ウキフカセ釣りでマダイを狙う方法

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

エビやカニなどの甲殻類、小魚、貝類を食べるための丈夫な歯を持ち、最大で体長1mを超えるマダイ。

船からも盛んに狙われる魚で、タイラバや、一つテンヤという釣り方などで大型が仕留められますが、小型は堤防の周辺にも数多く存在し、ルアーゲームのゲストとして足元でヒットすることもあります。

全国の沿岸に広く分布し、沖縄・奄美では希少。淡いピンク色をした魚体は美しく、お祝いの席を飾るマダイ。料理方法も多彩で、最も知名度が高い高級魚といえるでしょう。

スポンサーリンク

釣れる時期

マダイ

マダイは基本的に通年釣れる魚ですが、大型は沖の深い場所で冬場を過ごすとされています。

ウキフカセ釣りでの好期は産卵に絡んだ大型を期待できる3~6月と、近場で小~中型の数釣りを楽しめる9~11月ごろとなります。

時間帯では朝夕のまづめに活性が高くなり、日中よりも夜釣りの方が有利です。

狙う場所

夕焼けの磯

堤防からでも釣れますが、潮通しの良いことが条件で、10m以上の水深がある方がよいです。磯へ渡る場合は、過去の実績を参考にすれば外すリスクは低いです。

マダイ釣りに精通する遊漁船の船長が着目する条件は、砂地のエリアに岩礁が点在することで、このようなポイントはマダイの通り道となります。

ベタ底にいることは少なく、中層より下に浮いていることが多いようです。ウキ釣りでは釣り場のタナを取り、概ね水深の半分より下を狙うとよいでしょう。

潮の流れの中でもアタってくるので、仕掛けを遠くまで流して広範囲を探るのも有効な攻め方です。

釣り方の基本

マダイのマキエ

マキエをしっかり効かせて寄せることが最大のコツ。マキエは余るぐらい持って行くことで、釣果を得る可能性はグンと高くなります。

アタリが出ないのにツケエが取られる場合は、ウキ下を徐々に浅くしていきますが、それでもダメならツケエの種類を替えてみるという手もあります。

フカセ釣りのコツ

マダイフカセ仕掛け

マダイ狙いに青物がヒットすることがあるので、仕掛けを細くするのにはリスクがあります。ただし、イサキも期待するのであれば食い込み重視のセッティングが正解ともいえます。

基本的な釣り方はヒシャクで打ったマキエにツケエを同調させていくパターンで、水深が10m以上ある潮通しの良いポイントを狙います。

グレやチヌ、イサキ狙いのフカセ釣りでマダイがヒットすることも珍しくありませんが、マダイをメインで狙うのならグレやチヌよりもパワーのあるタックルと太い仕掛け、軸の太いハリを使用します。

マキエに関してはオキアミ生をベースにマダイ用の集魚材を混ぜるのが基本ですが、深いタナまで確実に届くチヌ用のマキエを流用してもよいでしょう。

ツケエはオキアミ生、加工オキアミ、オキアミボイル、練りエサ、ムキミなど複数をローテーションすることで、当日の当たりエサが見つかるでしょう。

アタリは明快で、ウキが一気に消し込まれたり竿引きのアタリとなります。

アワせた瞬間に強烈なパワーで走りだすことがありますが、瀬ズレでバラさないためには強引に主導権を奪いましょう。

朝夕のまづめ時はマダイが浅場にまで入ってくることがあり、フカセ釣り師にとっては絶好のチャンスです。日中はマキエを効かせてポイントを作りましょう。

マダイ狙いにおすすめの竿
がま磯 フカセ真鯛スペシャル
がまかつ
¥79,376(2024/02/25 16:31時点)
フカセ釣りでマダイを狙う際に必要な要素を盛り込んだ専用設計のブランクスを持つスペシャルロッド。
ベイシス 1.7-530
シマノ(SHIMANO)
¥60,500(2024/02/25 18:19時点)
突き詰めたロッドバランスで求めた機能をワンストップに集約。躍進を遂げたシマノ磯ロッドの基本調子。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました