、冬でも元気なメバル。釣れるのは小型が多いですが、煮付けやみそ汁にすると美味しいお魚です。

ファミリーフィッシングでは嬉しいゲストとなることでしょう。

ウミタナゴ

こちらも冬に釣れる代表的なお魚です。

川にもタナゴという魚がいますが、かたち見た目はそのままです。タナゴに似ていて海に生息するからウミタナゴ。

コノシロにも似ているため間違えがちですが、群れで回遊するコノシロとは生態が大きく異なります。魚類では珍しく卵胎性で、卵ではなく仔魚を産みます。

小骨が多く食べづらいですが、身は白身で美味しいです。

冬サビキは深い所を

浅い所や表層は水温が特に低いため魚影は薄く、安定した深場でジッとしています。

風裏になる静かな湾内の漁港や温排水が流れ込むところなど、少しでも水温が高い所がポイントになります。

足元から水深のある岸壁や堤防であれば投げる必要はありませんが、より深い所を狙ったほうが釣れる可能性があるため、遠投できるタックルを準備すると良いでしょう。

ウキサビキ 上カゴ仕掛け

竿は1号の磯竿やグラス製がおすすめです。柔らかい竿であれば食い込みのよい細仕掛けを使っても糸切れを防ぐことができます。

仕掛けは上カゴ式の遠投サビキがおすすめです。

前述した通り、基本的に底付近でジッとしているため、網カゴのマキエをしゃくって撒いたら、あとは動かさずに待ちましょう。

まずは魚がいるポイントを見つけ出すことが大事です。一ヶ所に留まらず広範囲に探ってみましょう。

アタリがあったり釣れたりすれば、魚は集まっているので、同じポイントに継続して投げます。

タナ合わせは特に重要です。魚のいない表層や中層でマキエを巻いて仕掛けを漂わせても、活性の低い魚たちは浮いてこないので釣れません。

仕掛けの下部がぎりぎり底に着かないように、ウキを見ながら合わせるようにしましょう。

サビキ針にエサを付けるのも効果的です。オキアミや虫エサを使い分けてその日のアタリパターンを見つけましょう。

メバルやウミタナゴ、底付近であればカサゴなどの根魚が掛かることもあります。

ささめ針(SASAME) S-553 ウルトラ簡単飛ばしサビキ(上カゴ式) 堤防仕掛
ささめ針(SASAME)
¥680(2024/02/24 18:11時点)
セットサビキ 堤防仕掛 ウルトラ簡単飛ばしサビキ(上カゴ式) ・道糸付きで仕掛けセットがウルトラ簡単な飛ばしサビキです。

まとめ

釣り物が渋い冬の海ですが、ポイントを押さえて上手にやれば釣果に繋げることができます。

冬でも釣れている場所は人が集まっていますので、それも目安の一つにすると良いでしょう。

温暖化が進む近年では、海水温が上がりすぎてアジが浅瀬では釣れず、水深100m以上の底引き網で獲れたというニュースが流れていました。

近い将来、アジ釣りの適水温が真冬になる日がくるのかもしれません。

浜市(HAMAICHI) サビキ三昧 2個セット 800g×2個
浜市(Hamaichi)
¥1,100(2024/02/24 01:42時点)
キャップを開けて絞り出すだけで使えるサビキ釣り用アミエビ加工品。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました