グレ&チヌ フカセ釣り 初場所での注意点と定番のエサ盗り対策

フカセ釣りを今からやってみようと思っている人。すでに行っていて楽しくてたまらない人。うまく釣果を上げられない人など、フカセ釣りの技術をさらに向上したい人にぜひ読んでほしい内容。

もちろん、それよりも上級者であれば、おさらいとして読んでいただければ幸いである。最近ない「教科書通り」の内容を、今風にアレンジして紹介していこう。

スポンサーリンク

実績で釣り場を選ぶ

堤防

釣り場を選ぶには、まず「実績」が最優先される。例えば、チヌの実績が全くない場所で竿を出しても、たいてい撃沈してしまうものだ。

しかし、今現在釣り人が竿を出していないだけで、その昔は多くの釣り人で賑わっていた「過去の好ポイント」があるから、人が居ない=釣れないというのは正解ではない。

毎年、例年にない釣果が上がり大勢の釣り人が一気に押し寄せるような「流行」となる釣り場がクローズアップされる。古くからある釣り場なのに、なぜ「流行」となるのだろうか。

その理由を考えてみよう。

以前の流行ポイント

久しぶりに誰かが竿を出したらよく釣れた。そして噂になり人が多く押し寄せ、再び話題の場所となった。

潮の状況が変わった

磯

今までと潮の流れ方が変わった。近く(もしくは遠く)に建造物ができたり撤去されたりして、魚が通るルートとなった。

こういった「新しい場所」では、多くの魚が回遊してきたり居着く傾向にある。新しい堤防ができたときなど、よく釣れ盛るものだ。

今年だけ釣れた

たまたま今年だけ釣れたという場所もよくある。これも潮の変化が原因であろう。

潮流、エサの多さ、溶存酸素量など多くの要因が重なり、そのときに多くの魚が集まり、たまたま、釣り人が釣り上げ噂になったというパターンも多い。

禁止場所が開放された

釣り禁止場所

今まで釣りができなかった場所が開放されたりすると、期待通りよく釣れるケースが多い。特に対象魚の釣りシーズンと重なると数・型共に望める。

しかし、マキエで寄せた魚を釣っている場合は、あまり長続きしない。すぐに釣れなくなることも。

一言でまとめてしまうと、「未開拓ポイントはない」となる。なんとも夢のない言葉であるが、狭い土地である日本の堤防では、新造されない限り、誰かがすでに竿を出したことがあるのだ。

前置きが長くなったが、ここで冒頭の「実績ある場所」という意味が理解できたであろう。全く情報がない場所で竿を出すよりも、1尾でもいいから釣れた実績がある場所を選ぶのがセオリーなのだ。

もちろん、フロンティア精神を持って新規開拓をすることも大切であるが、それは技術が向上してからの話しだ。

そこに居る対象魚を確実に仕留める技術を身に付けてから、気になるポイントを開拓してほしい。

釣り場選びは多くの情報が必要

チヌ・グレ釣り座の決め方

ネットで行きたい釣り場を検索すれば、そこそこの情報が得られるだろう。しかし本当に重要なのは釣り座だ。実績の高いポイントから10mも離れれば、そこは違うポイントである。

ブログなどで探しても、なかなか出てこないのがこの正確な位置である。写真にバッカンなどを置いている風景が写っていればラッキーである。竿を出す場所の目安となる。

しかし、足元狙いなのか遠投なのかなど、ポイントの正確な位置はあまり書かない人が多い。マイポイントは隠したいものである。

初めての場所選びは釣具店に聞くのが一番早くて細かく、旬の情報が得られるのでおすすめであるが、聞きにくければネットか本で決めれば良い。

しかし正確なポイント、狙うタナ、有効なマキエ&ツケエが分からないだろうから、その対策を考えてみよう。

フカセ釣りは忙しいのだ

グレフカセ釣り

場所選びについて、もう一つ補足しておく。よく釣る人ほど釣果に対して貪欲であるということ。

釣りを始めたばかりのときは仕掛けを流すだけで釣れそうな気がするから、「そんなとこじゃ釣れないよ」という場所でも平気で竿を振る。

そのときはそれでもいいのだが、「釣りを行う喜び」をとるか、「魚を釣り上げる喜び」を重視するかを考えて欲しい。ファミリーでサビキ釣りを楽しむ姿は「家族で釣りをする喜び」であろう。

しかしフカセ釣りは「のんびり竿を出す」釣りではない。自分に厳しく「釣果」を優先して努力を惜しまないことこそ、上達の道となるのだ。

足場選びとコントロール

チヌフカセ釣り

より実績の高い場所を選びたくなるものであるが、竿を振る、マキエを投入する動作に慣れるまでは、少々よろけても大丈夫なように、まずは広くて平坦な堤防を選ぼう。

最初に習得したいのが仕掛け投入コントロール。練習方法としては、まずマキエを1杯打ち、そこに仕掛けを投入すること。毎投練習できるから上達も早いはずだ。

次にマキエ投入コントロール。1杯マキエ打って仕掛けを投入。続けて追い打ちマキエを2杯ウキに当たるように投入する。これで仕掛け投入とマキエ投入の練習が釣り最中ずっと行えるようになる。

少々マキエがウキから外れても大丈夫だから、最低でも仕掛け1投ごとに3杯以上のマキエを入れることを続けよう。コントロール性と、仕掛け投入のリズムワークも身に付くだろう。

マキエ投入→仕掛け投入→仕掛け回収というフカセ釣りの一連の動作を無意識に行えるようになれば、どこで竿を出しても安全な釣りができるようになっているはずだ。

最初に選ぶ仕掛け

堤防フカセ釣りパイロット仕掛け例

ルアー釣りでは「パイロットルアー」と呼ばれるものがある。これは魚の活性、水深、潮の速さなど現状を把握するために用いられるもので、そういった専用の商品があるわけではない。

これをフカセ釣りに当てはめると、自分が使い慣れた仕掛けということになる。

特にウキは釣りの最中ずっと見ているものだから、状況の変化をいち早く感じ取ることができるアイテムだ。しかし、そこまで使い込んだウキをまだ持っていないのであればこれから育てていこう。

同じものでなくていいから、図の仕掛け例のようなもので試してみるとよい。

マキエ量と内容

グレ マキエ

チヌは底狙いだから高比重のマキエ。グレは浅く狙うから軽比重のマキエは常識。だから、チヌはチヌ用、グレはグレ用の集魚材を使うのが当たり前だ。

しかし、マキエ代はそこそこするから、少しでも経費を抑えたいところだ。

かといって量をケチってしまうと、少なくなるほど釣果を得る確率も比例する(余裕があるときに、試しにマキエを撒かずに釣ってみるとよい)。

マキエの量

まずは3〜4時間釣りをするとして、最低限用意したいマキエの量は36㎝のバッカン1杯分(7〜8分目)だ。

1投ごとに3杯以上のマキエを投入すると考えるとちょっと心もとないが、不慣れなうちは手返しも少ないだろうから、無くなったら釣りを止めるつもりで最低限用意しておこう。

配合内容

マキエの量と内容

比重の基本は、チヌは重くグレは軽くだが、問題は集魚力と拡散性。マキエの第一の目的は魚を集めることにある。しかし、チヌとグレではその要素が大きく異なるのだ。

チヌの場合、居着いていることもあるが、回遊してくるチヌを寄せて狙う場合が圧倒的に多い。チヌ釣りでは「底に溜まるマキエ」が重視されがちであるが、この「遠くまで届くマキエ」も必要なのだ。

これは匂いや濁りであり、チヌ用のマキエに匂いが強いものが多いのはその理由もある。遠くまで効くというのも重要なのだ。

グレ用のマキエが軽いのは、本来底付近の岩陰に居るグレを浮かせるためだ。マキエによって浅いタナまで浮いてくるグレの習性を利用した効率的な釣り方だ。

しかし、どこまでも流れとともにマキエに付いていってしまうようなマキエでは困る。だからある程度したら散ってしまうような拡散性が高い集魚材もグレ用の特徴だ。

以上のことを踏まえて、対象魚別のマキエを自分流のブレンドで組み立てるとさらにフカセ釣りが楽しめる。市販の集魚材を使う場合は、さほど神経質になることはないので、いろいろと試してみよう。

初場所での手順

堤防

初めて訪れた場所や釣り座では、まずは状況を確かめることを優先しよう。いきなりポイントを作るのではなく、自分が狙えるエリア内を観察してみよう。

①変化がある場所

まず堤防全体を見渡し、沖側をメインに変化がある場所を候補とする。堤防の角や先端、テトラの変わり目など、少しでも潮の流れが変わるような場所を見付ける。

潮の変化がある場所には、プランクトンが溜まったり、酸素が多く含まれている。

特に無いようなら、海底の変化を調べる。藻や沈み瀬があって海の色が濃くなっている場所や、波の形が違っている場所などを目安とする。

②水深と底質の確認

チヌ・グレどちらでも、海底が見えるような浅い場所よりも、見えない水深があるポイントが一般的に釣りやすい。目視で確認する。

③マキエを入れてみる

マキエ

釣り座を決める前に、まずマキエを入れて観察してみよう。もちろん先客が居る場合はできないが、できればスペースが空いている場所の要所は観察してみたいところ。

途中で移動することも考えて、自分なりに候補を見付けておくのもよい。

確認する項目は、まずエサ盗りの有無と量、そして魚種。その中で一番良さそうと思う場所をまず釣り座とする。

エサ盗りがワッと集まって真っ黒になるような場所は、最初から苦戦が強いられるから外す。逆に魚影が全く見えない場所よりも、適度に魚がうろついている方が良い。

ただし、近くに青物や大型魚、イカ類が居る場合は小魚は散っていることもある。

④ポイントを定める

釣り座を決めたら、潮の流れを再確認する。潮の流れに関係なく、自分の正面がポイントになる方が釣りやすい。だから、マキエが正面で効くように、流れに合わせてマキエ投入点を設定する。

これはチヌもグレも同じだ。

距離については、初めての場所だから分からない。まずは楽に仕掛けを投入することができる、竿1〜2本先を狙ってみよう。状況に合わせて、遠くを狙うようにする。

⑤エサの残り具合を確認

毎回エサが無くなってくる場合は、仕掛け投入から何秒で無くなるかをチェックし、それ以上は仕掛けを流さないようにする。

これは効率を優先するためだ。ツケエが付いていないのに流しても意味はない。急にツケエが残りだしたら、海中で変化が起きている証拠だ。集中して狙ってみよう。

⑥後は臨機応変

マキエを撒く

その後の対応は自分の知識に大きく左右される。大切なのは釣れないのに「ずっと同じこと」を行わないという心。大きく現状を変える必要はなく、以下のようなすぐにできることから行ってみる。

◯タナを変える
◯仕掛け投入点を変える
◯ガン玉の位置を変える
◯エサの付け方を変える
◯マキエ投入位置を変える

それでもだめな場合は、潮の流れと仕掛けが合っているかを疑ってみよう。

エサ盗り対策の意味

まず最初に知ってほしいのは、エサ盗り対策とは本命にツケエを届けるための対策であり、エサ盗りを回避するのが目的ではないということ。

ちょっと分かりにくいが、エサ盗りを交わすことができれば本命が確実に釣れるわけではないということだ。

基本の対策法

厄介なエサ盗りランキング

堤防の代表的なエサ盗りは、スズメダイ、カワハギ、フグ、アジ、小ダイ。最初の目的は、仕掛けを投入してからすぐにエサを取られないようにすることだ。

ワッとエサ盗りが集まるような、目視できる状況であるなら、ポイントとは別の場所にマキエを入れ、そこにエサ盗りを集めて狙うというのがセオリー。

エサ盗りの数が多いときに必要となるテクニックだ。足元にエサ盗りを集め、沖を狙うというのが基本。

ただし、アジや小ダイなどはそのエリア全ての層に居る場合が多い。浅く・深く狙ってもエサを取りにくる。こういう場合は、3D的な対策も必要になる。

マキエワークでエサ盗りをある程度集め、仕掛けを入れるポイントでツケエが残る確率を上げ、仕掛けを落とす速度や探るタナでさらにエサ盗りをかわすなど。

ただし、エサ盗りをかわすのは良いが本命が居ないような場所を狙っても意味が無いので注意。

エサ盗り

分かっていると思うが、グレを狙うのにベタ底に仕掛けを通したり、チヌを狙うのに表層に仕掛けを流したりなどはしない。

最後の基本は、エサ盗りがさほど居ないのに、セオリー通り足元マキエを多く入れないということ。帰り際にバッカンを洗っていたら本命が寄ってきたなどという話は多いから注意。

マキエの量

エサ盗りが多く足元マキエをする場合、足元5杯・本命ポイント2杯など、本命ポイントへのマキエ投入を少なくする。

これは、エサ盗りが本命ポイントに多く集まるのを防ぐのが目的であるが、エサ盗りが多く本命ポイントにも寄ってくるようであれば、さらに足元マキエや別の場所へマキエを投入する。

だから現代のフカセ釣りでは夏場のエサ盗りが多い時期の方がマキエは必然と多くなる。

本来、集魚材といわれるように本命魚を集めるのが目的なのだが、いつしかエサ盗り対策品としても使われるようになったのだ。

言い換えれば、エリアに居る魚を集め、その中から本命のみ釣り上げるのだから、簡単ではないということだ。

チャンスは必ずくる

フカセ釣り

釣っても釣ってもエサ盗りばかりという状況は多い。仕掛けを入れた瞬間、ウキが横走りしたり、仕掛けがなじむ前にエサが取られていたりと苦しい時間は続く。

こういうときが長いと集中力が切れてしまいがちになり、チャンスを逃すきっかけになる。だから、必要最低限の情報処理を心掛けよう。

エサが残ってきた

よくあるチャンスのお知らせだ。海中でエサ盗りが動いた証拠。

次の1投は、今行ったマキエの入れ方、仕掛けの投入点、マキエと仕掛けの投入タイミング、ラインの張り方、仕掛けの流し方などを再現することだ。

よく釣る人はこの「再現力」がズバ抜けていることが多い。

波の形状が違う

風の影響ではなく、潮の変化で波の形状が部分的に変わるときがある。それは一瞬だったりするから、次の1投では消えてしまうことも多い。

この場所は釣れる確率が高いから、見付けたら必ず仕掛けを入れてみよう。マキエはそう多く入れなくてもよい。

ケイエス企画 フカセ釣りマニュアル
チヌ釣りマニュアル: ウキフカセ釣り最極テクニック
株式会社ケイエス企画
¥390(2023/09/25 11:01時点)
堤防での王者チヌ(クロダイ)。古くから様々な釣り方で狙われ続けています。中でもウキフカセ釣りの歴史は古く、その技は多岐にわたります。そんな格調高いチヌ釣りを、分かりやすく解説したのが本書です。初級者から中級者まで、確実にチヌを手にするためのノウハウ本です。
グレ釣りマニュアル: ウキフカセ釣り最極テクニック
株式会社ケイエス企画
¥390(2023/09/25 11:01時点)
メインステージが磯となるグレ釣り。大自然の中で思い通りに釣り上げる1尾は至福の極みです。しかし、これも釣れる方程式を知っていなければ叶わない夢となります。本書では、基本を解説しながら応用できるテクニックをご紹介。1尾ではなく次々と仕留めるためのノウハウを惜しげも無く紹介しました。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました