青物に効く! ジャカジャカ巻きとは

ジャカジャカ巻きとは、速い動きでメタルジグをシャクリ上げていき、ボトム〜ミドルレンジをテンポ良く効率的に探っていく。速く動くものに好反応を見せる青物に特に効果的なシャクリとなっており、青物狙いで必須のメソッドとなる。

ワンピッチワンジャークと反対で、ロッドが上がったときにリールのハンドルノブは下、ロッドが下がったときにハンドルノブが上にくる。

ワンピッチ・ワンジャークと異なるのはロッドとリールのハンドルの動きが逆になるということだ。ロッドを上げたときにリールのハンドルノブが下がり、ロッドを下げたときにハンドルノブが上がる。トゥイッチを連続して行うようなアクションとなる。

ロッドを大きく曲げる必要はなく、ティップからベリーあたりを少し曲げる・戻すをかなり速いテンポで繰り返す。ロッドを曲げるというよりもラインにテンションを掛ける・抜くを繰り返すイメージで行えばよいだろう。

ラインに対してロッドが垂直になるようにするのがコツで、スタンスはやや斜め向きに構えるとよい。右利きの人はやや左を向くようにする。

速いテンポでシャクっていくので、ジグのフォール幅は小さく、どんどん上に上がっていくイメージだ。

メタルジグは跳ね上げ・フォールというよりもダートしながら上がっていくような動きとなる。

水深に対してどれくらいまでシャクリ上げるかをイメージしておかないと、ジグが水面を割って飛び出してくることもあるので注意が必要だ。

ボトムタッチ後、余分なラインスラックを巻き取ってからスタート。どれくらい巻き取るかあまり神経質になる必要はない。

ロッドが上がるとハンドルが下がる。

ロッドは上に上げるというよりも自分の方へ引き付けるというイメージでジャークすればよい。

ロッドが下がるとハンドルが上がる。

ラインにテンションが掛かったの感じたら直ぐにテンションを抜く(ロッドを下げる)。

ロッドが上がるとハンドルが下がる。

ラインのテンションを掛ける・抜くを速い動作でテンポ良く行うことが重要。

タイトルとURLをコピーしました