チョイ投げで狙う越冬ギス

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

キスといえば暖かい季節に砂浜で釣るイメージがあると思います。

実際にその通りで、水温が高い春から秋にかけてはいろいろな場所で釣ることができます。

しかし、水温が下がる冬は極端に釣れる場所が限られてしまいます。

というのも、11月以降は深場を目指して移動を始めるので数が減ってしまい、釣ることが難しくなるのです。

ところが、ある程度水深があり水温が安定している湾内や港湾部では、その場で越冬をするキスが居り、捌くと包丁がぎとぎとになるほどお腹に油を溜め込んでいて大変美味しいため、寒さに耐え凌ぎながらあえて狙うマニアックなファンがいます。

チョイ投げの簡単な仕掛けで、ポイントさえ押さえれば誰でも釣ることができるので、挑戦してみてはどうでしょうか。

越冬場所を探そう

水温が高い季節は砂浜や河口、漁港内などいろんな場所で釣れるキスですが、水温が下がる冬は極端に釣れる場所が限られます。

越冬場所を探すキーワードは「安定した水温」であること。水深があって、河川の流れ込みがないような場所は水温が安定しているため、越冬キスが付いている可能性は高いです。

流れがない場所でも釣れますが、地質は砂や泥であることが条件になります。足元から水深のある堤防や、フェリーなどの大型船が出入りする港湾部はポイントとして有望です。

水深のある港内や大型船が出入りして海底が掘られたみお筋はキスが集まっていることが多い。

軽く繊細なタックルで

越冬ギス投げ釣りタックル

エサは切らずに小型のゴカイやイソメを通し刺しかちょん掛けするようにしましょう。

冬のキスは食い気があっても夏や秋のようにエサを追いかけてくることがまれで、目の前にきたエサにのみ、スッと食いついてきます。

また、同じ場所を繰り返し狙うのが釣り方のセオリーなので、重たいオモリでゴリゴリと底を引いてしまうとすぐに食い気がなくなってしまいます。

できるだけ軽く、スローな釣りを展開するため、メバリングタックルくらいのライトなものが最適です。

ハヤブサ(Hayabusa) ライトショット 投げキスセット 立つ天秤 瞬速2本鈎 HA312 堤防仕掛
ハヤブサ(Hayabusa)
¥357(2024/02/25 08:56時点)
投げ釣りに必要なオモリと仕掛を丸ごとセット! 釣場ですぐに使用できます。 海底で立ち、仕掛を自然に漂わせてキスを誘う立つ天秤スマッシュ(オモリ)採用 吸い込み抜群で一瞬に勝負を決める「瞬速キス鈎」採用
メジャークラフト メバリングロッド スピニング トリプルクロス メバル チューブラー 各種
Major Craft(メジャークラフト)
¥13,860(2024/02/25 07:32時点)
全長:7.6ft、ルアー:0.8~10g、アクション:レギュラーファースト

探して食わせる

一般的なキスの釣り方は、仕掛けを投げて着底したらゆっくりと引いてくるだけです。

しかし、越冬ギスの場合、釣り場のどこでアタるかを探し出し、食わせの駆け引きでヒットに繋げることが重要になります。

まずは釣り場のどこかに固まっているキスを探り出すところから始まります。扇状に投げ分けて広範囲に探し、アタリがある場所を特定しましょう。

活性が高い季節はテンビンを引きずる際の砂けむりに誘われて寄ってきますが、低水温期はほとんど動かないため、1m場所が変わるだけで釣果に差が出ます。

怪しいポイントは少しずつ角度を変えて探るようにしましょう。

運が良ければすぐにアタることもありますが、根気よく探さないといけないこともあるため、焦らずじっくりと構えましょう。

越冬ギスの狙い方1
冬場のキスは消極的なうえに警戒心が高い。いっきに食い込まず啄んで様子を見ている。
越冬ギスの狙い方2
アタリがあったら動きを止め、待つか引いてみるかの2択。その日の状況や個体によって変わるため、どちらが正解が分からない。
越冬ギスの狙い方3
駆け引きに勝てば美味しいキスにありつける。それがこの釣りの面白いところだ。

食わせの駆け引きとは、アタったあとで引くか、待つかで食い込ませます。夏から秋のキスは仕掛けを引いているとアタったあとは向こうアワセで乗ってきますが、越冬ギスは警戒心が高く、アタリが明確にあるにも関わらず、パッとエサを放してしまうことがあります。

その場で仕掛けを留めて、ラインを送り込んで待つか、アタリに合わせて引いてみるか、2択を迫られます。

そのジャンケンのような駆け引きを制することができれば、美味しい越冬ギスにありつけるところが、この釣りの魅力なのです。

夏や秋は数釣りですが、越冬ギスは10尾釣れれば十分といって良いほどの釣果です。

しかし、1尾1尾のサイズは大きく食べごたえがあるため、きっと満足できるでしょう。

皆さんも脂ノリノリの越冬ギスを狙ってみてください。

キス釣り情報を満載!
タイトルとURLをコピーしました