クランクベイトとジャークベイトを融合! 清水盛三プロデュース「エックスオーバー」

バスプロ清水盛三プロデュースの新作ルアーがフィールドに舞い降りた。クランクベイトとジャークベイトをクロスオーバーさせ、多彩なアクションで魅了。

変幻自在のアピールで、バスを誘う。それが「エックスオーバー」である。

「クランクベイトとジャークベイトの機能を超高次元でクロスオーバーさせた超実戦的なルアー。ただ巻くだけでも釣れる。トゥイッチでも釣れる。さらには、巻き×トゥイッチ×ポーズの複合技も自由自在。他のルアーが効かない状況で……これでしか獲れないバスがいる」 (by 清水盛三)

状況に合わせてアクションを使い分けろ!

ただ巻き

バルサ製ルアーのような、柔らかみのある残像&波動のウォブンロールアクション。

横から見た際のエッジの効いた明滅と、後ろから見た際の滑らかな遊泳フォルムの対比に注目だ。

トゥイッチ

軽い力で、体高のある扁平ボディを機敏かつ軽快にひねるヒラウチアクション。

時には、ボディが逆さになるまで180度ひねる動きや、進行方向と逆に切れ込む180度ターンで視覚にアピール。

ポーズ

ストップさせた瞬間に余韻で発生する小刻みな震えを伴うスローライズアクション。

ショートポーズでは、レンジをキープしながら、一瞬の間でアクションをより際立たせる効果を演出。

この機敏かつ滑らかなアクションを活かして、単にクランクベイトとしてただ巻きで使うもよし、あるいはジャークベイトとしてトゥイッチ&ポーズで誘うもよし。

どちらか一方の使い方であれ、それぞれのアクションは他に類を見ないもの。それだけでも、このルアーの存在価値は十分にあると言える。

そのうえさらに、1キャストの中でクランキングとジャーキングを瞬時に切り替える使用法は、エックスオーバーならでは。

例えば、バンクをただ巻きで流しながら中層のバスにアピールし、所々に現れる岩や木、ウィードパッチに対してはその上や横でトゥイッチ&ポーズを仕掛け、そこからさらに逃げるように高速リトリーブ……今まで仕留めきれなかったバスを獲るために、カテゴリーの境界線を飛び越えてさまざまなアプローチを可能にする。

ルアーを結び替えることなくクランクベイトとジャークベイト両方の機能を使えるため、タックルを絞りたいオカッパリアングラーにとっても頼れる存在となる。

カラーバリエーション

125 クラウン

399 ネオンアユ

196 ハーフミラーワカサギ

422 シークレットゴーストチャート

362 コールドシャッド

タイトルとURLをコピーしました