釣趣も味も最高! カワハギ釣りに挑戦しよう

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

カワハギの美味しさは誰もが知るところ。刺し身、肝和え、鍋物と高級魚の良いとこ取りで食べることができる。

そんな国民的アイドルなのに市場価格は超高級とまではいかない。その理由に養殖もあるが、夏以外のほとんどの時期で入荷があるからだ。ただし、キモが多く入った冬季では値が上がる。

本種のカワハギの他に、長い魚体が特徴的な、ウマヅラハギとウスバハギ(ハゴイタ)がいる。全て定番品として市場に流通するから、釣り人ではなくても新鮮な状態で食することが可能だ。

スポンサーリンク

カワハギの生態

カワハギ

青森県から九州南岸まで分布し、水深100m以浅の岩礁域と砂地が混ざるような場所を好んで生息する。

主な食べ物は甲殻類や貝類、環形動物などだ。フグ目に属することから歯が鋭く頑丈でおちょぼ口、獲物を突付きながら噛みちぎるように食べる。

産卵期は5〜8月。秋になると堤防などにある海藻周辺で稚魚を見るようになる。

秋の産卵期は、比較的浅い場所にも大型が接岸するため、堤防からも良型が望めるようになる。冬季は磯のフカセ釣りでもよく掛かり、嬉しいおみやげとして重宝される。

小さな口から想像できるように、エサ盗りの名人としても有名。アタリがないままエサを掠め取っていく。

釣り味

カワハギ

体高が大きな魚は総じて引きが強いが、カワハギも例外ではない。ハリに掛かると猛スピードで走るようなことはないが、アワせた瞬間の重量感と、トルクフルな引きで釣り人を楽しませてくれる。

カワハギの面白さは、なんといってもハリに掛けるのが難しいところにある。

通常の釣りでは感じることができる、エサを突いている「アタリ」が、カワハギ相手では分かりにくいのだ。アタリが分からないままにしておくと、必ずエサが取られてしまう。

だから、勝手にハリに掛かったというのはほとんどない。

対策として、絶えずエサを動かしてアタリを取りやすくするか、食わせのタイミングを作って掛けアワせるかだ。

カワハギ

船釣りでは後者でのアタリのとり方が主流で、堤防釣りでもこの方が掛かる確率は高くなる。

やり方は以下の通りだ。

①仕掛けを海底まで落とす。
②底にオモリを着底させたまま、仕掛けのたるみを利用して竿を上下に小刻みに早く揺らす。これを叩きと呼ぶ。
③再び海底にオモリを着底させ、仕掛けを張った状態でアタリを待つ。

これが一連の動作。

しかし、ここでアタリを取るには慣れが必要で、不慣れな内はアタリが分からないままエサを取られることが多い。

これを回避するためには、カウントダウンでアワセを入れるようにするとよい。

③の仕掛けを張った状態で待つという時間を自分で決め、その後アタリがあろうがなかろうが、強めのアワセを入れるというものだ。

カワハギの活性が高いときや数が多いときは、これで入れ掛かりになることも珍しくない。

有効なエサ

カワハギ狙いで有名なツケエは、アサリ貝の身だ。塩漬けなどにして身を硬く加工したものが好まれ、数あるエサの中でも特に食いが良いのがこれだ。

他にはオキアミやボイルや虫エサもよく使われる。堤防からカワハギを狙うなら、アオケブやコケブ、ホンムシがおすすめだ。

大きく付けるとエサが抜けやすくなるため、ハリが隠れる程度のサイズに取り付けるのが基本だ。

堤防からの釣りは胴突き仕掛けがおすすめ

カワハギ仕掛け

投げ釣りか胴突き釣りで狙う。投げ釣りは通常の仕掛けと同じだが、ハリはハゲバリやキツネバリが有利だ。おちょぼ口のカワハギでも掛かりやすく設計されている。

投げ釣りでの狙い方の基本は置き竿。岩礁帯周りを狙うためで、むやみに仕掛けをサビくと仕掛けが根掛かりしやすいからだ。

もちろん、根掛かりが少ないエリアでは、ゆっくりと仕掛けをサビきながら狙うとよい。

アタリが分かりにくいカワハギ釣りであるが、置き竿式の投げ釣りのアタリは、意外とはっきりと出る。しかもアタリが出たときにはハリに掛かっていることが多いので、アワセは確認する程度でよい。

胴突き仕掛けで狙う場合は、投げ釣りほど遠投せずにチョイ投げするか、足元から水深がある場合はそのまま真下を狙う。これは船釣りと同じ狙い方で、カウントしてからのアワセが一番効率が良い。

船からのカワハギ釣り

船カワハギ

胴突き仕掛けが基本で、前述した叩きを基本とした、誘い&掛けで狙う。仕掛けは市販のものでよく、水深や狙う場所が変わっても同じで大丈夫だ。

使用するエサとオモリの号数は狙う海域によって大きく変わるので、船長に確認しよう。それに合わせて、タックルを準備する必要がある。

特に、竿は適合錘負荷を確認し、当日使用するオモリに対応しているかが重要だ。

リールは水深100mまでを狙うのであれば、最低でもPEラインを200m巻いておき、それに対応したリールを使用すること。

最適な道糸と竿

カワハギ

何度もいうが、カワハギのアタリはとても分かりにくい。だからリールに巻く道糸はPEラインが最適だ。

カワハギの引きが強いといっても、竿がノサれるほどではないので、PEラインは細くても大丈夫。使用するオモリに合わせて細い号数を選択しよう。

竿は小さなアタリも取りやすい先調子を選ぶ。全体的に細めの竿でも大丈夫だが、掛けた後は重量感があるので、竿の胴がある程度しっかりしていた方が疲れにくい。

おすすめ商品
ゴージャスカワハギ
ささめ針(SASAME)
¥481(2024/02/23 15:47時点)
集魚シート、集魚ビーズを使用したゴージャスなカワハギ仕掛け。
波止カワハギ完全セット
オーナー(OWNER)
¥370(2024/02/22 20:28時点)
オモリ付ですぐに使える完全セット。ピンクオモリなので仕掛の落下が確認しやすい。エサをしっかりホールドし、繊細なアタリをとらえる「満点カワハギ」採用。さぐり釣りショートロッドに対応の全長45cm。
タイトルとURLをコピーしました