超遠投! 最強のかっとびリップインミノー「飛ブンダーX」に新色登場。

アクアウェーブが誇る、クラス最長級ぶっ飛びミノー。それが飛ブンダーX。ミノーとしての特徴を生かしつつ、空気抵抗を減らしたぶっ飛びルアーは、さらに4色のカラーを携えて帰ってきた。

コンセプトはシンキングペンシル級にぶっ飛ぶミノー

通常のミノーはリップ自体が空気抵抗となり、どうしても飛距離を出すのが難しいとされていた。

しかしリップイン型ボディ設計で空気の乱れを最小限に抑えて安定した飛行姿勢を実現。そして限界ギリギリの後方重心採用と合わせて、クラス最長級の飛距離を達成した。それが「飛ブンダーX」だ。

今にも飛んでいきそうな空気抵抗の少ない超スマートなそのボディ。その見た目と違い、重量は30gとかっ飛ばすにはちょうどいい重量。ショアからは普通狙えないポイントにも「飛ブンダーX」なら届くだろう。

逆光で透かしてみると、絶妙なバランスでウエイトが入っているのがわかる。このウエイトバランスが遠投を支え、着水後のウォブンロールアクションを生み出すのだ。

絶妙なウェイトバランスとリップで生み出す
    シミーフォールとウォブンロールアクション


スイミングアクションは適度なウォブリングとローリングが混在したウォブンロール。なので基本はタダ巻きでOK。

デッドリトリーブから、早巻きまで、アクションが破綻することなく、状況に即したスピード調整が可能となっている。後は棚を調整してあげれば、たまらず本命がアタックしてくる。

また、止めている時でもヒラヒラとシミーフォールでアピールしてくれる。「飛ブンダーX」に隙はないのだ。

ウェイトの表記はお腹にロゴと一緒に表記されている。

さらに貫通式ワイヤー搭載で大物にも安心してやり取りできる。

その上、超長距離キャスト可能となれば大型シーバスや青物狙いにも活躍しそうだ。

お求めの際はこちらのパッケージをチェックしよう。

カラーバリエーション

まずは既存のカラーバリエーションから紹介。

こちらが、去年の9月に発売されたカラー。今年は、さらに4色、計12色のラインナップとなる。

「ゴールデンブルピン」はヒラメ狙いを意識したカラーリング。腹部のグローカラーが底にいるヒラメを狙いすます。

一方「マットピンクO.B./グロー」は全身ピンクの高い存在感。濁った水の中でも活躍してくれるだろう。お腹のオレンジがグローカラー。根魚狙いなら強い味方だ。

「UVマイクロキビナゴ」。今回の特集の写真に使用したのも全てこのカラーのものだ。クリアカラーに銀色ラメが鱗のように光る。UVカラーなので日中、さらに澄んだ水なら大活躍だろう。

さらに「クリアールースター」は、赤ラメのクリアカラー。こちらはナイトゲームで月や常夜灯の明かりがある時などに投げると効果的だろう。

タイトルとURLをコピーしました