違いが分かればフカセ釣り実力アップ 0号ウキ対1号ウキ 後編

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

前編で解説したように、オモリを使わない仕掛けはビギナーでもマキエと同調させやすく、しかも同調時間が長いという大きなメリットがある。

さらに、食い込んだときの抵抗が小さいのだから、文句なしの仕掛けのように見える。これを使えばいつでも誰でも簡単に釣れるのかというと、そんなことは絶対にない。

繊細な仕掛けは悪条件に弱いものだし、海の中にはエサ盗りという忘れてはならない存在がある。

スポンサーリンク

オモリがないと強風、波などの悪条件に弱く、エサ盗り対策が難しくなる

サラシ

オモリのない仕掛けが確実に沈むには、次の条件を満たしていないといけない。

①風がない。
②波が穏やか。
③潮が緩い。

風が強く、道糸が舞い上がるような条件では、ノーガン仕掛けは沈まない。0号ウキを使いたければ、無風、せいぜい微風でないとその真価を発揮できない。

道糸は細ければ細いほど、風の抵抗は小さくなる。

2番目の波は解説する必要がないだろう。ウキが上下に翻弄される状態では、仕掛けが沈むどころではない。

また、波が高いと往々にしてサラシが発生する。これがあるとウキを翻弄するだけではなく、道糸も引っ張り回る。オモリのない仕掛けではまず歯が立たない。

加えて、速い潮も苦手としている。仕掛けが沈まなくても、魚が浮いてくるのなら問題はない。だが、ある程度沈めないと食わない状況では、0号ウキの出番はない。

そしてもう1つ、ノーガン仕掛けで釣るのは不可能ではないものの、非常に効率が悪い条件がある。それが深場攻めだ。

例えば、竿2本のタナを釣るのにオモリのない仕掛けを使うとどうなるか?

ツケエがそこまで沈むのに非常に時間がかかる。流れがあると仕掛けはその間に大きく移動し、ポイントを完全に外してしまう。

待ってようやく竿2本まで沈めても、誘いをかけるため、あるいは他の理由で仕掛けを引き上げると、またまた沈むのに長い間待たなければならない。

風や流れがあると、沈むのがさらに遅くなることはいうまでもない。

オモリを活用したほうがエサ盗り対策は楽にできる

潮
水温が高い時季は本流釣りが功を奏することが多い。しかし、オモリのない仕掛けで本流を釣るのは、不可能ではないが難しい。

マキエとツケエをきっちりと同調させることは、魚を釣るためには欠かせない条件だが、ある状況下では避けた方がよい。それはエサ盗りが多いときである。

水面直下からマキエとツケエを同調させ、それからゆっくり沈めようとしても、エサ盗りが多いとツケエもマキエもすぐ食い尽くされる。それでは釣りにならない。

エサ盗り対策の基本である遠近分離法では、エサ盗りをマキエで足下に集める。そして、仕掛けは遠投してマキエを少量被せる。

このとき、本命のタナが浅ければ、オモリがなくても十分釣れる。だが、それほど大きくなければ、オモリがあっても食いにさほど影響はない。つまり、0号ウキのメリットはないことになる。

食い込むときの抵抗が小さいから、そのメリットは生かされると反論されるかもしれない。

しかし、考えてほしい。タナが浅いということは活性が高いと思ってよい。遠投すればするほど、魚の警戒心はどんどん薄れていくのだ。

もちろん、例外はつきものだが、少々の抵抗なら気にせず魚は食い込んでくる。

エサ盗り対策の1つとして、先打ちしたマキエの外側を釣るという方法があるが、この場合はツケエを差し込む必要がある。

オモリはなくてはならない。大きいオモリでツケエを一気に沈めるという方法も当然取れない。

唯一、軽い仕掛けでツケエを完全にマキエの中に紛れ込ませるという方法のみ、0号ウキの出番がある。ただし、エサ盗りが少ないときに限る。

1号オモリを使う重い仕掛けに有利なことが多い理由

堤防
浮いてくることが少ない堤防チヌは底釣りが基本。したがって、ウキ下はほぼ水深分取る。当然水深が深ければ、軽い仕掛けではなかなか沈まない。また、釣り人が多いと延々と遠くまで仕掛けを流すわけにはいかないから、早く底まで沈めないといけない。その結果、堤防チヌを釣るときは1号オモリが標準となる。水深が深いときは1.5〜2号を使用する場合もある。

前後編に分けて長々と、0号ウキを使ったノーガン仕掛けのメリットとデメリットを解説してきた。
それでは、1号のオモリを使う仕掛けのメリットとデメリットとは……?

ここまでずっと、この特集を読み進めてきた読者の皆さんならもうお分かりだろう。ノーガン仕掛けの苦手な状況、それが1号オモリの出番だと思ってよい。

もちろん、程度の差はある。2Bや3Bのガン玉がちょうどいいときもある。1号では重すぎるのだ。しかし、オモリが必要な状況とはどんなものかがはっきり分かったと思う。

一応、ここでおさらいしておこう。

風が強いとき

風が強いというのは、本来フカセ釣りに適した条件ではない。最初から分かっていれば釣りは中止した方がいいのだが、上がった磯によってはまともに風を受けることがある。

また、途中で吹き始める場合もある。

そんなときはオモリを使い、仕掛けのタナを保持する。道糸が風を受けると仕掛けが引っ張られ、ツケエが浮いてしまうからである。

波が高いとき

ウキが激しく動かないように、大きいオモリで仕掛け全体を安定させる。

波が高いときでも海の中は比較的穏やかなことが多い。ツケエが安定していれば、魚はいつもと同じように食ってくる。

流れが速いとき

ウキ

本流の中でタナを確保するには、オモリで強制的に沈めると手っ取り早い。潜る潮を探して、そこに軽い仕掛けを送り込むという方法もあるが、かなり高度な技術が必要になる。

深場を釣りたいとき

チヌを底で食わせたいとか、水温低下でグレが浮いてこないとか、ツケエを深ダナに送り込まなければいけない場合は珍しくない。そんなとき、オモリがない仕掛けでは非常に効率が悪い。

エサ盗りをかわすため、仕掛けを早く沈めたいとき

早く沈むツケエはよく目立つ。その結果、エサ盗りの集中攻撃を受けることもあるが、エサ盗りの種類や活性によっては有効な場合もある。

はっきりいって、エサ盗り対策にコレといえる決定打はない。あれこれやってみて、そのときの状況に一番マッチする正解を導き出すというのが通常のパターンなのである。

そのとき、「あれこれ」が多いほど有利になる。釣りの世界では「引き出しの中身」といわれているが、1号オモリ(当然、1号負荷のウキも含める)も有力な引き出しの中身である。

ぜひ磯バッグに常備し、これはという状況ではどしどし試してみてほしい。

0号ウキはタテに探り、1号ウキはヨコに探る釣りに向いている

ここまで、オモリを使わないノーガン仕掛け、1号オモリを使う重い仕掛けには、それぞれメリットとデメリットがあり、状況に応じて使い分けた方が釣りやすいことを解説してきた。

0号ウキはタテの釣り

ここからは、それをもう一歩進めた考え方をしてみたい。一言でいうなら、0号ウキはタテの釣りであり、1号ウキはヨコの釣りである。

ノーガン仕掛けは落ち込みを釣ると前述したように、マキエとツケエを同調させた状態で、仕掛けをゆっくりと沈める。そして、その途中で遭遇した魚に食わせる。

沈め釣りや全遊動・全層釣法はその延長にあることが、ツケエの動きを見れば頷けるだろう。

ウキ下を固定してウキごと沈める沈め釣りは、仕掛けを張りやすく、ウキが風の影響を受けにくいなどの特徴がある。

全遊動・全層釣法では仕掛けを送り込むスピードがコントロールでき、食い込んだときの抵抗はさらに小さい。

1号ウキはヨコの釣り

これらの釣りで用いるオモリは、風や流れの中でも、ノーガン仕掛けと同じように沈めるためのものだと解釈してほしい。

対して、重い仕掛けで一気に沈める釣りは、タナを決めてヨコ方向に探っていく。これは、タナの変動が少ないチヌのような魚を釣るときに常用される。

また、岩陰や海溝に隠れてなかなか出てこないグレを狙い撃ちするとき、ツケエをピンポイントに送り込むのに用いる。

マキエと同調させるのが難しいが、チヌ釣りでは海底にマキエを溜め、その上を流すという攻め方で充分食ってくる。グレ釣りのように完全に同調させる必要はない。

グレ釣りでは少々厄介だ。活性が低いグレに撒きすぎるといよいよ出てこなくなる可能性が高いから、カップが極力小さいマキエシャクで回数多く撒く。

それも、あちこちに投入することで、同調する機会を極力多くする。計算して1杯のマキエで合わせられればよいのだが、それは難しいのだ。

おすすめウキ
TGウェーブマスター
DUEL(デュエル)
¥880(2024/03/01 15:49時点)
堤防釣りからトーナメントまでカバー。形状・操作性・カラー、汎用性の高い超スタンダードフカセウキ。
釣研(TSURIKEN) ウキ ネオセレクト M スカーレット 1号
釣研
¥1,031(2024/03/01 21:25時点)
ウキ釣りのメインターゲットであるグレ)、チヌをあらゆる状況下で狙えるベーシックなどんぐり形状を採用。遠投性、視認性、感度をバランスよく兼ね備えており、これからウキ釣りを本格的に始める方はもちろん、中・上級者の皆様にも充分応える高いクオリテイを誇る。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました